儲からないマンションは「すぐに売却・再投資」すべき理由

前回は、「2018年」が不動産価格上昇のターニングポイントとなる理由を説明しました。今回は、儲からないマンションへの対応策を見ていきましょう。

大赤字になると理解しつつも、動けないオーナーたち

いつのタイミングで売却をするのか、決めるのは不動産オーナー自身です。

 

実際のところ、受動的に新築区分マンションを購入してしまった人が、能動的に売却しようと考えるケースはまれです。そのほとんどが、「売りませんか?」というアプローチを受けて売却を検討します。

 

それでも売らない人もいます。「投資の失敗」を認めたくないというプライドや、そもそもの年収が高いために、月々数万円程度の持ち出しならば耐えることができるというのが、その要因でしょう。

 

儲からないマンションを買ってしまったと後悔しており、チャンスがあれば売りたい・・・そう思いながらも、どこに相談してよいかわからず、悩んでいる人は案外多いものです。

 

そういった人は、そもそも購入時点で不動産会社に「騙された」という意識をもっているため、売却にも慎重になりがちです。不動産会社全体に対してネガティブな印象をもってしまっており、疑心暗鬼になっているのです。それは人情でしょう。

 

しかし結局のところ、売却のために「動く」か「動かない」か、二者択一の問題でしかありません。

売却を後押しするのは、最終的に「市況」

私はこれまで、数多くの物件売却をサポートしてきました。多くのケースで、「もち続けるよりも、売却して正解だった」という結果になったことを、目の当たりにしています。

 

不動産投資家の反応としては、「もう損切りでいいから売ろう!」という人もいれば、自分の失敗を絶対に認めず、5年後10年後はさらに大赤字になるのを知っていながら、それでも「売らない」という判断をする人もいます。

 

売却を後押しするのは、最終的には「市況」です。そして今こそ、最良の売り時であることは間違いありません。

本連載は、2016年8月13日刊行の書籍『その区分マンションは今すぐ売りなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載マンション売却・・・「売却運用率」を活用した最適タイミングの見極め方

株式会社FGH 代表取締役社長

徳島県生まれ、広島県育ち。拓殖大学政経学部卒業後、起業を目指して都内飲食店で下積み時代を過ごす。その後、中小企業の営業支援を行う会社に就職。不動産会社の案件を手掛けたことをきっかけに、「業界の古い体質を是正し、個人投資家の目線に立った売買仲介事業をしたい」との想いを抱く。2007年2月、株式会社アーバンフォースを設立。その後、賃貸・売買部門を独立させ、株式会社FGHを設立・ホールディングス化。グループ企業間で中古ワンルームマンションの流動性を高めることができる独自のビジネスモデルを構築し、不動産所有者、購入希望者双方のニーズを満たすサービスを提供し続けている。

著者紹介

その区分マンションは 今すぐ売りなさい

その区分マンションは 今すぐ売りなさい

渡邊 勢月矢

幻冬舎メディアコンサルティング

区分マンション投資にはリスクがあります。たとえば新築で区分マンションを購入し、サブリース契約がついている場合。見掛け上家賃収入が入る状態でも、物件本来の収益性が低いケースがあります。また収益性向上のためどんなに…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧