意外と知られていない「ニュースの値段」とは?

本連載では、「相場の福の神」として知られる藤本誠之氏の最新刊で、11月19日に刊行された『投資のプロが実践! 株で儲ける日経新聞の読み方』(リベラル社)から一部を抜粋し、ネットや各種媒体からの「勝てる株式情報」の見つけ方を伝授します。第6回目のテーマは「ニュースの値段」です。

「タダのニュース」は遅れて発信されているニュース

ネットを利用すれば、タダで情報が手に入る時代。しかし、有料の情報と無料の情報との間には、価値の違いがあるのです。その価値の一つが「時差」です。

 

最近は、新聞を読まないという人も増えているそうです。新聞に掲載される情報は、ネットで迅速かつタダで読めるからなのだとか。

 

[PR]資産運用セミナー/本稿執筆者が登壇!

相場の福の神が語る「日本株式相場の展望とココから狙える有望銘柄」<2017年9月版>

 

でも、ココにもアマチュア投資家が陥りやすいワナがあります。本来、ニュースとは対価を払って得るものです。だから、機関投資家はお金を出してニュースを買っています。

 

どういうことかというと、ブルームバーグやロイター、QUICK のニュース配信端末などの有料のソースを利用して、リアルタイムに情報をゲットしているのです。逆にいえば、ネット上でタダで読めるニュースは、リアルタイムの情報ではなく、遅れて発信されているニュースということです。

 

同様に、会社情報についても、無料で閲覧できるものと有料のものとでは内容が変わってきます。例えば、ポータルサイトの金融ページなどでは、PERなどの投資指標面の情報は、年4回発行される『会社四季報』(東洋経済新報社)に合わせて更新されます。しかし、機関投資家はもっと短いスパンで、週ごとさらには日ごとに更新される情報を買っているのです。

 

業績予想や不祥事などの前後では、バリュエーションも変わってきますから、自分が見ているデータはいつのものなのかは、常に気にしていなければなりません。

テレビとラジオなら情報スピードは「平等」だが・・・

では、アマチュア投資家はお金を使わなければ、プロの投資家に情報スピードで勝てないのでしょうか? 実は、お金を特にかけなくても平等な情報もあります。それは、テレビ・ラジオです。

 

とはいえ最近では企業側も心得ていて、合併や業績など経営に関わるニュースは、市場が閉まってから発表するケースが多くなっています。

 

場中に発表される重大なニュースを、幸い、テレビやラジオの速報でキャッチできた場合は、個人投資家にとってはチャンスといえるかもしれません。

 

例えば、2007年3月13日の高知空港で起きた、全日空機の胴体着陸の事故では、株式市場が開いて間もない午前9時過ぎ、高知空港に着陸しようとしていた全日空ボンバルディア機の前輪が出なくなったと報道されました。そのとたん、【9202】ANAホールディングス(当時は全日本空輸)の株価にも影響が現れ、株価が下がり始めたのです。
その間、テレビでは2時間にわたって、上空を旋回する同機の様子が中継され続けていました。

 

そして、前場も終わりに近づいた午前11時頃、ついに同機は胴体着陸に成功。乗客乗務員も全員無事と報道された瞬間から株価は上昇に転じ、終値は前日比4円プラスとなりました。この日の出来高は1700万株を超えて、前日の3倍超の大商いとなりました。それだけ、この銘柄に注目が集まったということです。

 

[PR]資産運用セミナー/本稿執筆者が登壇!

相場の福の神が語る「日本株式相場の展望とココから狙える有望銘柄」<2017年9月版>

 

地震や火山の噴火など、日本では、予期できない自然災害も多く、場中に発生することもあり得ます。本書の執筆中にも、2015年9月14日の午前中には、阿蘇山が噴火したとのニュースが流れました。ちなみに火山の噴火が起きた場合は、【2303】ドーンに注目です。阿蘇山の噴火の際も、ニュースが伝わった次の瞬間には、ドーンの株価が上がっていました。

 

同社は、消防車向けの緊急通報システムなどの開発を行っていますが、噴火そのもののつながりは非常に薄く、むしろその企業名で上がったものと思われます。

本連載は、2015年11月19日刊行の書籍『投資のプロが実践! 株で儲ける日経新聞の読み方』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載「相場の福の神」が伝授!ネットや各種媒体からの「勝てる情報」の集め方

財産ネット株式会社 企業調査部長

「相場の福の神」と呼ばれるマーケットアナリスト。
年間200社を超える上場企業経営者とのミーティングを行い、個人投資家に真の成長企業を紹介している。「まいど!」のあいさつ、独特の明るい語り口で人気。日興證券、マネックス証券、カブドットコム証券、SBI証券などを経て、現在は、財産ネット株式会社の企業調査部長。
ラジオNIKKEIで3本の看板番組を持ち、その他テレビ出演、新聞・雑誌への寄稿も多数。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジストAll About株式ガイド。
著書:『難しいことは嫌いでズボラでも 株で儲け続けるたった1つの方法』(SBクリエイティブ)など

著者紹介

投資のプロが実践! 株で儲ける 日経新聞の読み方

投資のプロが実践! 株で儲ける 日経新聞の読み方

藤本 誠之

リベラル社

"相場の福の神"こと藤本誠之が株式投資に本当に役立つ情報の見分け方や、確実に利益を上げる方法を教えます。「日本経済新聞のどこを読めばいい?」「これから上がる銘柄をどうやって探すの?」「ネタを速く仕入れるためにするべ…

資産運用セミナーのご案内 有料 20,000円 主催:カメハメハ倶楽部

相場の福の神が語る「日本株式相場の展望とココから狙える有望銘柄」

~半歩先読みで差がつく!勝てる成長株の探し方・買い方

講師 藤本誠之 氏
日時 2017年09月23日(土)
内容

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧