介護施設の見学時にチェックしたい「7つのポイント」②

前回に引き続き、介護施設の見学時にチェックしたい「7つのポイント」を見ていきましょう。今回は、職員の態度等から分かることを説明します。

あいさつは基本、職員の表情にも注目

前回の続きです。

 

■職員の態度

 

あいさつがきちんとできていることは基本です。職員の表情にも注目しましょう。職員がいつも疲れた顔をしていたり、投げやり・乱暴な声かけをしていたりするのは問題です。利用者になれなれしく接していたり、適当にあしらっていたり、あだ名で呼んだりといった行為も、サービス面で非常に問題があります。

 

また、見学時には案内役の担当者だけでなく、ほかの職員にも話しかけてみましょう。その際の対応がぞんざいだったり、つっけんどんな話し方だったりしたらかなり危険です。

 

ひとりの職員の態度がひどいというよりも、ほかに職員がいるにもかかわらず、見学者に対する態度について指導や注意をしていない状況ということですから、容認する施設側の運営姿勢が問題です。こういう施設は絶対に避けてください。

「素敵なところですね!」と利用者に声をかけてみる

■利用者の様子

 

利用者の表情や様子を確認しましょう。楽しそうか、生き生きとしているかどうかで、施設全体の雰囲気を間接的に知ることができます、また、利用者からのコールがずっと鳴りっぱなしだったり、利用者が放置されたりしていないかもチェックしましょう。

 

もっとも分かりやすいのは、利用者に「素敵なところですね!」と声をかけて、その反応を見ることです。施設をほめているような話し方をすれば嫌味に聞こえません。数人に話しかけて「よくしていただいています」などとよい答えが返ってくることが多ければ安心ですが、戸惑ったような表情やあいまいな反応が多ければ注意が必要かもしれません。

 

■見学の時間帯

 

昼食時は1日の中で最も慌ただしい時間帯ですが、だからこそ施設職員の対応のよし悪しが見分けられます。食事はあたたかい状態で出されているか、食事の介助を利用者のペースに合わせているか、職員の数は足りているかなどを判断できます。

 

この話は次回に続きます。

本連載は、2017年6月23日刊行の書籍『人生を破滅に導く「介護破産」』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。介護保険サービスの金額は、社会福祉法人サンライフの金額を参考に記載しています。実際の金額は利用する施設などへお問い合わせください。本来、施設の種類によって「入居」「入所」と書き分けるべきですが、文章の分かりやすさに配慮し、すべて「入所」に統一しています。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載介護破産を回避する「介護サービス」「施設選び」のポイント

社会福祉法人サンライフ/サン・ビジョン 理事・最高顧問

設計監理事務所経営後、1984年都市住宅研究所を設立。1987年社会福祉法人サンライフ、1996年社会福祉法人サン・ビジョン創設を経て、介護、住宅、医療、児童福祉事業を愛知県、岐阜県、長野県にて展開。

1995年、アメリカ合衆国カリフォルニア州ジョン・F・ケネディ大学より名誉博士号授与。2004年、米国International Leadership Foundationより2004年Leadership賞を授与。2006年、愛知県老人保健施設協会監事就任。2007年、アメリカ合衆国連邦政府保険省高齢者庁より表彰状授与。2009年より全国個室ユニット型施設推進協議会副会長。2010年、介護老人保健施設事業功労者厚生労働大臣賞受賞。2014年、全国ノーリフト施設協議会代表理事就任。同年春の藍綬褒章受章。2015年、一般社団法人愛知・名古屋ふくしネットワーク代表理事、一般社団法人国際介護士協会代表理事就任。2016年、一般社団法人名北労働基準協会理事就任。

著者紹介

人生を破滅に導く「介護破産」

人生を破滅に導く「介護破産」

杢野 暉尚

幻冬舎メディアコンサルティング

介護が原因となって、親のみならず子の世帯までが貧困化し、やがて破産に至る――といういわゆる「介護破産」は、もはや社会問題の一つになっています。 親の介護には相応のお金がかかります。入居施設の中でも利用料が安い特…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧