税金、仲介手数料・・・不動産の売却に掛かる費用とは?

マイホームを高値で売却したくても、中古住宅の高値売却は困難を極めます。本連載では、マイホームを相場の3割増しで売却する方法を紹介します。

不動産売却によって得た利益は、確定申告で納税

物件を売却するにあたってもっとも気になるのは、やはり、売却しようとする不動産そのものの価格でしょう。ただし、不動産の売却にはいくつかの費用がかかります。その点を考慮しておかなければ、正しい売却額を試算することはできません。

 

とくに注目しておきたいのは、「税金」と「不動産会社への仲介手数料」です。この二つの費用は、不動産売却において大きなウエイトを占めます。だからこそ、あらかじめどのくらいかかるのかを知っておかなければならないのです。

 

このうち譲渡所得税に関しては、確定申告を経て納税することになります。もし、不動産売却によって利益を得ているのにも関わらず納税しなければ、所得税法違反として処罰されたり、延滞税や加算税が課せられたりする可能性があります。注意してください。

 

また、不動産会社への仲介手数料に関しては、税金と同様に宅地建物取引業法(国土交通大臣告示)で上限が定められています。その上限を超えて請求することはできませんので、あらかじめ計算方法を理解しておけば、余計にとられることはありません。

 

それでは、不動産を売却した際にかかる税金について、具体的にみていきましょう。詳細については国税庁のホームページに記載されていますので、そちらもあわせてチェックしてみてください。

 

https://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/jouto303.htm(国税庁)

1千万~5千万円の物件契約には2万円の印紙税が必要

不動産売却時の税金には、主に次の三つがあります。

 

●売買契約に添付する印紙税

●抵当権抹消登記の免許税(抵当権が設定されている場合)

●不動産譲渡所得税(売却により利益がでた場合)

 

このうち印紙税については、契約金額に応じてその税額が決まっています。その都度、国の軽減措置によって金額が異なりますので、最新の情報を国税庁のホームページから確認するようにしてください。

 

https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/inshi/08/10.htm(国税庁)

 

目安として、1000万円を超え5000万円以下の場合は2万円(現在の軽減税率適用の場合1万円)とされています(2016年時点)。通常、契約書は2通作成することになりますので、売主と買主の双方が負担します。

 

また、印紙代を節約したいなら、売主、買主が合意することにより、原本に印紙を貼り、その原本をコピーして2通目を作成します。この場合は原本に印紙を貼ればいいだけなので、双方が費用を折半にすれば印紙代が半分になります。一方が原本、もう一方がコピーを保管します。

 

この方法にすれば、5000万円を超え、1億円以下の場合は3万円ですので、1万5千円得することになります。

 

この件については、売買契約前に不動産業者に、「私の契約書はコピーで構わないので、印紙代を折半にできませんか?」と聞いてみてください。

 

ただし、相手方が不動産業者の場合、不動産業者がコピーを持ち、もう一方が原本で印紙代を全額負担するケースもよくあります。取引をうまくまとめるためには印紙代だけに固執することなく、臨機応変に対応したほうがいいでしょう。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載相場の3割増を実現する――マイホームの高値売却術

株式会社Hope Home 代表取締役
IGJ池田洋三行政書士事務所 所長 

1969年生まれ。宮崎県出身。宅地建物取引士など不動産関連資格に加えて、行政書士、ファイナンシャルプランナー(FP)、建築士の資格をもつ異色の不動産コンサルタント。その幅広い知識を活かして、住宅購入や売却などの不動産業のみならず、顧客一人ひとりの人生設計に合わせたファイナンシャル・プランを提案、高い評価を得ている。
取得資格は特定行政書士、相続診断士、公認不動産コンサルティングマスター、宅地建物取引士、CFP認定ファイナンシャルプランナー、一級ファイナンシャル・プランニング技能士、住宅ローンアドバイザー、二級建築士、フラット35適合証明技術者、耐震診断・耐震改修技術者、既存住宅現況検査技術者、応急危険度判定士、等々。

著者紹介

相場の3割増を実現! “お荷物"マイホーム高値売却術

相場の3割増を実現! “お荷物"マイホーム高値売却術

池田 洋三

幻冬舎メディアコンサルティング

長年住んだマイホームを売る――それには大きな決断を要する。取引は高額になるうえ、多くの人にとってチャンスは人生に一度きり。だからこそ、絶対に損をしたくないと誰もが思うものだ。ところが、そんな売主の願いもむなしく…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧