人生100年時代・・・老後に向けた「資産形成」は万全か?

今回は、人生100年時代における、老後に向けた「資産形成」の重要性を見ていきます。※本連載では、株式会社ベルテックス代表取締役・梶尾祐司氏の著書、『20代、30代の大家が急増中! 勝てる不動産投資』(株式会社パレード)の中から一部を抜粋し、若年層の資産形成に最適な不動産投資術を解説します。

サラリーマン世帯の平均貯金は「約700万円」

今、サラリーマン世帯の平均貯金は約700万円ぐらいといわれてますが、貯金ゼロの人もかなり増えているようです。

 

なぜそうなってしまうのでしょうか? もしかしたら、その理由は晩婚化と高齢化にあるかもしれません。結婚を意識しないで生活をしていると、自分の生活レベルは下げられないし、自由に使えるお金がたくさんあるので浪費をしてしまうのです。

 

最近は、一生シングルで過ごす人も増えていますが、結婚する人でもその年齢が上昇しています。平成26年度人口動態統計月報年計によると、平均初婚年齢は男性が31歳、女性が29歳です。ベルテックスのお客様を見ても20代で結婚している方は少ないですね。

 

晩婚化が進めば、当然子どもを産む年齢も高くなります。すると、自分が高齢になって子どもの教育費がかかるようになり、夫婦の老後どころではなくなってくるのです。

 

老後の蓄えがなかったら、これからくる長期高齢化社会を生き残っていくのは大変です。

 

最近ベストセラーの『ライフシフト100年時代の人生戦略(東洋経済新報社)』という本を読みました。

 

誰もが人生100年となりうる時代がくるという話です。その中でどう生き抜くか。働き方、学び方、結婚、子育てについて人生のすべてに対して意識改革ができる本です。目前に迫る長寿社会を楽しむバイブルといい換えてもいいかもしれません。

 

安心して長生きするためには100歳までを視野に入れて、資産を準備する時代に入ってきているということです。

老後の生活への圧迫が懸念される所得税・消費税の増税

悲惨な話ばかり続きますが、今後の増税も老後の生活を圧迫するのは間違いないです。

 

まず、所得税の増税です。

 

所得税の最高税率は40%から45%へ引き上げられています。一見、富裕層だけの話かと勘違いしてしまいそうですが、今後、年収の低い層への増税につながる可能性もあります。

 

また、サラリーマンの必要経費といわれる給与所得控除額も縮小されています。2016年では年収1200万円超の場合には控除額が230万円に縮小されましたし、2017年からは年収1000万円超の人も控除額を220万円に縮小されます。実質、個人の所得税の増税といえます。

 

さらに、消費税の増税は今のところ延期されていますが、おそらく東京五輪の前には10%まで引き上げられるでしょう。

 

老後資金に不安があれば、できるだけ長く働いて少しでも資金を蓄えることです。実際に企業でも定年退職の年齢を引き上げる動きがあります。公的年金の支給開始年齢が60歳から65歳へ徐々に引き上げられ、定年退職が60歳では空白ができてしまうからです。そこで60歳で定年退職を迎えても希望すれば65歳までは働けるようになってきてはいます。

 

しかし、これでも安心はできません。委託やパートという形になり、収入が大幅に減る可能性もあるのですから。

 

私たちの生活を取り巻く環境はここ数年で変わってきていることがおわかりですか? 書籍『20代、30代の大家が急増中! 勝てる不動産投資』第1章の世界規模でみても、その変化は著しいものがありますね。

 

何も対策を講じずにいると、気がついたときにはもう手遅れということになりかねません。

 

資産を形成するにはある程度時間はかかります。老後生活に突入してから何かをしようと思っても遅いのです。今すぐ行動を起こすべきときがきているのです。
 

 

あなたのライフプランシミュレーションをもとに不動産投資をリアルに疑似体験できる

「不動産投資疑似体験シミュレーション」についての解説はこちら

本連載は、2017年7月25日刊行の書籍『20代、30代の大家が急増中! 勝てる不動産投資』(株式会社パレード)から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には一部対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載20代、30代の大家が急増中――「勝てる不動産投資」の極意

株式会社ベルテックス 代表取締役

1986年、神奈川県生まれ。鹿児島県屋久島で育つ。
中堅ディベロッパーの営業職を経て、2010年に株式会社ベルテックスを設立し、代表取締役に就任。設立よりわずか6年で年商104億までに急成長させ、1日4回・ほぼ毎日、テーマ別の不動産投資セミナーを開催するなど、その顧客目線の経営手腕は業界でも注目されている。資産運用型マンション、アパート、マイホーム、新築中古問わず顧客のニーズに合わせて提供できるノウハウ、開発力がある。
「日本が誇るビジネス大賞」2017年度版に選ばれる。

WEBサイト https://vertex-c.co.jp/seminar/

著者紹介

20代、30代の大家が急増中!  勝てる不動産投資

20代、30代の大家が急増中! 勝てる不動産投資

梶尾 祐司

株式会社パレード

将来に不安を抱えた20代、30代人必見! 分かっている人はすでに不動産投資を始めています。 低金利時代の今こそ不動産投資が有利。 金融機関の資金で自分の資産を買い、入居者の家賃で返済していけば、数十年後には家も家賃収…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧