不動産の高値売却を実現する「売買タイミング」の見極め方

前回は、「将来価値が高い」投資用マンションの条件について取り上げました。今回は、不動産の高値売却を実現する「売買タイミング」の見極め方を見ていきます。

不動産は「生き物」としてとらえる

資産価値の下がりにくい好立地の土地は、不景気でも不動産価格は下落しにくいものです。そのような立地条件の良いところに建っている中古マンションは古くなっても人気があります。市場価値が維持され、高価で取引されているためです。その面から考えても無理に新築マンションだけを狙う必要はありません。

 

たとえば、東京都港区の広尾駅の近くに、大手デベロッパーが1980年代に分譲した広尾ガーデンヒルズという立地条件の良い大規模マンションがあり、2017年現在も中古マンションとして人気です。約30年前とほぼ同価格で取引され、新築マンション並みの価値を保っています。

 

中古であっても新築であっても、重要なのは売買のタイミングです。現在の価格の動きや将来予測を見極めつつ、売買のタイミングをとらえることが大切になります。

 

これからの資産家は、不動産を生き物としてとらえて、より機を見るに敏の姿勢で賢く資産を運用し、かつ利用していったほうが、資産価値の維持ができ自分と家族が幸せになれると思います。

オリンピック前の2018年までが、高値売却のチャンス

なお、首都圏では、オリンピックに関連づけていうと、すでに2013年の秋以降建築資材の値段や労務費などが高騰し、土地も2016年まで値上がりしていますので、これから1〜2年はよほど希少価値のある物件以外は、新築マンションの購入を控えたほうがよいでしょう。

 

2020年の東京オリンピックに向けて盛り上がった景気も、開催直前になると一段落して、景気が下降気味になることが十分予想されます。これは他の開催国と同様であり、建設業界などのオリンピック需要が大幅に減退するのに伴って都心近郊の地価も下落に転じると考えられるためです。

 

東京オリンピック開催以降は、これまで高騰してきた建築費の下落、地価の下落によって新築マンションがより安価で売りに出されるでしょう。加えて重要なのは、日本の人口が減り、住宅実需も減少傾向になることです。

 

こうしたことから、マンション等の不動産を売るなら、高値売却するチャンスのある2018年頃まで。購入するならオリンピック開催後に不動産の値ごろ感が出てきてからです。今後の資産家は思い切った決断が必要となるでしょう。

 

現在買いを希望している人も、高額マンション等の不動産を探している場合は慎重になるべきです。一時的に賃貸物件に入居してでも、購入を控えることを検討したほうがよいでしょう。

「相続・事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「相続対策」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載塩漬けになった不動産から利益を生み出す方法

東京アーバンコンサルティング株式会社 代表取締役社長

1967年、慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、三菱信託銀行入社。本店不動産部配属となり、不動産仲介・鑑定・開発・各種コンサルティング業務に従事する。その後、米国ロサンゼルス支店融資課長、次長、本店国際不動産コンサルティング業務担当部長等を歴任し、1991年に米国三菱信託銀行(ニューヨーク)会長兼社長に就任。
95年、英国系国際不動産コンサルティング会社である日本ナイトフランク株式会社代表取締役社長に就任。97年に東京アーバンコンサルテング株式会社を設立、現在に至る。
不動産鑑定士。不動産カウンセラー(日本不動産鑑定協会)。不動産コンサルティング技能資格(国交省所管)。宅地建物取引主任者(国交省所管)。不動産専門調停委員(東京簡易裁判所)。

著者紹介

改訂版 塩漬けになった不動産を優良不動産に変える

改訂版 塩漬けになった不動産を優良不動産に変える

相馬 耕三

幻冬舎メディアコンサルティング

バブル崩壊以降、買ったはいいものの収益を生んでいない賃貸物件や、地価の暴落でほったらかしになっている土地を抱える不動産オーナーは多くいます。ソニー生命の不動産整備などを実現してきた経験豊富な不動産コンサルタント…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧