「地方RC造物件」の投資効率が悪いといえる理由

前回は、「土地値物件」について解説しました。今回は、土地の評価において非常に重要な「更地実売土地値」について見ていきましょう。

築古物件を土地値で評価する際は「更地コスト」に注意

前回、土地値に着目すると、最終的に利益の出る物件が買えるとお伝えしました。今回は、その補足をしたいと思います。土地の本当の評価方法についてです。

 

次のような物件が売りに出されています。

 

地方都市 RC造 築25年前後

ファミリー 駐車場全戸分附置

積算評価>販売価格

利回りは相場並み

販売価格は1億円以上

 

積算評価が売買金額以上出ているため、銀行からの融資は受けやすくなります。このため、首都圏や関西圏にお住まいの属性の良い方が銀行で資金調達し、こぞって買いそうな物件です。しかし私は絶対に買いませんし、お客様にもおすすめしません。理由はいろいろありますが、土地値という観点で説明しましょう。

 

まずは物件の土地実売価格を確認することが大切です。ただし、注意しなければならないのは、〝更地実売土地値〟かどうか、です。建付地(物件が建っている土地)の場合、更地にするコストを減算して想定しなければならないということです。

 

前記のような地方RC造物件で、まれに相続税路線価÷0.8(公示地価相当)に近い金額で売りに出されている築古物件(築年数の経った中古物件)があります。ポータルサイト上でのセールス文をみると、「土地値物件!」などと書かれています。

 

しかし、それは本当に土地値かどうか、よく見極めなければなりません。建物を解体して取り除かなければ土地として使えないという、当たり前の事実を考慮する必要があります。

 

アパート・マンションなどの共同住宅を更地にする際にかかるコストは、解体費用や入居者立ち退き費用などです。RC造の解体コストは地域にもよりますが、坪5万円以上でしょう。対して木造物件の解体コストは坪2.5万〜3万円と半分程度です。

 

入居者立ち退き費用は、おおむね一戸当たり最大家賃の6ヶ月分程度でしょうか。RC造と木造で立ち退き費用が変わらないとすると、RC造は木造などと比べて更地にするコストが2倍かかるということです。さらに地方RC造物件の場合、そもそも価格に対する建物の割合も高い傾向にあります。

 

結果として、仮に地方RC造物件の土地の担保評価が出ていても、実際に更地として使うには多額のコストがかかり、更地にして売却後にはお金がほとんど残っていない、という事態が起こり得るのです。

 

このように、築古物件を土地値で評価する際は、更地コストを控除した金額が本当の意味での土地実売評価となります。

融資が付きやすい、という理由だけで購入すると・・・

地方RC造物件をおすすめしない理由はほかにもあります。まず入居付けの問題です。地方でも需給バランスがよく、入居付けが問題なくできる地域もありますが、やはり都市部と比べると賃貸需要が少なく、入居付けに苦労する可能性があります。

 

さらに地方RC造物件は床面積が広くなる傾向にあり、床面積に対する賃料が割安になります。床面積が広いということは、その分、固定資産税がはね上がることにもなりますので、その結果、キャッシュフローが出にくくなりやすいのです。

 

加えて、RC造物件は築年数が経過すると配管修理や外壁塗装工事など、多額の修繕コストがのしかかります。地方RC造物件は大規模物件も多く、そうなるとさらにコストがかかってしまう。このようにさまざまな要因が重なって、地方RC造物件の投資効率を高めるのは難しいのが実情なのです。融資が付きやすいという理由だけで購入してはいけない、ということです。

本連載は、2014年11月4日刊行の書籍『はじめての不動産投資 成功の法則』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載「中古一棟買い」で成功する不動産投資

大和財託株式会社 代表

昭和55年生まれ。三井不動産レジデンシャル株式会社を経て、収益不動産に特化した事業を展開する武蔵コーポレーション株式会社で収益不動産の売買仲介および賃貸管理業務についての実務経験を積む。
平成25年に独立して大阪市内に大和財託株式会社を設立。
収益不動産を通じて、購入から運用・売却まで一貫した資産形成をサポートしている。
特に、物件情報をすべて数値化し、資金調達、物件購入、管理運用から売却までを視野に入れた収支シミュレーションに定評がある。
管理物件の平均入居率は98パーセントを誇る。

著者紹介

はじめての不動産投資成功の法則

はじめての不動産投資成功の法則

藤原 正明

幻冬舎メディアコンサルティング

東京五輪による地価上昇の影響もあり、注目を集めている不動産投資。 しかし、実際に投資をはじめようとしてもはじめての人には分からないことだらけでなかなか手が出ない、ローリスクと聞いて始めてみたけれど、成功というに…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!