「印象派」を代表する画家、モネの「作品価値」を探る

本連載は、フランス近代絵画を中心に扱う画廊・翠波画廊の髙橋芳郎代表が、「値段」という観点からフランス近代絵画と作家の背景に迫ります。

印象派を代表する画家、モネ

日本で最も人気のある印象派(インプレッショニスト)。その印象派を代表する画家がモネです。印象派とは何かといえば、厳密なデッサンや絵画の構成よりも目で見た「印象」を重視して、主に日中の戸外で光の織り成す色模様を描いた画家たちのことです。

 

モネが51歳の時に描いた『積み藁』ですが、実は、描かれた当時にこの絵を見て「わからない」と感じた人がいます。それは、抽象絵画の始祖といわれるカンディンスキーです。

 

しかし、カンディンスキーは、何が描かれているかわからなくても、そこに広がる色彩に激しく感動しました。このことが、後に彼が抽象絵画を生み出すきっかけの一つになったと言われています。

 

カンディンスキーの抽象絵画と異なり、モネの絵には描く対象物が存在しています。それは「積み藁」と呼ばれる干し草の山です。そう言われてよく見ると、円錐形に積まれた干し草の山が逆光の中に浮かび上がってきます。朝日や夕日の照り返しのような一瞬の光景――モネはそれを切り取って、キャンバスに写し取ったのです。

2016年、7250万ドルで落札された『積み藁』

ちなみに、モネは同じ対象を何度も描く傾向がありました。この『積み藁』も25点の連作になっていて、他に晴天の日の積み藁や雪の日の積み藁、夏の終わりの積み藁、靄の中の積み藁などがあります。

 

その中でも『積み藁』は、2016年にニューヨークで行われたクリスティーズのオークションで、7250万ドルで落札されました。手数料などを含めると、およそ8145万ドル(約89億円)にもなります。これは小規模企業を買える金額です。

本連載は、2017年4月28日刊行の書籍『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画 』から抜粋したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載モネ、ゴッホ、ルノワール・・・「値段」から読み解くフランス近代絵画

株式会社ブリュッケ 代表取締役

1961年愛媛県生まれ。多摩美術大学に進学後、美術大学で彫刻を専攻する過程で、人々の生活に溶け込む平面表現の魅力に目覚め、絵画の世界へ転向。卒業後、都内の画廊での修行を経て、1990年に独立。東京・銀座に、故郷の秀峰の名を冠した「翠波画廊」をオープンさせる。以降26年の長きにわたり、ピカソ、マティス、藤田嗣治、ユトリロ、ローランサン等、絵画愛好家なら誰もが知っている巨匠の作品を数多く扱う。特に20世紀初頭に活躍したフランス近代の画家に造詣が深い。
翠波画廊https://www.suiha.co.jp/

著者紹介

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

髙橋 芳郎

幻冬舎メディアコンサルティング

ゴッホ、ピカソ、セザンヌ、ルノワール、ゴーギャン、モディリアーニ…“あの巨匠”の作品に、数十万円で買えるものがある!? 値付けの秘密を知り尽くしたベテラン画商が、フランス近代絵画の“新しい見方”を指南。作品の「値…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧