高級バーと立ち食いそば屋・・・効率的に稼げるのはどっち?②

今回は、高級バーと立ち食いそば屋の損益計算書から、どちらの経営がより効率的なのかを探ります。※本連載は、株式会社アジア・ひと・しくみ研究所の代表取締役で、経営コンサルタントの新井健一氏の著書、『儲けの極意はすべて「質屋」に詰まっている』(かんき出版)より一部を抜粋し、なぜ最強のビジネスモデルが「質屋」なのか、儲けの仕組みを説明します。

そもそも「借入金」と「資本金」の違いとは?

前回の続きです。まずは徳川さんの立ち上げる予定の高級バーから。

 

以下の図表は、その高級バーの損益を表したものです。元手として借入金2億円が計上されています。元手とは、商売などをはじめようとするときに必要なお金、資金のことです。元手は、大きく分けて2つの集め方があります。

 

[図表]損益計算書から日々の商売を想像してみよう!

 

ひとつは、銀行などから借りる「借入金」。他人資本とも言います。もうひとつは、自分のお金を充てる「資本金」。自己資本とも言います。

 

借入金の場合は、借りたお金そのものを元本と言いますが、元本と利息を返さなくてはいけません。資本金の場合は、そのお金をどこにも返す義務はありません。自分のお金ですからどこにも利息を支払う必要はないのです。

元手の3割の資本金を用意し、借入金を抑える中山さん

ただし、資本金の場合は、会社の儲けの一部を、資本金を融通した自分やその他の人(出資者と言います)に配当というかたちで支払うことが期待されます。ただ、借入金の元本や利息のように、外部からきっちりいくらと決められているわけではありません。

 

<POINT>

事業資金には資本金(自己資本)と借入金(他人資本)があり、資本金には返済義務がなく、借入金には元本と利息の返済義務があります。

 

次に、中山さんが開業する予定のそば屋の損益を見てみましょう(上の図表を参照)。元手は1000万円と、徳川さんの高級バーよりもだいぶ控えめです。しかも、元手のうち3割は資本金を用意し、借入金を抑えているのがわかります。

 

この話は次回に続きます。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「経営戦略」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載なぜ「質屋」は最強のビジネスモデルなのか・・・儲けの仕組みの基本を学ぶ

株式会社アジア・ひと・しくみ研究所 代表取締役
経営コンサルタント 

1972年神奈川県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、大手重機械メーカー、アーサーアンダーセン(現KPMG)、同ビジネススクール責任者、医療・IT系ベンチャー企業役員を経て独立。大企業向けの人事コンサルティングから起業支援までコンサルティング・セミナーを展開。

著者紹介

儲けの極意はすべて「質屋」に詰まっている

儲けの極意はすべて「質屋」に詰まっている

新井 健一

かんき出版

すべてのビジネスパーソンに必要な「数字」センスの磨き方 ここに、ひとつの事実があります。それは、一般のビジネスパーソンが知りたい「数字の知識」は、いわゆる「会計数字の知識」とはズレているということです。 ビジネ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧