相続税対策としてのマンション購入…留意すべき点とは?

前回は、不動産の高値売却を実現する「売買タイミング」の見極め方を取り上げました。今回は、相続税対策としてのマンション購入で、留意すべき点を見ていきます。

資産の組み替えで、相続税評価額は2割下げられる

遊休地や郊外の空き家を積極的に処分して、首都圏にある利便性の高いマンションを購入することは、資産の有効利用としても、将来のさらなる増税に備えた相続税対策としても有効です。

 

保有資産のうち、現金・有価証券比率が高い資産家には特におすすめできます。

 

結論を先に言うと、こうした資産の組み替えで賃貸にすることで、相続税評価額を2割程度下げることができ、相続人の生活に余裕ができることとなります。

 

現金は、相続の際には現金の額そのままで評価されますが、不動産で所有すれば相続税評価額が下がります。土地については時価よりも2割以上も低い相続税路線価で評価され、かつ、建物についても実際の市場価値よりも2~3割以上低い固定資産額相当の評価になり、相続税の節税につながるということです。

 

この資産の組み替えは、これから人口が減少していくなかで極めて重要になります。地方や郊外の遊休地にはそもそも賃貸需要がなくなってしまう可能性が高いので、借金をしてまでアパート賃貸住宅を建築することは、非常にリスキーだと言わざるを得ません。

タワーマンションを利用した節税は見直しが必要に

2017年4月1日より、20階建て以上の高層マンションについて、高層階の固定資産税が引き上げになりました。相続税評価額についてもこれに準ずるものと考えられます。

 

いわゆるタワーマンションなどの居住用超高層建築物(高さ60メートルを超え、複数階に住戸がある建物)を利用した節税は、取引価格と評価額の差によるものでした。しかし固定資産税と相続税が見直されたことで、この4月1日より、高層階は取引価格と同じように評価額も高く、低層階は低くなり、上層階の大きな節税効果がなくなってしまいました。

 

これは、2017年以降に販売される新築マンションから適用されています。なお、既存の高層マンションの固定資産税・相続税は現行制度のままであるため、それ以前に売買された高層マンションの20階以上の市場価値は、逆に上昇することが予想されます。

 

20階以上の高層マンションは建築規制の緩和により、1999年から東京・大阪・名古屋の三大都市圏で急増し、すでに全国で1200棟を超えています。

「相続・事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「相続対策」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載塩漬けになった不動産から利益を生み出す方法

東京アーバンコンサルティング株式会社 代表取締役社長

1967年、慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、三菱信託銀行入社。本店不動産部配属となり、不動産仲介・鑑定・開発・各種コンサルティング業務に従事する。その後、米国ロサンゼルス支店融資課長、次長、本店国際不動産コンサルティング業務担当部長等を歴任し、1991年に米国三菱信託銀行(ニューヨーク)会長兼社長に就任。
95年、英国系国際不動産コンサルティング会社である日本ナイトフランク株式会社代表取締役社長に就任。97年に東京アーバンコンサルテング株式会社を設立、現在に至る。
不動産鑑定士。不動産カウンセラー(日本不動産鑑定協会)。不動産コンサルティング技能資格(国交省所管)。宅地建物取引主任者(国交省所管)。不動産専門調停委員(東京簡易裁判所)。

著者紹介

改訂版 塩漬けになった不動産を優良不動産に変える

改訂版 塩漬けになった不動産を優良不動産に変える

相馬 耕三

幻冬舎メディアコンサルティング

バブル崩壊以降、買ったはいいものの収益を生んでいない賃貸物件や、地価の暴落でほったらかしになっている土地を抱える不動産オーナーは多くいます。ソニー生命の不動産整備などを実現してきた経験豊富な不動産コンサルタント…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧