不動産 海外不動産 国際資産分散
連載ハワイ不動産投資の新スタンダード「ホテルレジデンス」の魅力【第12回】

Waikiki Beach Towerの例に見る新築と中古の「価格差」

ハワイ不動産オーシャンビュー完全所有権借地権

Waikiki Beach Towerの例に見る新築と中古の「価格差」

前回は、主要国と日本の不動産を比較し、新築物件と中古物件の価格や流通量の違いを解説しました。今回は、1983年竣工のホテルコンド「Waikiki Beach Tower」と、これまでに紹介した「Trump International Tower Waikiki Beach Walk」(2009年竣工)を比較しながら、ハワイにおける中古と新築の価格差などを見ていきます。

築年数32年の「Waikiki Beach Tower」とは?

前回の連載では、中古物件の取引数を見ながら、日米における不動産の違いをご紹介しましたが、その中で、日本では新築物件の人気が圧倒的に高くて流通量も多く、中古物件は価格の下落が激しいことが明らかになりました。

 

[PR]2017年1月14日(土)開催@幻冬舎
無料セミナー『ハワイ不動産投資「ホテルレジデンス」の魅力』

 

しかしながら、米国やフランス、英国では、新築物件に比べ、中古物件の流通数はかなりの数に上ります。

 

では、1983年にハワイ・ワイキキに竣工したWaikiki Beach Towerと、これまでにご紹介したTrump International Tower Waikiki Beach Walkの価格差は、どのように変動しているのでしょうか。

 

ワイキキビーチからカラカウア通りを挟んだところに建つこのホテルコンドは、全室オーシャンビューを確保しており、すべてが2ベッドルームの間取りです。広さは95㎡から107㎡あり、ゆったりとした部屋になっています。眼前にビーチ越しの水平線を見ることのできる素晴らしいビューも持ち合わせていることから、ホテルとしての人気も高い物件です。

 

ホテルの1室として部屋をレンタルする場合は、アストン・ホテルズ&リゾートによって運営されます。

 

築年数は2015年時点で32年、39階建てで、総戸数は142戸です。1つ面白い点は、このビルの中に、「Leasehold(リースホールド、借地権)」として販売されている部屋と、「Fee Simple(完全所有権)」として販売されている部屋の、2種類が混ざり合っているという点です。

 

Trump International Tower Waikiki Beach Walkや、Ritz-Carlton Residences Waikiki Beachは全室がFee Simpleでの販売となっておりますので、今回は同じくFee Simpleの権利形態にて販売されている住戸に注目して比較していきます。

 

(写真:Aston Waikiki Beach Tower公式ウェブサイトより引用)
リビングルームとベッドルームの一例。全室がオーシャンビューであり、眺望のよさは有名。水平線を楽しめる部屋もある。(写真:Aston Waikiki Beach Tower公式ウェブサイトより引用)

築浅物件と比べても大差ないスクエアフィート単価

MLS(Multiple Listing Service、不動産業者によって情報共有されている売買データサイト)のデータによると、Trump International Hotel Waikiki Beach Walk(以下Trump)の過去3年(2012年11月15日から2015年11月15日)に売買された物件の平均スクエアフィート単価は、1,564.04ドルでした。Trumpは2009年の11月に完成し、今月でちょうど6周年を迎えた建物です。


これに対して、1983年に完成した築32年のWaikiki Beach Towerを同じ条件で見てみると、平均スクエアフィート単価は、1423.71ドルでした。


築年数に25年以上差があるこの2つの建物ですが、販売される価格には1スクエアフィートにして約140ドル程度しか変わりません。

 

前回お話したように、日本では不動産の価値は築年数が経つにつれて一般的に下がりやすいと言われますが、米国、特にハワイの不動産においては、立地条件が良い場合、価値の下落が極めて少ない事が、TrumpとWaikiki Beach Towerを比較することで確認できます。

「借地権」不動産の多さはハワイの歴史的背景に起因

最後に、先に少しお話したLeaseholdについて簡単に見てみましょう。

 

ハワイでは、歴史的背景から、王朝がそのほとんどの土地を所有していました。その名残が現代においても続いており、王朝の流れを汲むビショップ財団が引き続き土地を所有し、以前は全体の85%程度もの土地を管理していました。

 

この様な状況の下、個人のオーナーが取得できる土地に限りがある中で、土地を長期間リースするという形態が広がりました。これが「Leasehold」です。

 

[PR]2017年1月14日(土)開催@幻冬舎
無料セミナー『ハワイ不動産投資「ホテルレジデンス」の魅力』

 

土地の権利売買が法律によって勧められた期間もあったことから、現在はビショップ財団が保有する土地は以前に比べると少なくなり、「Fee Simple(完全所有権)」の不動産も増えましたが、それでも他の州と比べるとハワイでは「Leasehold(借地権)」の不動産が多くなっているのは、上記の背景からきているといえます。

井上 雄策

株式会社Seven Signatures International アシスタントマネージャー

株式会社Seven Signatures International(セブン・シグネチャーズ・インターナショナル)は、Trump International Waikiki Beach Walk、The Ritz Carlton Residence Waikiki 等の日本正規販売代理店であり、ハワイのホテルレジデンス・高級コンドミニアムの販売に特化。東京・ハワイにそれぞれオフィスを構え、Trump25階には購入顧客専用のラウンジを設けている。顧客専用ラウンジでは、常駐のコンシェルジュがレストランやSPA、レンタカー等の予約手配を行い、よりハワイでの滞在が充実するよう各種サポートを行っている。
WEB サイト http://www.sevensignatures.com/

著者紹介

連載ハワイ不動産投資の新スタンダード「ホテルレジデンス」の魅力

海外不動産セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

ハワイ不動産投資の新スタンダード「ホテルレジデンス」の魅力

~自己使用に加え賃料収入を極大化する「ハイブリッド型」所有形態のメリットと、 ワイキキ周辺の最新開発プロジェクトの動向

講師 田村仁氏
日時 2017年01月14日(土)
内容

・ハワイ不動産の種類とそれぞれの特徴とは?

・「ホテルレジデンス」という所有形態が注目される理由

・最新のハワイ不動産市況

・ハワイ不動産の価値がなかなか下がらない理由

・タックスメリットから見るハワイ不動産の魅力とは?

・ワードビレッジ等を含むハワイの最新物件情報も公開

【コラム】ハワイ不動産投資の新標準「ホテルレジデンス」とは?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest