国ごとにおける「プライベートバンキング」の特徴とは?

前回は、「バンク・フリック」がパートナー企業との連携に拘る理由を説明しました。今回は、「プライベートバンキング」の国ごとの特徴を探ります。

安全な運用を優先するスイス、リヒテンシュタイン

プライベートバンキングで有名な国はスイスのほか、リヒテンシュタイン、シンガポール、英国などがあります。

 

国によるプライベートバンキングの違いは、主に運用に関する手法や考え方の違いによるものだといえます。リヒテンシュタインやスイスは、常に持続可能なアプローチで、通常は運用による損失を避けるため、利益は少なくとも安全なほうを選択していきます。

 

2008年の金融危機の際に、ロンドンやシンガポールの銀行が最も大きな損失を抱え、リヒテンシュタインやスイスではそれほど大きくなかったことからも両者の運用手法の違いがわかります。

 

リヒテンシュタインとスイスでも違いがあります。

 

最大の違いは、リヒテンシュタインがEEA(欧州経済地域)の一部であり、MIFID(EU域内における証券市場及び投資サービスを規定する規制のこと。2004年4月に採択され、2007年11月より国内法化された規制がEU加盟国で順次施行されている)のような欧州の法律があるという点です。

 

EEAに属していることで、リヒテンシュタインの銀行はいくつかのサービス(例えばファンドの販売)をよりスムーズに行うことができます。

 

また、リヒテンシュタインの銀行はいわゆるEUパスポートで、国境を越えたサービスを行うことができます。リヒテンシュタインの銀行は、いつでも欧州域内に支店を設けて活動することができるのです。

 

一例をあげれば、数年前にバンク・フリックは、ロンドンに支店を出すことができましたが、非常にスムーズでした。次は、ドイツのミュンヘンに支店を出すことを検討しています。

同じ欧州域内でも、展開の自由さやスピード感は異なる

一方、スイスには独自の法律があります。欧州の法律に近いものですが、スイスの銀行はより複雑な、それぞれの国との二国間協定によって規制されています。

 

そのため、スイスの銀行が欧州市場で活発に活動しようとすると、銀行自身が設立した独立企業による拠点が必要になります。スイスの銀行が欧州内に支店を増やそうとすれば、資金も時間も数倍かかるのです。

 

こうした、欧州域内における展開の自由さやスピード感が、スイスの銀行とリヒテンシュタインの銀行の大きな違いと言えるでしょう。

 

なお、リヒテンシュタインとスイスは長年にわたり親交の深い国同士です。1921年の関税条約によって両国の間では、物資のみならずサービスにおける貿易も非常に自由です。その後、1995年にリヒテンシュタインは欧州経済地域のメンバーになり、スイスはEUといわゆる二国間協定を行っていく道を選ぶという異なる方向に舵をきりました。

 

これによって、リヒテンシュタインとスイスは、EUに対するアプローチという点においては一定の違いを持つことになりましたが、両国間の関係はまったく変わりません。

「海外活用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外口座」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載欧州プライベートバンクの「運用力とサービス」の秘密

アリスタゴラ・アドバイザーズ 代表取締役会長

1985年に慶應義塾大学を卒業後、日興証券ニューヨーク現地法人の財務担当役員、ドレスナー証券(ドイツ大手金融機関)及び ING 証券(オランダ最大手金融機関)でエクイティ・ファイナンスの日本及びアジア・オセアニア地区最高責任者などを歴任。
直前はBNP パリバ証券(フランス最大手金融機関)東京支店の株式派生商品本部長として、日本での株式関連ビジネスの責任者。トレーディング部門の経験が長い。現在、アセットマネジメントビジネスの一環として伝統的プライベートバンクとともにビジネスを行っている。

著者紹介

プライベートバンクの嘘と真実

プライベートバンクの嘘と真実

篠田 丈

幻冬舎メディアコンサルティング

スイスの伝統的プライベートバンク経営者が共著・取材協力! その実態が初めて明かされる! 相続税増税や海外資産の取り締まり強化など、富裕層が持つ資産に対する捕捉は厳しさを増す一方。そんな中で注目されているのが「プ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧