近代絵画の父・セザンヌがこだわりぬいた「実在」というテーマ

前回は、セザンヌが絵画表現において模索し続けた「空間認識」を紹介しました。今回は、絵画のあるべき姿を探求したセザンヌの作品の特徴を紹介します。

「実在への認識が希薄な印象派」にいだいた疑問

印象派が、網膜に映る光の反射にこだわるあまり、対象の実在に対する認識が希薄になることに疑問をいだいたセザンヌは、円筒形、球、円錐のような、そこにあるという実在にこだわりました。

 

気難し屋で知られるセザンヌですが、ラテン語やギリシャ語を理解し、ボードレールの詩を愛するなど教養豊かな文化人でした。賞賛してくれる人もなく、仲間もいない中で、ただ一人、生まれ故郷の田舎にこもって絵画のあるべき姿を探求したその姿は、まさしく近代絵画の父と呼ばれるにふさわしいものでしょう。

 

しかし、いくらセザンヌといえども、すべての絵が高く評価されているわけではありません。2016年にロンドンのクリスティーズに出品された肖像画は1866-1867年頃、つまりセザンヌが27〜28歳の修業時代に描いた絵で、100万ポンドちょうどの落札額しかつきませんでした。それでも手数料を含めて120万ポンド(約2億円)という金額は、並の画家ではとうてい考えられないものです。

セザンヌが描く人物画の表情が、硬く冷たい理由

セザンヌはモデルにリンゴのような物体であることを求めたことから、人物画についてはそれほど得意としていません。どちらかといえば静物画や風景画のほうが有名です。

 

残された人物画の多くは自画像か、あるいは後に妻となるオルタンス・フィケのものです。マイペースなセザンヌに辛抱強く付き合ってくれるのは、彼女くらいしかいなかったのでしょう。

 

いくつか残っているセザンヌの人物画を見ると、モデルの表情が硬く冷たいものが多いことに気づきます。セザンヌにとって、絵の中の人間はあくまでも絵を構成する物体の一つにすぎなかったのかもしれません。それだけ純粋に描くことを追求したセザンヌだからこそ、死後、多くの芸術家の尊敬を集められたのです。

本連載は、2017年4月28日刊行の書籍『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画 』から抜粋したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載モネ、ゴッホ、ルノワール・・・「値段」から読み解くフランス近代絵画

株式会社ブリュッケ 代表取締役

1961年愛媛県生まれ。多摩美術大学に進学後、美術大学で彫刻を専攻する過程で、人々の生活に溶け込む平面表現の魅力に目覚め、絵画の世界へ転向。卒業後、都内の画廊での修行を経て、1990年に独立。東京・銀座に、故郷の秀峰の名を冠した「翠波画廊」をオープンさせる。以降26年の長きにわたり、ピカソ、マティス、藤田嗣治、ユトリロ、ローランサン等、絵画愛好家なら誰もが知っている巨匠の作品を数多く扱う。特に20世紀初頭に活躍したフランス近代の画家に造詣が深い。
翠波画廊https://www.suiha.co.jp/

著者紹介

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

髙橋 芳郎

幻冬舎メディアコンサルティング

ゴッホ、ピカソ、セザンヌ、ルノワール、ゴーギャン、モディリアーニ…“あの巨匠”の作品に、数十万円で買えるものがある!? 値付けの秘密を知り尽くしたベテラン画商が、フランス近代絵画の“新しい見方”を指南。作品の「値…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧