手間賃、無駄な工程が価格を上げる!? 住宅建築の落とし穴

今回は、手間賃、無駄な工程が価格を上げる、住宅建築の落とし穴を見ていきます。※本連載では、オーガニックで豊かな暮らしの家づくり推進協議会・会長で、明工建設株式会社の代表取締役・仁藤 衛氏の著書、『知らなきゃ損! 建てる前に必ず読む本』(知道出版)の中から一部を抜粋し、家づくりに潜む「7つの落とし穴」を明らかにし、それらを回避するためのポイントを解説します。

万が一の場合を見越して「費用を上乗せ」!?

その家の値段が高いのか安いのかは、ただ表面的に見積もりを見ているだけでは、けっこうわからないものです。目に見えないところこそ、差がついてくる部分です。

 

私は現場監督ですのでこの辺りの話は大得意なんですが、建築現場において、職人さんが現場まで出向いたのに、作業ができなくて戻ってしまうということがよくあります。現場では〝出戻り〟と呼ばれています。じつは、そういうことがあったときに備えて、高めに工賃を設定しておく会社もたくさんあります。10万円で済むはずの工事費が、15万円になっていたりするわけです。

 

先々の作業のことまで考えて、無駄を省いた工事過程を組んでいる優秀な現場であれば、職人さんを管理する体制もしっかりしていて、連携もスムースにおこなわれています。〝出戻り〟のような無駄は少ないのです。

 

一方、たくさんの現場を抱えている会社や、安い建材だけ入れて後はお任せといった、大雑把な管理をしているようなところですと、職人さんはそれぞれの工程まで細やかに対応するのは難しいでしょう。ちょこちょこ出たり入ったりで職人さんが時間を取られたりすると、その分の余計な経費がかかったり、または見積もられたりしています。

高価な断熱材の使用が、工事費の節約に繋がる場合も

たとえば、あえて高価な断熱材を使うだけで、電気工事費が下がることがあるのはご存知ですか?

 

断熱材の値段だけを見てみると、もっとも安いグラスウールやロックウールといった、壁の中に充填する安価な断熱材に比べて高くは感じます。ところが、高価な断熱材を使った作業は、一日で一斉に仕上げますので効率が良いのです。そのためには、事前に電気工事は終わらせておかなければなりません。大工さんも終わらせておかなければならない作業があります。

 

こういうつなぎ目的な工程のポイントをつくっておくと、だらだらと各専門の職人さんがほんの数時間ずつ登場するような作業日が減り、無駄なく効率良く工事が進んだりするのです。

 

細かい説明は省きますが、安価な断熱材を使うと、大工さんにとっては、作業の途中の要所要所で、電気工事をしてもらったりしたいわけです。そうすると、その数時間のためだけに来てもらったり、逆に、まだ作業ができない状態で待たせたり、そういう無駄が発生しやすかったりするのです。

 

工賃も入れたトータルで見ると、高価な断熱材を使ったほうが結局安く済み、しかも品質も高くなる。こういうことが他にもいろいろあります。さすがにこんな話は、営業マンでもわからないでしょう。現場を知っていると、本当にもったいないなぁということがよくあります。

 

最終的には、住んでみなければ施工精度はわかりません。そして、ここまで素人である施主さまが見積もりを読むのはちょっと難しいと思います。ただし、こういう目に見えているものの値段だけではなく、裏側の目に見えていない部分の無駄な工程、手間賃といった話まで、丁寧な説明をしてくれる人と家がつくれれば、同じ値段を支払っても、確実に品質の高い家がつくれるはずです。

本連載は、2017年8月15日刊行の書籍『知らなきゃ損! 建てる前に必ず読む本』(知道出版)から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には一部対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載現場歴36年のプロ直伝――家づくりに潜む7つの「落とし穴」の回避術

オーガニックで豊かな暮らしの家づくり推進協議会 会長
明工建設株式会社 代表取締役
明工建設株式会社一級建築士事務所 管理建築士 

1963年静岡生まれ。静岡県立島田工業高等学校建築科卒業後、地元の総合建設業社を経て明工建設株式会社に入社。一貫して現場監督を続けながら住宅、マンション建設、商業施設建設、公共工事と幅広く対応し、品質管理、工程管理、原価管理のスペシャリストとし て近隣の同業他社や設計事務所からの信頼は厚く、その広汎な知識や情報の教授を願うメーカーや同業者の相談は後を絶たない。
2015年、同社代表取締役に就任。現在は、会社経営の重責をこなしながらも、お客様へのご提案や工事段取りなどには直接対応してお客様第一主義を貫いている。一方、学力優秀な2男1女を育て上げた経験から「住まいと子育て」というテーマでの相談も数多く受けている。
主な資格は一級建築士、一級建築施工管理技士、一級土木施工管理技士、ハウジングライフ(住生活)プランナー、下水道排水設備工事責任技術者、住宅断熱施工技術者、静岡県耐震診断補強相談士、静岡県地震被災建築物応急危険度判定士。

明工建設株式会社HP http://www.meiko-gr.jp/

著者紹介

知らなきゃ損! 建てる前に必ず読む本

知らなきゃ損! 建てる前に必ず読む本

仁藤 衛

知道出版

家を建てた人の10人に6人が後悔している現実は建設業界の汚点でもある!ついに現場のプロが秘本音を暴露! 家づくりに役立つ情報が満載! 今、人気のオーガニックハウスでさえ1000万円台で建てられる!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧