営業のトーク力を向上させる「コンテンツ」の重要性

前回は、蓄積したコンテンツを「営業ビッグデータ」として活用する利点を説明しました。今回は、営業のトーク力を向上させる「コンテンツ」の重要性を紹介します。

AIが教えてくれる、効果的なコンテンツの組み合わせ

蓄積したログのビッグデータをAI(人工知能)システムに解析させると、Aというコンテンツを使ったら次はBに行くといいと教えてくれます。

 

例えばこのコンテンツの次にはデータ上で37.1%このコンテンツが使われていますといった具合です。アマゾンなどのネット販売サイトでは、こうした統計解析を駆使しておすすめの商品を紹介しています。

 

さらにAIに、今から提案しようとする内容に合わせてトークの順番と資料を一式揃えてもらうことも可能となります。すべてAIが言った通りにするわけではなく、いくつかの候補を見た中から最適と思うものを選択すれば、事前の訪問準備がとても楽になります。

 

コンテンツをどう使ったかというログがビッグデータ化されると、AIを使ってトークの内容のストーリー化ができます。次に何が来るべきか、どの組み合わせで使うかをAIが学習していきます。

 

訪問先の相手の性格やタイプによって、どういうストーリーがいいかまでも予測してくれれば、相手の心に響く話ができる確率が大幅に上がるのではないでしょうか。訪問するための準備に多くの時間をかけなくてもよくなります。

 

しかし経験が豊富な方は、実際の営業ではそれだけでは成り立たず、現場力ともいわれるトークにかかっていることをよくご存じだと思います。

トーク力の強化には、ロールプレイや動画を活用

ITの活用で営業担当を支援し、訪問計画や相手に響く対話のストーリーづくりができることを説明しました。これで準備が苦手だった担当者の成績がぐっと伸びるかもしれません。

 

ほかに営業担当の悩みでよく聞くのが、「トークができない」「思ったようにうまく話が展開できない」ということです。

 

トーク力の強化に使えるのは、ロールプレイやそれを録画した動画コンテンツです。ただし、動画を見て真似をすればいいというほど簡単なことではありません。MRの教育で動画を活用した例として、日本ロシュで私の先輩社員が立ち上げたRTV(ロシュTV)がありました。

 

MRの教育用に動画コンテンツが使えないかと考えて、1997年に導入されたこの社内放送の教育システムは、優秀なMRのトークを衛星放送でライブで全社に流すという画期的なものでした。ほかの営業担当のトークが見られるので好評でした。

 

もちろん、見るだけではそれを習得できることはありませんので、視聴後に営業所単位でロールプレイを行うなどで教育効果を高める工夫もされていました。

 

優秀なMRは、よくできた言い回しを瞬時にやってのけるだけのトーク力があります。しかし、すべての現場に共通して使える言い回しがあるわけではありません。

 

あるタイプの営業担当がある顧客に向けて話すのだからこのトークでいいけれど、ほかの人だと合わないし使えないということになります。その人のキャラクターに合った話し方がありますから、一生懸命言葉だけを真似しても意味がありません。

 

見て学ぶことも営業には大切ですが、人が持っているトークスキルはなかなかそれだけでは身につきません。営業現場はインタラクティブな対話の場ですからそのたびに局面が変化します。一般的なオープントークでの話題の広さから、自社関連領域の知識の広さまで、無限の広がりを持っているといっても過言ではありません。

 

その中で自社製品に限ったとしても、殺し文句を持っている営業担当のトークだけを下手に真似すると、かえっておかしなことになります。

 

第1章で、知り合いのドクターにプレゼンテーションをする練習の相手になってもらうMRの例を紹介しました(本書籍をご覧ください)。一人目は仲のよいドクターにお願いして、新製品の紹介を兼ねて、どう説明したら効能が伝わりやすいかを相談しました。ほかにも顔なじみの先生にいわば練習台になってもらって、ある程度準備ができたと思ったら攻略したいと思う相手のもとを訪問していました。

 

ですが、多くの人は先輩や同僚とのプレゼンの練習やロールプレイによる練習後に現場に行っていると思います。その際に練習と違うパターンを3回以上経験すると、「あの練習パターンはダメなんだよ」と思うようになってしまうのではないでしょうか。

 

ですが、この場合、本来の使い方から逸れていることがよくあり、逸れないで正しく学ぶことが必要です。

本連載は、2016年12月13日刊行の書籍『最強営業部隊をつくるタブレットPC活用戦略』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「経営戦略」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載営業課題をすべて解決する「タブレットPC」活用戦略

株式会社インタラクティブソリューションズ 代表取締役

明治薬科大学卒業、薬剤師免許取得。1990年、日本ロシュ(現中外製薬)に入社。2000年、ノバルティスファーマ入社。製薬業界で初めて製品情報提供サイト、2000人を超える営業社員向け社内イントラネットを使ったマーケティング情報系のガバナンスも統括。2010年、インタラクティブソリューションズを設立。企業向けタブレットソリューション提供、高度暗号化ソリューション、デジタルコンテンツ作成などを行う。
2010年、厚生労働大臣賞、2014年MCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)優秀プロダクトを受賞。

著者紹介

最強営業部隊をつくるタブレットPC活用戦略

最強営業部隊をつくるタブレットPC活用戦略

関根 潔

幻冬舎メディアコンサルティング

成績が伸びない部下に悩むマネージャー必読! 商談のスピードアップ、資料作成の効率化、トークスキルの向上――営業課題をすべて解決する「究極のITツール活用戦略」とは? 優秀な成績を残す営業マンは全体の2割で、残りの8…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧