幻冬舎ゴールドオンラインで「広告」を掲載するメリット

幻冬舎ゴールドオンライン(GGO)が誕生したのは2015年9月。それから約2年が経ち、お陰様で、メインの読者として想定する、企業オーナーや不動産オーナー、医師などの「富裕層」「資産家」の皆様から多数のご支持をいただけるWEBメディアに成長いたしました。同時に、富裕層マーケティングを担当する方などから「幻冬舎ゴールドオンラインで広告を出したい」というお問い合わせも数多く頂戴するようになりましたので、本稿では、幻冬舎ゴールドオンラインに「広告」を掲載するメリットなどを編集長の立本正樹から改めてご説明いたします。

幻冬舎ゴールドオンラインとは?

 

何もしなければ財産は減り続ける時代。自ら知識武装し、行動せよ――これは、2017年10月28日(日)の日経新聞朝刊に掲載した、幻冬舎ゴールドオンライン編集部からのメッセージです。2030年には人口の3分の1が高齢者になるという、経済的には絶望ともいえる状況が見込まれる中、さらなる増税局面を迎えるのは必至であり、たとえ今、富裕層・資産家であっても、「知識武装し、行動する」という自助努力がなければ大切な財産を守り続けることはできません。

 

幻冬舎ゴールドオンラインは、そんな富裕層・資産家の皆様を主要な読者対象として明確にイメージし、その方々が「知識武装し、行動する」ための情報を提供するWEBメディアです。取り扱うジャンルは、相続・事業承継、M&A、国内不動産投資、海外不動産投資、海外活用、資産運用、各種税金対策、生命保険の活用など、「資産防衛」に関連する分野に特化しています。

 

2017年10月28日(日)日本経済新聞・朝刊より
2017年10月28日(日)日本経済新聞・朝刊より

 

いまは同じような富裕層であるにも関わらず、一部の人はますます富み、(おそらく)大多数の人は富まざる状態になっていく――その差を分けるのは「情報」であり、「行動力」です。富裕層の「資産防衛」という世界には、ごく限られたインナーサークル内で独占されている情報や、一部の「情報強者」にとっては当たり前の知識やノウハウなのに、大多数の人は知らない、といったものが数多く存在します。

 

他の経済メディアでは取り上げることのないニッチ情報であっても、それが富裕層の資産防衛に資するものであれば、しっかりと光を当て、行動するためのサポートを行う。幻冬舎ゴールドオンラインは、資産防衛の世界において、「知るべき人が知らない」「行動すべき人が行動していない」という情報格差・行動格差を徹底的に解消することで、日本中の富裕層から支持を集め、その結果、富裕層の資産防衛に役立つ情報をお持ちのプロフェッショナルの方々からの注目も集めることで、この分野での情報収集力を高め、富裕層向け資産防衛メディアとして、比類なき存在になることを目指しています。

 

富裕層に向けて、資産防衛に役立つ情報を提供したい、行動のサポートをしたいという企業の皆様、私たちと一緒に何ができるのか、一度考えてみませんか。

 

広告掲載に関するお問い合わせはこちら

 

広告媒体としての幻冬舎ゴールドオンラインの特徴

 

広告媒体としてみた場合、幻冬舎ゴールドオンラインには下記のような特徴があります。

 

<特徴①>読者対象が「富裕層」と明確である

幻冬舎ゴールドオンラインの最大の特徴は、読者対象を明確に「富裕層」としていることです。お金周りの情報やノウハウは多数ありますが、これから資産を作っていく人と、すでにある程度の資産を有し、それを守り、次世代につないでいく人とでは、必要とされる内容が大きく異なります。富裕層向けに特化することで、当然読者対象は大きく狭まり、メディアとしてのメジャー化も簡単ではなくなりますが、「知るべき人に知るべき情報をより的確に伝える」ため、あえてこの特化という道を選んでいます。広告媒体としていえば、いわゆる「無駄撃ち」がなくなります。

 

<特徴②>お金周りの話、特に「資産防衛」にフォーカスしている

富裕層の関心事は資産防衛だけではありません。車や服飾品、レストラン情報など、いわゆる富裕層ビジネスにはさまざまなジャンルがありますが、ここもやはり「知るべき人に知るべき情報をより的確に伝える」ことを優先し、資産防衛に関連するジャンルに絞ることで、よりニッチな有益情報を網羅できるメディアを実現しています。同じ富裕層でも、三ツ星レストランの情報を知りたいな、という人は来ないメディアですから、こちらも「無駄撃ち」を防ぐことにつながります。

 

<特徴③>読者が「行動する」ステージまでサポートする

情報を収集するだけでは資産防衛は実現できません。相続対策にしろ、不動産活用にしろ、生命保険活用にしろ、知り得た情報をもとに「行動する」必要がありますが、幻冬舎ゴールドオンラインでは、この点のサポートも行ってこそ、本当に資産防衛をお手伝いできるメディアになり得ると考えています。具体的には、主催・共催・協賛セミナー等の実施、または有益だと判断するその他セミナー情報の提供となります。グループ会社の幻冬舎総合財産コンサルティングで運営する無料会員組織「カメハメハ倶楽部」では、年間160回以上の富裕層向け資産防衛セミナーを実施していますが、セミナー集客・運営については、その知見とノウハウも積極的に取り入れています。

 

<特徴④>顔と名前、所属を明確にしてアピールできる

財産にまつわる情報を取り扱うメディアで、各記事の「信頼性」を読者に伝えるにはどうすればよいのか――私たちが到達したひとつの答えが、書き手の名前と顔、所属を明らかにするということです。トップページをご覧いただくとわかるとおり、幻冬舎ゴールドオンラインでは書き手の顔写真を並べています。例えば、海外不動産の記事であれば、それに関連する綺麗な写真を入れるのが常道ですが、あえて顔写真ばかりにしているのは、これが理由です。結果、堂々と自分たちの情報を提供したい、という方々にとっては、自分たちの存在を明確にアピールできる場となっています。

 

<特徴⑤>社員編集者が7名。本気で整えている編集部の体制

WEBメディアで多数の読者を確保するためには、コンテンツの量、すなわち記事の数が重要となります。このため、クラウドを活用した非常勤スタッフによる大量のコンテンツ生産体制を取っているメディアも少なくありませんが、幻冬舎ゴールドオンラインでは、社員編集者を7名配置し、書籍や雑誌などの紙媒体と遜色のない制作体制を取っています。出版社の感覚からいえば、こうした体制での記事作りは「当たり前」であり、本来、誇るほどの話ではありませんが、質より量を重視する風潮が強いWEBメディアの世界では、やはり特徴的であり、記事企画の立案や取材、ライティング、校正などの編集作業についても、紙媒体と同様の水準を維持しています。

 

紙媒体の編集部に近い雰囲気で日々の記事を作成しています。
紙媒体の編集部に近い雰囲気で日々の記事を作成しています(右はゴールドオンライン編集部が入る幻冬舎2号館)。

 

広告掲載に関するお問い合わせはこちら

 

幻冬舎ゴールドオンラインの広告メニュー

 

幻冬舎ゴールドオンラインの広告メニューは、大きく分けてスポンサード記事、記事プロモーション、セミナー運営支援、セミナー情報掲載の4つです。広告メニュー利用の可否につきましては、編集部にて検討・判断させていただきますが、「富裕層の方々にとって役立つ情報の提供である」ことが最大の要件となります。

 

<スポンサード記事>

基本となるメニューです。資産防衛関連の富裕層ビジネスに取り組む企業様の「事業内容」「商品」「サービス」等を記事として取り上げます。

 

<記事プロモーション>

SNSやポータルサイトの広告枠を使って、富裕層をターゲットに絞り込み、制作したスポンサード記事を拡散します。

 

<セミナー運営支援>

スポンサード記事に関心を持った読者を対象とする「セミナー」「イベント」等の集客・運営を支援いたします。

 

<セミナー情報掲載>

「富裕層の方々にとって役立つ情報の提供である」場合に限り、幻冬舎ゴールドオンライン内の専用ページにセミナー情報を掲載いたします。

 

幻冬舎会場でのセミナーの一コマ
幻冬舎会場でのセミナーのイメージ

 

広告掲載に関するお問い合わせはこちら

 

広告掲載はこんな企業の方にお勧めします!

 

資産防衛関連の富裕層ビジネスに取り組む企業様、さらに下記のような課題をお持ちの企業様は、幻冬舎ゴールドオンラインの広告メニューを利用することで、大きな成果を上げられる可能性があります。

 

<対象となる企業の例>
銀行、信託銀行、信用金庫、証券会社、FX会社、生命保険会社、資産運用会社、
不動産会社&海外不動産会社(ディベロッパー、売買、仲介、管理)、会計事務所、
税理士事務所、弁護士事務所、その他、富裕層ビジネスに取り組む法人・団体等

 

<課題の例>

★自社の商品・サービスの告知先を富裕層にも広げたい。

★自社の業務内容や強みを富裕層にアピールしたい。

★一定額以上の資産規模の方を対象とする商品・サービスを開発した。

★富裕層に役立つ商品・サービスを保有しているが、内容が複雑であり、説明が難しい。

★富裕層ビジネスに初めて参入するため、効果的な告知手段がわからない。

★期間限定の富裕層向け商品・サービスがあるが、告知がうまく行っていない。

★富裕層マーケティングに力を入れたいが、ノウハウがまったくない。

 

広告掲載に関するお問い合わせはこちら

「広告掲載」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「富裕層マーケティング」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載富裕層向け資産防衛メディア『幻冬舎ゴールドオンライン』の広告掲載について

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【神戸会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

~【神戸会場】香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年11月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月26日(日)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

※一部、予定項目を変更いたしました(2017/8/2)。

会場 三宮コンベンションセンター Room504
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【神戸会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年11月26日(日)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 三宮コンベンションセンター Room504
不動産活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

講師 平野準氏
日時 2017年12月09日(土)
内容

・不動産投資先としての「京都の町家」とは?

・「京都の町家」投資で償却メリットが狙える理由

・町家投資を成功に導く入口&出口戦略のポイント

・1000万円以下も多数!狙い目となる物件の具体例

 

京町家が高い希少性を持つ理由

1.町家は、現代の建築物ではないので、新しく生産出来ない建物。

2.京都市内は建築物の高さ制限があり、高層マンションが存在しない。

3.投資対象となる地域は京都市内の旧市街で、5キロ×5キロメートルの範囲。

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年12月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2017年12月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2017年12月21日(木)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

※本セミナーは、11月26日(神戸)にも開催いたします。

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年12月21日(木)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

※本セミナーは、11月26日(神戸)にも開催いたします。

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧