資産運用 株式投資
連載「相場の福の神」が伝授!ネットや各種媒体からの「勝てる情報」の集め方【第7回】

プロの「コバンザメ」方式こそ株式投資の極意

株式投資日本証券新聞クオンツ型ウィークリーレポート

プロの「コバンザメ」方式こそ株式投資の極意

本連載では、「相場の福の神」として知られる藤本誠之氏の最新刊で、11月19日に刊行された『投資のプロが実践! 株で儲ける日経新聞の読み方』(リベラル社)から一部を抜粋し、ネットや各種媒体からの「勝てる株式情報」の見つけ方を伝授します。第7回目のテーマは銘柄探しの方法です。

ニュースと銘柄探しが結びついている『日本証券新聞』

「日経新聞だけで勝てる!」とわかっても、株式投資を知れば知るほど、さまざまな情報に触れてみたいと思うようになるはずです。例えば、機関投資家や証券会社のディーラーなど、プロの投資家や一部の個人投資家が読んでいる業界専門紙の『日本証券新聞』。機関投資家がこの新聞を読んでいるのは、ニュースにからんだ具体的な銘柄名が出ているからです。

 

[PR]資産運用セミナー/本稿執筆者が登壇!

相場の福の神が語る「日本株式相場の展望とココから狙える有望銘柄」<2017年2月版>

 

株式投資で、もっとも難しくもっとも面白いのは、なんといっても銘柄探しの部分でしょう。約3500もある銘柄の中から、「これぞ」というものを探して投資するわけですから、当たれば喜びも大きいものです。

 

日本証券新聞では、世間のニュースを「銘柄探し」と結びつけて紹介しています。例えば、新内閣が誕生すれば、新内閣の課題に関する銘柄もあげられます。ですから、ニュースを見て関連銘柄がすぐに浮かばないという人は、大いに参考にするとよいでしょう。

 

掲載されているのは、意外とわかりやすい思いつき的な銘柄名だったりもするのですが、継続して見ている人に対しては、刷り込み効果が期待できます。刷り込まれている人が多い=値動きの可能性が高いということ。株式投資では、刷り込みでも根拠がなくても、理由は何であっても、値動きするか否かが重要なのは、繰り返しお話ししている通りです。

上手に儲けている人の「マネ」をする

銘柄を探すには、いろいろな方法があります。チャートから選ぶのも一つの方法ですし、ニュースから自分で関連しそうな銘柄をイメージするのも、業界専門誌・紙に載っている関連銘柄を選ぶのも、どれも銘柄探しの方法です。

 

でも、どれが一番確実に儲かる銘柄探しの方法なのか、となると話は別です。そもそも、株価が上がりそうな銘柄を買ったからとて、買うタイミングを間違えれば逆に損をすることだってあり得ます。ですから、「確実に儲かる」というのは断言できません。が、「儲かる確率が高くなる」方法はあります。

 

それは、上手に儲けている人のマネをすることです。儲けている人が買った銘柄をすぐにマネして買って、売ったらすぐに同じように売ります。要するに、強い人の後をくっついて回り、おこぼれをもらうコバンザメになるのです。

 

その、「儲けている人」の動向を調べるために最適なのが、日本証券新聞です。とはいうものの、もちろん「こんなに儲かっている誰それさんは、いつ、こんな銘柄を買いました」なんて情報が載っているわけではありません。しかし、マーケットのことを考えればすぐにわかるはず。「儲けるのが仕事」というプロの投資家、つまり機関投資家・証券会社のディーラーこそがその人です。

 

「新規の投信が設定される」というニュースは、大手系の投信商品であれば、数百億から数千億円単位の資金を集めて運用するという情報です。「中小型」「高配当」など、投信商品に含まれる銘柄の顔ぶれが、すぐにイメージできる商品も少なくありません。特に、一定の基準以上の銘柄をピックアップする「クオンツ」型は、予想が簡単。ベンチマークに何を用いているのかを見極めれば、投信商品の募集締切日より前に、プロの先回りをして買っておくことすら可能です。

 

[PR]資産運用セミナー/本稿執筆者が登壇!

相場の福の神が語る「日本株式相場の展望とココから狙える有望銘柄」<2017年2月版>

 

実は、こうした、投信のニュースがいろいろと載っているのも、日本証券新聞のメリットなのです。クオンツ型のものなら、募集締切前に、現在運用中の同種の投信のウィークリーレポート(週次レポート)を見て組み入れ上位の内容を調べ、複数を買っておけば値上がり銘柄が当たる確率はかなり高くなります。あるいは「水関連銘柄」「環境関連銘柄」など銘柄が具体的に想像できるものなら、銘柄を自分のイメージで絞り込み、先回り買いするのもよいでしょう。

本連載は、2015年11月19日刊行の書籍『投資のプロが実践! 株で儲ける日経新聞の読み方』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

藤本 誠之

SBI証券投資調査部 シニアマーケットアナリスト

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト。「相場の福の神」とも呼ばれる。2012年Yahoo!株価予想で勝率第1位、39連勝の記録を持つ。テレビ・ラジオ等の出演や、新聞・雑誌への寄稿も多数。
関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)入社、個人営業を経て、機関投資家向けのバスケットトレーディング業務に従事。日興ビーンズ証券設立時より、設立メンバーとして転籍。カブドットコム証券、トレイダーズ証券、マネーパートナーズを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。
主な著書に『投資のプロが実践! 株で儲ける日経新聞の読み方』(リベラル社)、『朝13分で、毎日1万円儲ける株』(明日香出版社)、『上がる優待株を買いなさい』(自由国民社)、『39連勝男が教える これからはじめる株入門』(成美堂出版)などがある。

著者紹介

連載「相場の福の神」が伝授!ネットや各種媒体からの「勝てる情報」の集め方

投資のプロが実践! 株で儲ける日経新聞の読み方

投資のプロが実践! 株で儲ける日経新聞の読み方

藤本 誠之

リベラル社

"相場の福の神"こと藤本誠之が株式投資に本当に役立つ情報の見分け方や、確実に利益を上げる方法を教えます。「日本経済新聞のどこを読めばいい?」「これから上がる銘柄をどうやって探すの?」「ネタを速く仕入れるためにするべ…

資産運用セミナーのご案内 有料 20,000円 主催:カメハメハ倶楽部

相場の福の神が語る「日本株式相場の展望とココから狙える有望銘柄」<2017年2月版>

~半歩先読みで差がつく!勝てる成長株の探し方・買い方

講師 藤本誠之 氏
日時 2017年02月11日(土)
内容

※有料だからお話しできる内容満載で、リピート参加者多数!

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest