売ったあとのことも視野に入れて M&Aに向き合う

M&A後、オーナー社長の手元に残る資産は、タックスプランニングをしているかいないかで大きな差が出ることもあります。ここでは、どのような心構えをしておくべきかについて説明します。

税金のプランニングと資産の管理、使い方

M&Aが終わると、前オーナー社長の元にはまとまった資産が入ってきます。自身の退職金やM&Aによる株式譲渡で得た現金、また事業譲渡の場合は、会社からの配当金や退職金・・・。

資産のかたちや組み合わせはさまざまですが、現金化しにくかった非上場株式や事業を“現金同等物”に換えられたということには変わりありません。

なかには、売りっぱなしのオーナー社長がいるのも事実です。

社長時代から、会社の数字のことは気心の知れた右腕の役員に、家のことは奥さん任せ、といった人が典型です。社長をしてきた人なら想像がつくでしょうが、M&Aによって多額の資産を得るほど、翌年には驚くような額の所得税や住民税を支払わ なければなりません。

 

相応の資産が残る分、タックスプランニングをしているかいないかで、手残りには大きな差が出ることもあります。また、売却直後のタックスプランニングが万全でも、いずれ資産を家族に相続する際に、相続税制から見て非効率な資産活用をしていたり、トラブルの種が残ったりすることもあります。

売却後の“財産コンサル”もできるアドバイザーが理想

優れたM&Aのアドバイザーは、アフターM&Aの事情や有効な対処法にも長けています。つまり、財産コンサル的なノウハウも併せ持っているのです。

自身のハッピーリタイアメントのためにも、また子どもなどに効率よく、無駄なく資産を相続するためにも、M&Aを決心するときからアフターM&Aを視野に入れておくことが理想的です。

そしてM&Aのアドバイザーを探すときも、アフターM&Aの視点をもって、質問などをしてみることです。優秀なアドバイザーなら、知ったかぶりではなく親身になって相談に乗ってくれたり、社内の別の信頼できる人などを紹介してくれるはずです。

本連載は、2013年7月2日刊行の書籍『オーナー社長のための会社の売り方』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「相続・事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「M&A」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載オーナー社長のための会社の売り方

GTAC(ジータック)とは、株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/(写真は代表取締役の山下征孝)

著者紹介

オーナー社長のための会社の売り方

オーナー社長のための会社の売り方

編著 GTAC

幻冬舎メディアコンサルティング

オーナー社長にとって、会社人生の最後で最大の仕事こそが事業承継。創業以来、長年に渡って経営してきた会社を次代に残す。また、従業員の雇用を守りつつ、買い手企業の新たな資本の元で、会社の価値をさらに高めていくことで…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧