保険アドバイザー選びのポイント④ 提案商品

前回は、保険アドバイザー選びのポイントとして、資格付与の実績を取り上げました。今回は、提案商品から保険アドバイザー選びのポイントを見ていきます。

「販売側に有利な商品」でないかチェックを

前回の続きです。

 

③販売側にとって有利な商品ばかりを売っていないか

 

先述したように、保険の販売担当者もビジネスなので、なるべく利益率の高い商品を売りたいと思うのが自然です。

 

特に、掛け捨て保険のように、死亡事故がなければ保険会社が総取りできるものには、利益率が高い(コミッションの高い)商品が目白押しです。逆に、学資保険や養老保険などの積立商品、資産運用商品に関しては、コミッションが1%や5%など1桁台が多く、利益率が低い商品になりがちです。

特定の商品ばかりを勧められる時は要注意

また、特定の商品に対して、保険会社がコミッション率を一時的にあげたり、保険代理店が給料の歩合をあげたりするキャンペーンも広く行われています。

 

普段は1件5万円のコミッションの商品でも、「4月1日〜6月30日までの間に契約を取れれば、1件20万円にアップします」などのようなことが行われているのです。他にも以下のようなキャンペーンがあります。

 

●医療保険1件の契約獲得で、クオカード500円をプレゼント

●年払保険料5000万円以上獲得で、ハワイ旅行ペアをプレゼント

●特定の商品を1000万円以上獲得で、ヨーロッパ周遊旅行をプレゼント

●特定の商品を10件契約獲得で、豪華ホテルディナーに招待

 

このように、保険会社では様々な施策を行って、特定の商品を現場に多く売ってもらうように仕向けています。実際に、これらキャンペーンの内容によって現場の販売担当者のモチベーションは大きく変わることもあります。

 

顧客側としては、ニーズにあわない商品を勧められる可能性があります。なぜか特定の商品ばかりを勧めてくるような販売担当者がいたら、そこに何らかのキャンペーンがからんでいると疑って対応したほうがいいでしょう。

「生命保険」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「法人保険」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~保険アドバイザー編

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している。

著者紹介

オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル

オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル

幻冬舎ゴールドオンライン編集部

幻冬舎メディアコンサルティング

「100%損金商品はない! 」なんて大ウソ 業界人では書けないお宝情報満載。 こんな一冊を待っていた! いまや保険は進化を遂げ、保障だけで利用されるべきものではありません。 法人保険は税金対策のための、資産を守るための…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧