不動産 国内不動産 その他
連載中小オフィスビルオーナーのための「満室」経営術【第13回】

賃料を「値下げ」してトータルの収益性をアップする方法

原価積み上げ方式賃料定期借家

賃料を「値下げ」してトータルの収益性をアップする方法

賃料を値下げしたからといって、経営が苦しくなるとは限りません。今回は、賃料を値下げすることで空室リスクを抑え、収益性を上げる方法について見ていきましょう。

原価積み上げ方式の賃料設定では「空室」は埋まらない

賃料は市場、競合物件で決まるものです。市場と相手が決めるものといってもいいでしょう。これを理解せず、自分の支出から賃料を決める原価積み上げ方式の賃料設定では募集をかけても空室は埋まりません。

 

市場はオーナーの都合に合わせてくれるほど親切ではないのです。特に、募集開始からある程度時間が経っているのに、ビルを下見にくる企業がいない状況が続いている場合には、賃料設定の問題が理由であることが考えられます。早急に賃料設定を見直すべきです。

 

ちなみに不景気な時期には、ハイスペックで高額のオフィスよりも、同じ条件であればより安いオフィスを探すという現実的な選択をする企業が増えます。経済が拡張している時期であれば信用、採用などを考え、2倍、3倍高くても新築を選ぶ場合もありますが、景気が悪い時期にはそうした企業は減るもの。その意味では今の時代は中古にも十分勝機のある時代といえるわけです。

賃料値下げ=減益とは限らない

賃料の値下げについては、賃料を下げたら収入が減り、経営が苦しくなるから絶対にダメと否定的に考える人も少なくありません。

 

しかし、この考え方は短絡的過ぎます。空室時でも管理費、光熱費などの支払いは必要ですから、賃料を下げずに空室が続くと出費だけが増えていくことになります。それよりは多少賃料を下げても空室期間を短くするほうが、収益が上がるというのはよくある話です。

 

下図のシミュレーションは、賃料を坪当たり5000円下げるものの2年間トータルで見たところ値下げをしたほうが、収支がよい結果となっています。このほかにも、賃料を下げ、ほかの賃貸条件を見直すことで全体としての利益を維持するという方法もあります。

 

 

また、賃料を上げてもほかの賃貸条件を変えることで入居してもらいやすくするという手もあります。たとえば、入居を希望する企業が中小企業である場合には、入居時の保証金を減らし、賃料を上げるという方法です。

 

保証金はまとまった金額になりますから、これを用意するのは中小企業には負担になりますし、税制上資産として扱われるため、税金がかかります。ところが、家賃は経費となるため、税金はかかりません。とすると、払う側としては家賃が高くなっても入居時の保証金が少ないほうが支払いトータルで考えるとメリットがあるということになるのです。

 

もちろん、多額の保証金を用意する必要もなくなりますから、入居しやすくもなり、選ばれやすくもなり、競合に対して優位に立つこともできます。いずれにせよ、大事なのは、目先の利益に囚われるのではなく、2年間トータルで収支を考えるということです。

 

契約時の費用、家賃などの収入と管理費や光熱費などの支出を2年間でシミュレーションし、トータルでどちらが収益が上がることになるか。ビル全体の収益は、賃料だけでなく、経費なども含めて考えてみる必要があるのです。

定期借家契約をうまく活用して「賃料固定化」を防ぐ

やむを得ず値下げをする場合には、契約を定期借家にするという手があります。定期借家契約とは2000年3月1日に借地借家法が改正・施行されて認められるようになった賃貸借契約のことで、貸主と借主が対等な立場で契約期間や家賃などを自由に定め、合意の上で行われる賃貸借契約と定義されています。

 

定期借家契約には、いくつか一般的な賃貸借契約と異なる点があります。そのうち、ポイントとなるのは契約期間満了によって契約は終了し、更新されないという点です。再契約が可能な場合には、その旨の定めをしておくことはできますが、それは新しい契約となり、再契約をするにしても以前の契約は一度終了します。

 

つまり、一度入居したテナントが契約期間満了後もオフィスを借り続けたいと思った場合には新しく契約をしなくてはいけないということになります。

 

オフィスの場合、住宅とは異なり、気分や趣味といったもので企業が移転を考えることはありません。移転には多大な費用がかかりますし、移転前後は仕事の効率が落ちるなどのリスクもあるため、企業はよほどの事情がない限り、移転をしようとは思わないものです。ですから一度移転し、そのオフィスが気に入っている場合には、契約期間満了後も継続して契約を希望する可能性は非常に高いことになります。

 

そこで、契約期間が満了し、新しく契約するとなると、オーナー側は新しい条件を提示することができ、値下げした賃料を固定化しなくて済む可能性が出てきます。入居時に一度下げた賃料を、2年後に元の額あるいはそれ以上にすることができるかもしれないのです。

 

定期借家契約にはこのほかにも契約期間を自由に決めることができるという特徴などもあり、大規模ビルの場合にはそれを利用し、長期契約を結ぶ例を見かけますが、中小規模のオフィスビルでは長期に借りるテナントが少ないためか、定期借家契約を利用する例はあまりありません。しかし、使い方によってはオーナーにメリットをもたらすことができる制度ですから、ケースに応じて使い方を考えていくのが賢明です。

本連載は、2010年12月21日刊行の書籍『空室を抱える中小オフィスビルオーナーのための満室ビル経営』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

佐々木 泰樹

サブリース株式会社 代表取締役

1946年岩手県宮古市生まれ。1969年に都留文科大学を中退、東都商事株式会社に入社。貸事務所仲介営業に従事し、入社から5カ月で営業管理職兼トップ営業マンと して活躍する。その後、同社を3年10カ月で退社、26歳 で独立を果たす。40年以上にも及ぶ業界経験のなかで、 貸事務所の仲介のみならず、貸ビルの設計・開発ならびに リフォームを含めたビルのコンサルティングも手掛け、多く の空室に悩むオフィスビルを再生させてきた。また、業界に先駆け、貸事務所の転貸業(サブリース)を考案するな ど、その豊富な経験を活かし、現在はサブリース株式会社 にて、オフィスビルの設計、開発、再生に力を注いでいる。

著者紹介

連載中小オフィスビルオーナーのための「満室」経営術

空室を抱える中小オフィスビルオーナーのための満室ビル経営

空室を抱える中小オフィスビルオーナーのための満室ビル経営

佐々木 泰樹

幻冬舎メディアコンサルティング

サブプライム問題、リーマンショックを経て、悪化した賃貸オフィスビル市場は依然厳しく、地方都市では都心以上に苦しい状況にあります。そのような中、特に中小規模のオフィスビルは、バブル期以前に建った築20年以上のビルが…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest