在宅に近い環境で生活を支援…「グループホーム」の役割

前回は、介護施設による「個別対応」の重要性について取り上げました。今回は、在宅に近い環境で生活を支援する「グループホーム」の役割について見ていきます。

「認知症」の診断がないと入所できないが…

グループホームは、認知症の症状のある人を対象に、入浴、排泄、食事などの介助や、日常生活上の支援を行う施設です。認知症の診断がないと入所できませんが、最近は概ね80歳を過ぎると認知症と診断されることが多く、以前に比べて入所のハードルが下がっているといえます。

 

基本的に自立して日常生活を送れる認知症の人が対象で、小集団でのユニットで共同生活を行います。

 

私の法人の施設「グループホーム美々(びび)」では、「ぼちぼち」を合言葉に9人という少人数で、より在宅に近い環境での生活支援を行っています。平均要介護度は2~3。認知症があってもみな元気で、自分の好きなことや興味のあることに対して積極的に取り組んでいます。自分の部屋の掃除や料理、おやつづくりなども手伝ってもらっています。洗濯物干し、洗濯物たたみ、野菜づくり、壁面のかざりつけなどを行うこともあります。

 

地域との交流も積極的に行っているため、家族や近隣の住民も、自分の家のように気楽に訪ねてくれる、アットホームな場所になっています。

多くのグループホームはアクティビティの実施を重視

認知症を抱えている利用者が暮らす場であるグループホームでは、認知症の進行を遅らせるためにも生活の中で五感(触覚、嗅覚、視覚、味覚、聴覚)を刺激することが重要です。そのため多くのグループホームでは日替わりのアクティビティを実施しているほか、フラワーアレンジメントやお茶会などを毎月開催しています。

 

また、私の法人の運営するグループホームでは認知症対応型通所介護を併設しているため、合同でアクティビティを行います。また隣地に設立した保育園とも合同で、花見や節分、夏祭りや敬老の会など季節ごとに園児と交流する機会をつくっています。

 

グループホームは、定員数が5~9名と少ないため、介護職員1人が把握しなければならない利用者の数(定員)が少なく、日中の利用者が多い時間帯でも担当を決めて個別対応することが可能です。「利用者とじっくり接したい」と思っている介護職員にとっては、最適な職場環境といえます。

 

特に認知症を抱えている利用者は、常に不安を感じています。そうした不安に寄り添い安心感を与えるような対応をすることがとても重要です。

 

表情、身だしなみ、言葉づかいに注意するのはもちろん、話しかけるときは言葉のトーンを落とし、耳元でゆっくり話しかけます。「家に帰りたい」「ごはんを食べていない」というような訴えも、否定せず受け入れることで、利用者は落ちつきを取り戻します。

 

相手の話を理解し、傾聴する姿勢を忘れないようにしましょう。

 

[図表]グループホームのタイムスケジュール

本連載は、2017年8月26日刊行の書籍『利用者満足度100%を実現する 介護サービス実践マニュアル』から抜粋したものです。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載「利用者満足度100%」を目指す! 介護施設運営の基礎知識

社会福祉法人洗心福祉会 理事長
学校法人洗心學舎 理事長 

1948年、三重県生まれ。
1972年三重大学生物資源学部を卒業後、津市役所を経て1993年4月豊野福祉会(現・洗心福祉会)理事に就任。1996年11月に洗心福祉会常務理事、1998年洗心福祉会常務理事・評議員、2004年11月洗心福祉会理事長に就任。2014年洗心學舎理事長に就任し、現在に至る。
三重県・滋賀県で約40の福祉・医療施設を運営し、保育・介護・障がい・医療と幅広い事業を通して地域福祉の発展に貢献。安心と健康をモットーに、地域福祉の拠点となるため尽力している。

著者紹介

利用者満足度100%を実現する 介護サービス実践マニュアル

利用者満足度100%を実現する 介護サービス実践マニュアル

山田 俊郎

幻冬舎メディアコンサルティング

あなたの介護、効率化ばかりを追求していませんか? 利用者、介護職員がともにストレスをためず、笑顔になる介護とは 職員の取り組み事例をたくさん盛り込んだ、介護職員必携の1冊!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧