投資物件の「損切売却」をリカバーするには?②

前回に引き続き、投資物件の「損切売却」をリカバーできるケースを見ていきましょう。今回は、キャッシュを活用した買い替えなどの手法を紹介します。

新たな物件を購入し、収支改善を図る

前回の続きです。

 

②キャッシュがあれば、買い替えて収支改善が可能

 

今後も投資を続けたいという方には、物件の買い替えを提案することもあります。現在の物件を売却して、新たな物件を購入することで、資産性や収益性をより高めていきます。

 

これも、ある程度キャッシュがないとできません。なぜならフルローンで借りた融資の残債があることに加えて、売却時には税金や手数料などの諸費用がかかります。結局、残債がある場合では、たとえ購入金額と同額の価格で売れたとしても、プラマイゼロではなくてマイナスとなります。

 

とくに購入してさほど年数が経っていなければ、残債はほとんど減っていませんし、物件価格についても新築時より下がっています。そのため所有する区分マンションを売却するには、所有年数や金額にもよりますが、数百万円程度が必要になります。

 

つまり自己資金を使って物件を売却して、新たな物件を再度購入することになりますから、ある程度資金に余裕がなければ難しいのです。

 

中には新築区分マンションを売らずに収益性の高い物件を買い足して、収支を改善する人もいます。

 

新築区分マンション投資からアパート・マンションの一棟投資にシフトチェンジして、次に購入したアパートを上手に運用して成功するようなケースは、まさに理想的なリカバー例です。

 

事実、マイナスからスタートした不動産投資で、最終的に大成功を収めたサラリーマン投資家による不動産投資指南書も出ているほどです。

 

ただし、買い替えでなく、買い足しの融資の限度額の問題があります。たとえば年収500万円のサラリーマンが、受動的に物件を買ってしまった場合を考えます。仮に2500万円の新築区分マンションを3戸購入して、7500万円のローンを組んでいるとしましょう。

 

金融機関は、年収500万円のサラリーマンに対して、どれくらいの融資を行うのでしょうか。各金融機関によって条件は変わりますが、一般的に7500万円の負債があれば、それ以上、お金を借りることはできません。

 

物件購入のためには、年収が上がる、資産があるといった、銀行にとってプラスになる材料が必要です。結局、よほど条件の良い人でない限りは、利益の出る別の物件を購入しようにも、一旦売却しなければ難しいというのが現実です。

立地重視の外国人投資家への売却という選択肢も

③物件の立地が悪くても、店舗であれば台湾人投資家へ高値売却

 

日本人投資家と外国人投資家は、物件購入の指標が違います。同じ外国人でも、中国人は立地を重視する傾向にありますし、住居の物件を好みます。

 

ところが台湾人は、住居よりも店舗を好む傾向にあります。とくに郊外の区分マンションで、1階にコンビニエンスストアや飲食店の入ったような物件を好んで買う傾向にあります。

 

実際のところ、テナント物件は利回りが高いことも多いのですが、やはり住居に比べてテナントは入居が不安定です。そうなるとなかなか買い手を見つけにくい状況となります。そのように日本人に売りにくい物件を、台湾人投資家は好みます。

 

条件の合う物件をもっているならば、うまく買い手が現れれば高値売却も夢ではありません。

 

この話は次回に続きます。

本連載は、2016年8月13日刊行の書籍『その区分マンションは今すぐ売りなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載マンション売却・・・「売却運用率」を活用した最適タイミングの見極め方

株式会社FGH 代表取締役社長

徳島県生まれ、広島県育ち。拓殖大学政経学部卒業後、起業を目指して都内飲食店で下積み時代を過ごす。その後、中小企業の営業支援を行う会社に就職。不動産会社の案件を手掛けたことをきっかけに、「業界の古い体質を是正し、個人投資家の目線に立った売買仲介事業をしたい」との想いを抱く。2007年2月、株式会社アーバンフォースを設立。その後、賃貸・売買部門を独立させ、株式会社FGHを設立・ホールディングス化。グループ企業間で中古ワンルームマンションの流動性を高めることができる独自のビジネスモデルを構築し、不動産所有者、購入希望者双方のニーズを満たすサービスを提供し続けている。

著者紹介

その区分マンションは 今すぐ売りなさい

その区分マンションは 今すぐ売りなさい

渡邊 勢月矢

幻冬舎メディアコンサルティング

区分マンション投資にはリスクがあります。たとえば新築で区分マンションを購入し、サブリース契約がついている場合。見掛け上家賃収入が入る状態でも、物件本来の収益性が低いケースがあります。また収益性向上のためどんなに…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧