大統領選後、NZの「不動産価格」が大きく上昇している理由

先日行われていた大統領選によって、ニュージーランド不動産市場の勢いは失速してしまいました。しかし大統領選後、ニュージーランド全土の不動産価格がまた大きく上昇し始めています。今回は、なぜ大きく上昇したのか、その理由を探ります。

大統領選の間、不動産の数が増えなかったことが原因か

購買者と売主両方からの強い需要があったことで、ニュージーランド不動産の数は急増し、全国の平均提示価格も2.7%上昇しました。

 

先日発表された、最新のTrade Me不動産インデックスによると、10月での全国の平均提示価格は62万3,700NZドルとのことです。Trade Me PropertyのトップであるNigel Jeffriesは、これまで5ヶ月間の動きが少なかったこと、在庫が少なかったことが理由だと述べています。

 

「まだ初期ではありますが、ニュージーランド不動産市場にやっと春が来たようです。普段であれば、この時期の不動産市場は最高とも言える状態で活発に動いてますが、大統領選の影響を受けて、売買を延期する人が急増したのです。しかし選挙も終わり、今になってやっと活発になってきたと言えるでしょう」

各地の「平均提示価格」は過去最高の数字に迫る

5ヶ月間の低迷の後に、オークランドでの平均提示価格は、去年の今頃より2.2%も高まり、91万6,900NZドルとなりました。この数字は、これまでの最高記録である92万5.300NZドルという値段に迫るものです。そして、Trade Me Propertyの不動産リストの平均在庫数も10%上昇しました。

 

Jeffries氏によると、2010年以来、オークランドの平均提示価格が48万7,250NZドルだった際、オークランドの住宅販売の数は58%も減少しましたが、人口が急増したことで88%にまで上昇しました。

 

先月、ウェリントンでの平均提示価格は、去年から11.7%も上昇し54万8,500NZドルとなりました。これは史上最高値となる数字です。

 

Jeffries氏は以下のように語っています。

 

「今は住宅を売る最良のタイミングですが、初めて家を買う人にとっては厳しい時期と言えるでしょう。この地域では購買者からの需要は高いので、売り手の観点から見ると、競争する必要があまり無いためです」

 

首都では、5ベットルーム、又はそれ以上備えた大きな家のの平均提示価格は、去年から18.7%も上昇し、史上最高値である97万3,550NZドルとなりました。オークランドでは、販売者の平均提示価格は139万2,500NZドルです。

 

ニュージーランドでは、ほぼ全ての地方で平均提示価格が上昇しました。特にホークス・ベイでは48万7,300NZドル、マナワトゥでは30万9,700NZドル、ワイカトでは53万4,900NZドルとなり、全て過去最高の提示価格になりつつあります。

 

南島のマールバラでは、5万1,500NZドルと最高の年次増加となり、過去最高の提示価格の46万4,650NZドルとなりました。

 

不動産価格指数の平均増加率(2016年10月〜2017年10月)

●ノースランド:+6.2%

●オークランド:+2.2%

●ベイ・オブ・プレンティ:+6.9%

●ワイカト:+10.2%

●ギズボーン:+7.8%

●タラナキ:+8.7%

●マナワツ・ワンガヌイ:+13.1%

●ウェリントン:+11.7%

●ネルソン・タスマン:+7%

●マールバラ:+12.5%

●カンタベリー:+0.7%

●オタゴ:+7.4%

●サウスランド:+11.1%

●ウェスト・コースト:−0.1%

 

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国際資産分散」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載償却メリットでも注目!「ニュージーランド不動産」の最新事情

Goo Property JP(TERRY’s WAY株式会社) 代表取締役社長

1992年、奈良県天理大学中退。1993年、個人輸入代理店を起業。ITシステム開発会社のジョイントベンチャー設立などを経て、2003年、グルメデリバリーシステム株式会社(現:Terry’s Way株式会社)を創業。自ら開発した富良野メロンパンの移動販売を手掛け、2004年よりフランチャイズ募集を開始(2007年、100加盟店を達成)。現在は、Terry’s Way株式会社 FOOD事業部として展開中。

2009年、富裕層向け国際会計サービス HENRY INVESTMENT SERVICES pte.ltdを元PWC国際会計士と共同設立(本社:シンガポール)。海外金融サービスや投資スキームのコンサルティングサービス、富裕層開発のマーケッターとして、顧問社数は現在200社を超える。2014年より、海外投資サービスの一環として海外不動産投資のリサーチを開始。2015年、ニュージーランド不動産投資コンサルティングサービスを開始し、GOO Property NZ LimitedをNZ不動産エージェントと共同設立。GOO Property ジャパン (Terry’s Way株式会社)と共に不動産投資コンサルティングサービスを行う。
WEBサイト http://gooproperty.com/

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧