貯蓄はスポーツと一緒!? 「お金を貯める訓練」の重要性

女性の社会進出が進む中、経済的に自立した生活を送りたいと願う女性が増えています。しかし、出産や子育てを伴う女性は昇給の機会も限られており、休職と復帰、離職と再就職を繰り返すケースも多く、思うように収入を増やせないのが現状です。そこで本連載では、収入アップとも節約とも異なる、「お金にモテる自分ルール」という観点から預貯金を増やす方法を解説します。

鍛えたら鍛えただけ「貯蓄の力」がつく!?

オトナ女子は、男性よりも美容やファッションなどの〝必要経費〟がかさむため、貯金が難しくなります。節約や我慢を続ける暮らしは、なかなかつらいものです。

 

けれどもお金を貯めることは、実はそんなに難しいことではありません。〝普段の生活のルール〟を見直せば、貯まる速度はぐんとアップします。

 

まずはお金の使い方に〝自分のルール〟を設けます。

 

「どんなときに使い、どんなときに使わないのか?」「どんな使い方がよくて、どんな使い方が悪いのか?」

 

どういうところに意識をフォーカスするかで、結果が大きく変わります。

 

また貯蓄とはスポーツと一緒で、〝訓練〟が必要です。鍛えたら鍛えただけ力がつくものでもあります。まれに両親のしつけのおかげで、子どもの頃からすでに鍛えられている人もいます。いずれにしても、貯蓄の訓練の大切さに気付いたら、なるべく早く訓練を始めることが重要です。

貯蓄の訓練は「年収の目標額」に達する前に開始

貯蓄の話をすると、決まって次のように〝逃げる〟人がいます。

 

「貯蓄は年収が上がってから始めます」

 

このような考え方は、早くに手放すべきです。もちろん年収の目標額を思い描き、そこに向かって努力を重ねることはよいことです。けれども「理想の年収を実現させてから貯蓄を始める」のではなく、「年収の目標額」に達する前から少しずつでも貯蓄に取り組み、貯蓄の訓練を始めることが理想的です。

 

たとえば年収400万円でも、年間50万円以上貯める人がいます。

 

一方で、年収1000万円でも、派手な暮らしをしてしまい、年間10万円も貯められない人だって多くいるのです。生活レベルがいったん上がり始めると、どうしても贅沢を覚えてしまい、消費する額が増えてしまうのです。

 

もちろん、年に1000万円稼ぐ能力は、素晴らしいものです。その陰には血のにじむような努力が潜んでいるかもしれません。その人は、希少性の高い独自の技術を磨いて、「1000万円プレーヤー」へと成長したのかもしれません。

本連載は、2017年1月10日刊行の書籍『お金にモテる独身女子50のルール』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載収入アップも節約も不要!? お金にモテる「自分ルール」の作り方

株式会社セルフ・インプルーブ 代表取締役

京都府立大学卒業後、大手製薬メーカーの三共株式会社に入社。同社退職後、一部上場の三井化学株式会社へ。子会社の名古屋支店長を務める。サラリーマンだけの収入に将来的な不安を覚え、宅建など30以上の資格を取得。ハワイ、フィリピンに不動産を所有し、今後も海外不動産への投資を拡大していく予定。平成24年より、サラリーマンや個人事業主を対象に、『お金と仲良くなる講座(初級編・中級編)』を東京・名古屋で開催し、お金に関する学びの場を提供している。平成27年2月に、お金を学ぶ『人生の寺子屋®』に改名。東京・名古屋・熊本校にとどまらず、今後、全国に展開していく。

著者紹介

お金にモテる独身女子50のルール

お金にモテる独身女子50のルール

和田 勉

幻冬舎メディアコンサルティング

女性の社会進出が進む中、経済的に自立した生活を送りたいと願う女性が増えています。しかし、出産や子育てを伴う女性は昇給の機会も限られており、休職と復帰、離職と再就職を繰り返す女性も多く、思うように収入を増やせない…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧