NZオークランド周辺で「高利回り物件」を探すには?

NZオークランドの物件は、ほとんどのエリアで利回りが低いものの、探し方を工夫すれば「掘り出し物」を見つけることも可能です。今回は、NZオークランド周辺で「高利回り物件」を探す方法をご紹介します。

情報取集力とスピードがあれば、最適な物件探しが可能

不動産を購入する際は、基本的に暖かく安全で乾燥した地域を選ぶことが大事です。賃貸市場は通常冬季に減速し、春になると売買が増加し、1月、2月、3月の夏季は繁忙期と言われています。

 

 

あなたの所有不動産が夏季にもかかわらず空室が続いている場合は、何か理由があるかもしれません。例えば、

 

①物件の場所

②交通アクセス

③単にガレージや屋外駐車場がない

④断熱材が施されていない(天井や床)

⑤暖房システムが良好でない

 

などが原因である可能性があります。

 

現在の市場で、家賃が他の物件とさほど変わりがない場合の引越しは、面倒なだけかもしれません。季節が変わり、テナント情報に基づいた意思決定ができ​​るように、プロパティマネージャーがサポートする必要があります。

 

また、プロパティマネージャーは不動産の状態をチェックし、テナントをより早くマッチングするため、テナントリストを活用するツールがあります。不動産が条件に合わない場合もありますが、プロパティマネージャーは、これらの優れたツールを活用して、投資家のために賃貸物件の空室をより早く埋めることができます。

 

●利回りの高い物件はどうやって探すのでしょうか?

利回りの高い住宅投資物件を探すには、いくつか候補地があります。オークランドの利回りはほとんどのエリアで低いですが、都市周辺の新しく建設された物件で掘り出し物を見つけることも可能です。また、以下の都市も利回りの高い候補地です。

 

○クライストチャーチ:南部にある都市。平均利回り5%以上の物件を見つけることができます。

○ファンガレイ:比較的割安で、5.5%の平均賃貸利回りを出すことができます。

○タウランガ:4%の利回り物件があります。

○ハミルトン:物件価格が上昇しているため、5%の利回りは期待できないものの、それに近い掘り出し物件を見つけることができます。

 

目標を達成させる物件を探すには、割安の買値で見つけなればなりません。しかし、売り手としては利益を多く取るためにできるだけ高い値段で売りたいので、交渉とタイミングが大切になります。

 

最適な物件を見つけ出すには、情報取集力とスピードが大切です。多くの情報を投資家に提供し、安定した利回りとキャピタルゲインを得られるようにアドバイスできる不動産エージェントを選ぶことが大切です。

売却時に「リノベーション」はするべきか?

投資家は自宅のバリューアップするためのアイデアを持っていますが、必ずしもリノベーションすべきとは限りません。余分なベッドルーム、スイート、ダブルガレージ、豪華な寝室を設置する必要はない場合もあります。

 

所有物件をバイヤーにとってより魅力的にするため、いくつかの書類を作成をすることはまだメリットがあります。

 

しかし、行動に移す前に、それが努力するだけの価値がある項目かを慎重に考えることが重要です。プロジェクトの構築やリソースの同意が必要な場合は、時間とコストがかかります(時間枠とコストは協議会によって異なります)。

 

オプションの重さを測るときは、リニューアルが潜在的な買い手にアピールするかどうかを検討することが不可欠です。

 

所有不動産が若い家族に人気があるのなら、書類作成は買い手にとって良いポイントになるかもしれません。しかし、庭の大半を占めるトリプルガレージを設置すると、屋外スペースを探している同じバイヤーには魅力的ではないかもしれません。

 

あまりに細かい部分に手を加えすぎると、一部のバイヤーだけにアピールすることになります。時間やコストをかけても、売れる物件になるとは限りません。

 

リノベーションなどによって物件が魅力的なものになれば、物件を売ることでかけたコスト以上のものを得ることが可能です。しかし、まずは長期的に成果を上げられるものなのかを、評判の良い不動産業者と事前に話し合うことが大切です。また、最大限の利益を確保するために、構築コストを一定の限度内に維持することも重要となります。

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国際資産分散」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載償却メリットでも注目!「ニュージーランド不動産」の最新事情

Goo Property JP(TERRY’s WAY株式会社) 代表取締役社長

1992年、奈良県天理大学中退。1993年、個人輸入代理店を起業。ITシステム開発会社のジョイントベンチャー設立などを経て、2003年、グルメデリバリーシステム株式会社(現:Terry’s Way株式会社)を創業。自ら開発した富良野メロンパンの移動販売を手掛け、2004年よりフランチャイズ募集を開始(2007年、100加盟店を達成)。現在は、Terry’s Way株式会社 FOOD事業部として展開中。

2009年、富裕層向け国際会計サービス HENRY INVESTMENT SERVICES pte.ltdを元PWC国際会計士と共同設立(本社:シンガポール)。海外金融サービスや投資スキームのコンサルティングサービス、富裕層開発のマーケッターとして、顧問社数は現在200社を超える。2014年より、海外投資サービスの一環として海外不動産投資のリサーチを開始。2015年、ニュージーランド不動産投資コンサルティングサービスを開始し、GOO Property NZ LimitedをNZ不動産エージェントと共同設立。GOO Property ジャパン (Terry’s Way株式会社)と共に不動産投資コンサルティングサービスを行う。
WEBサイト http://gooproperty.com/

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧