トレード失敗の原因が「メンタルの弱さ」なら克服可能

トレードが失敗した場合には、しっかり反省し、その理由を冷静に探ることが必要です。原因が「メンタルの弱さ」であれば、個人の努力で克服することができます。

負けた直後は必ず反省し、原因を探って次回に生かす

あえなく損切りする事態となったら、負けた原因を冷静に探り、二度と同じ間違いをしないように反省、復習をしたいものです。「今回のトレード、一体何がダメだったのか?」と考えることは、とても重要です。反省し、学習すれば、取引回数を重ねる度にレベルアップできます。

 

結果として失敗トレードになってしまう原因は、主に2点あると思います。

 

[PR] 本稿執筆者によるセミナーを東京(幻冬舎)で開催!
熊谷亮の「明日ドカンと上がる銘柄の見つけ方」<2018年展望編>

 

1つ目は、チャート分析のセオリーを超えるような嵐が相場を席巻したとき。リーマン・ショックのような大事件が起こると、底打ちのサインがいくら出ようと、底を割って下落する可能性は大いにあります。そこまでひどい状況でなくとも、値上がりや値下がりを誘発した材料次第で、想定以上に株価が上がったり下がったりすることは珍しくありません。その場合、大急ぎで損切りする事態になったとしても、仕方がないでしょう。


2つ目は、メンタルで負けてしまったときです。メンタル――つまり、気持ちで負けてしまうと、チャート分析の結果を読み切れず、もしくは読んでも信じ切れず、適切とはいえないところで売ったり買ったりしがちです。その結果、損をしたり、利益を伸ばせなかったりと、失敗トレードを招きよせてしまうのです。


この2つのうち、後者は個人の努力で克服できる問題です。というより、克服しないと、いつまで経っても稼げる投資家にはなれません。チャート分析をマスターして、ドカンと上がる株を見つけられるようになっても、肝心なときに踏ん張れなかったり、逃げ遅れたりしているようだと、利益を伸ばしていくことは難しいといえます。

 

特に、損失を被って、対処を迫られるときは、誰しも冷静ではいられなくなります。そこで、どのように自分を立て直すか―すなわちメンタルの部分が、投資の成否を分けます。テクニックがあっても、メンタルが弱ければ絶対に勝てません。心技、この2つの要素は同じくらい重要です。前述しましたが、焦りや恐怖、驕りは、度が過ぎると身を滅ぼしてしまうのです。

 

メンタルのコントロールは、私にとっても長い間の課題でした。今はある程度克服しているものの、以前は負けにがっくりしたり、怖気づいたおかげで大敗したりすることもありました。いまでも気持ちで負けるときはあり、我ながら「まだまだ……」と思います。不可抗力ではなく、自分自身の弱さに負けた場合、悔しさは倍増しますし、自分を責める気持ちもとどめようがありません。

初中級者が平常心を失うのは仕方のないことだが・・・

実は、最近もこんな失敗をしました。私は音響機器メーカーである「ティアック」という銘柄に注目しました。65円くらいから短期間で124円まで上がった後、反転↓5日続落で、100円前後まで下がっていたのです。いわゆる仕手株なので、ここまで下がったら経験上強く反発すると見込んだのですが、101円で買い推奨したところ、いったん102円に上がった後にまた下がり、一瞬のうちに100円を割ってしまいました。

 

そのときは、もう一段の売りがあるかもしれないと思い「損切り」しましたが、実際は103円くらいまで値を戻し、大引けを迎えました。その日は日経平均株価も500円くらい下がっていたのですが、このような日は、上昇している銘柄が少ないため、直近まで盛り上がっていた銘柄に資金が流れてくることがよくあります。そのためティアック株も上がるだろうと踏んだわけですが、なかなか想定どおりにはいきませんでした。

 

[PR] 本稿執筆者によるセミナーを東京(幻冬舎)で開催!
熊谷亮の「明日ドカンと上がる銘柄の見つけ方」<2018年展望編>

 

もし、読みが当たっていれば、102円から120円くらいまで噴き上げることも、十分に起こり得たはずです(もっとも、相場の世界で「もし~だったら」などと後から悔やむことほど、ムダなことはありませんが)。102円から89円まで一気に下がった時点で、私はかなり恐怖を覚えていました。相場に慣れている私でも、いまだにチャートを見ながら震えることがあります。特に、仕手株は動きがあって儲けやすい反面、値動きが読みにくいものです。そのため、恐怖心も強くなりますし、後から考えると判断ミスをしでかすときもあります。


チャートや株式相場と20年以上付き合っている私でも、いまだにこんなことがあるのですから、初中級者が強い恐怖や焦りを感じ、平常心を失うような場面が度々あったとしても、それは仕方のないことです。気長に、弱い自分や臆病な自分を飼い慣らしていきましょう。

本連載は、2014年7月25日刊行の書籍『明日ドカンと上がる株の見つけ方』から抜粋したものです。

本連載は、一般的な株式分析の手法などを紹介することを目的に発行しています。投資を促したり、筆者が運営する投資顧問サービス「マエストロの株式ボナセーラ」に勧誘することを目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、「マエストロの株式ボナセーラ」の業務、手数料、およびリスクなどに関しましては、ホームページに掲載の契約締結前交付書面を十分にお読みください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載「株式投資の達人」が教える利益確定と損切りのルール

株式会社クマガイサポート 代表取締役

1992年に株式投資を始め、短期売買で儲けるテクニカル分析をマスター。「あせらない」「欲をかかない」「確実に」をモットーに大きな成果を収める。現在は「マエストロの株式ボナセーラ」の運営者として、大型銘柄から中小型銘柄に至るまで短期上昇が期待される値動きのよい銘柄を会員向けに提案。目標株価とロスカット株価を明記した提案に加え、日々フォローを行う姿勢は親切で丁寧。テクニカル分析を重視し圧倒的に高い的中率から人気を博す。Yahoo!ファイナンス投資の達人では多くの個人投資家から高い支持を持つ。

著者紹介

明日ドカンと上がる株の見つけ方

明日ドカンと上がる株の見つけ方

熊谷 亮

幻冬舎メディアコンサルティング

「株はギャンブル」「難しい」「思うように儲からない」 株に対してこんな嫌な思いをしてきた方も多いのではないでしょうか。 実際、株は簡単なものではありません。しかし、やり方さえ間違えなければ、株で勝つのはそう難し…

永久保存版 あなたの人生を劇的に変える株の本 株ドカン

永久保存版 あなたの人生を劇的に変える株の本 株ドカン

熊谷 亮

幻冬舎メディアコンサルティング

日本株式市場が活況を呈している今、巷にはたくさんの株式投資関連の書籍が溢れています。その多くは世界情勢や国内情勢、政府の政策や為替の動向などを分析し、日本株が上昇する理由を記したものや、チャートの見方を説明した…

資産運用セミナーのご案内 有料 3,000円 主催:カメハメハ倶楽部

熊谷亮の「明日ドカンと上がる銘柄の見つけ方」<2018年展望編>

~『えっ?』と驚くほどシンプルなチャート分析だけで驚異の的中率を実現する「本物のプロ」のトレード手法とは?

講師 熊谷亮 氏
日時 2018年01月13日(土)
内容

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧