都内在住の投資家が「地方一棟物件」に投資をするメリット

前回は、区分所有マンションより「地方一棟物件」が投資に有利な理由を解説しました。今回は、都内在住の投資家が「地方一棟物件」に投資をするメリットについて見ていきます。

一棟物件への投資=キャッシュフロー狙いの戦略

赤字の新築区分マンションをそのまま売却して清算してしまえば、数百万円から一千万円以上の借金が残ってしまいます。そのような新築区分マンションに手を出して失敗した投資家のリカバリー策として最適なのが、地方一棟物件への投資です。

 

売却損を出すことなくプラスの状況に転じる可能性を生むスキームが、地方一棟物件への投資なのです。

 

一棟物件を狙う戦略は、言い換えるとキャッシュフロー狙いの投資戦略と言えます。

 

したがって、都心の一棟もの物件はここではおすすめしていません。というのも、現在の市況では都心の物件価格は非常に割高で、利回りが低すぎてキャッシュフローが出ないからです。

 

地価が高いので資産価値こそありますが、投資の数字が追いついてこない物件ばかりなのです。

 

実際のところ、良い場所に物件を持つことができれば、個人の所有欲は満たされるかもしれません。

 

しかし、よく考えてみてください。そもそも投資とは、見栄や欲のために行うものでしょうか。自分の老後、家族の将来のために行うものだったはずです。

 

どうしても都心の物件が欲しいのであれば、まずは規模の拡大を優先して、安定したキャッシュフローを得たうえで挑戦しましょう。それが投資の順序として正解です。

 

実際、不動産投資ではそうやってステップアップしていく成功者はたくさんいるのです。

ターゲットは「1億円以上」の一棟物件

繰り返しになりますが、投資の初期段階では資産性よりもキャッシュフローにこだわるべきです。やはり地方、郊外といったエリアに目を向けて高利回りの物件を取得することがポイントになります。

 

基本的に物件が小さくても大きくても、不動産取引の手間は一緒です。

 

例えば一棟4室の物件と一棟10室の物件では、取引や管理の手間が10室のほうが2倍以上かかるわけではありません。ですから特に本業が忙しいサラリーマンの人は、手間に負けない投資スタンスで臨むのが効率的でしょう。

 

そこをカバーするのが、一棟物件の持つスケールメリットなのです。

 

一棟もの戦略で狙うべき物件の価格は、それこそエリアにもよりますが、たとえ地方でも1億円からがターゲットとなります。

 

1億円という金額は確かに大きいですが、不動産投資の世界では「手頃」とされるロットでもあります。この価格帯の物件というのは、地元の投資家と銀行が組んでもなかなか手を出せません。

 

しかし、都内のサラリーマン投資家なら十分に狙えるのです。

 

一方で数千万円程度の物件、4室や6室のような小ぶりのアパートでは集合住宅の規模のメリットが働きません。やはり一戸あたりの管理コストを下げつつ、適切な管理を行っていくにはある程度の規模が必要となります。

 

この場合、10室〜20室くらいはあることが望ましいです。また、小ぶりな物件は仲介会社や管理会社から軽んじられ、なかなか動いてもらえない場合もあります。

 

しかし、投資家のなかには、提案を聞いて「え、地方の一棟マンション?」と驚く人もいます。さらに詳しく話を聞くと、地方アレルギーというよりは投資額への抵抗感がある人のほうが多いと感じます。

本連載は、2017年8月刊行の書籍『区分物件オーナーのための 神速!億万長者計画』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載神速!億万長者計画――区分物件オーナーのための赤字脱却術

株式会社T&Tハッピネス 代表取締役社長

1976年生まれ、神奈川県出身。BBT大学院にてMBA(Master of Business Administration)取得。デザイン業界、飲食業界を経験した後、不動産業界のデベロッパーに入社し、分譲マンションの販売・用地仕入れを行う。デベロッパーを2社経験した後、一棟収益不動産を専門に扱う会社に入り仕入れ・販売業務に携わる。2012年、株式会社T&Tハッピネス創業、代表取締役社長に就任。2016年3月には一棟収益不動産の仕入れに特化した別法人も立ち上げた。

著者紹介

T・Wealth Management 株式会社 代表取締役CEO

1979年生まれ、千葉県出身。金融業界を7年間経験した後、美容関連ビジネスで独立。
しかし、マーケットの価格破壊の煽りを受け、美容関連店舗を全て売却。
その後中堅デベロッパーに入社し、2年間用地の仕入れを行ったうえ、1棟収益不動産に特化したビジネスに転向し、仕入れ・販売共に相当な実績を積む。
2016年、T・Wealth Management 株式会社を創業、代表取締役CEOに就任。また同年、1棟収益不動産の仕入れに特化した別法人も設立し、1棟収益不動産のマーケットで更なるシェア拡大を狙う。

著者紹介

区分物件オーナーのための 神速!億万長者計画

区分物件オーナーのための 神速!億万長者計画

田中 竜太,太田 将司

幻冬舎メディアコンサルティング

不労所得を得るための方法として注目されている不動産投資。 中でも「少額から始められてリスクが低い」という理由から、投資用区分マンションを選択する人が増えています。しかし実際には、始めてみたはいいものの「毎月の収…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧