経理業務の「アウトソーシング」が会社のスリム化に有効な理由

今回は、会社のスリム化に有効な「経理業務のアウトソーシング」について見ていきます。※本連載は、株式会社アックスコンサルティング代表取締役・広瀬元義氏の著書『社長さん!経理はプロに任まかせなさい!』(あさ出版)の中から一部を抜粋し、ムダをなくす経理管理についてわかりやすく解説します

黒字企業が経理にかけている費用は、粗利益の2%程度

読者の皆様に質問があります。あなたの会社では、売上などの数字に対して、いくらまで経理部門に関する経費をかけていいか、そのような観点で経営をしているでしょうか。

 

営業部門であれば、広告宣伝費は売上の10%以内というように、基準を決めて行っている場合が多いと思います。また、メーカーであれば、人件費をのぞく原材料費は、製品価格の30%以内というように、会社ごとに決められた数値があるはずです。

 

ところが、不思議なことに経理となると、その基準をもって運営している会社はほとんどありません。黒字企業の多くが経理にかける、いわゆる間接費用は、粗利益の2%程度となっていることがある調査で明らかになっています。また赤字企業の場合、それが4~5%に跳ね上がっています。

 

[図表1]黒字企業・赤字企業の経理コスト

 

仮に、従業員数100名、売上高10億円、粗利益が2.5億円の会社があるとしましょう。この会社の経理コストの基準は次の通りです。

 

2.5億円 × 2% = 500万円

 

ですから、この規模の会社になってはじめて、経理社員を一人だけを雇うことができます。パートタイマーになれば、正社員の人件費の3分の1程度ですから、半分以下の規模でようやく1名おくことになります。

 

もちろん、その前に、経理作業全体のスリム化が大前提です。何度も申し上げていますが、スリム化をした上で、外注に出したほうがトータルでコストが下げられるからです。

経理業務のアウトソーシング化で費用を圧縮

また、経理担当者を一人雇えるからといって、その担当者に単なる会計処理や経費精算などのルーティンワークをさせてはいけません。毎月の会計処理、経費精算にはじまり、年一回の決算までを含めて、すべてアウトソーシングしてください。そのほうが、間接業務にかかる費用を抑えられます。

 

そして、その人件費で、財務担当者として、一人の経理マンを雇うというのも選択肢の一つです。もしくはまとめて会計事務所に任せるのも一つの方法です。

 

[図表2]経理業務のマトリクス

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「法人の財務改善」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載従業員30名以下なら担当は1人で十分!? 「経理業務」改革の進め方

株式会社アックスコンサルティング 代表取締役

1988年、会計事務所とその関与先の成功を支援するコンサルティング専門会社として創業。会計事務所の経営支援、一般企業の経営支援、資産家の不動産コンサルティングを中心に業務を展開。
2010 年、相続・贈与に取り組む専門家のネットワーク「アックス資産税パートナーズ®」を発足、「相続・贈与相談センター®」としてサービスを展開。
2011 年、スモールビジネスの成功を支援する会計事務所の全国フランチャイズ「Q-TAX®」を発足。
2014 年、クラウド会計ソフト「ハイブリッド会計Crew」サービスを開始。会計事務所および経営者向けセミナーの講演は年間50 回以上。これまで出版した著書は45冊以上、累計発行部数は48万部を超える。

著者紹介

社長さん!  経理はプロに任まかせなさい!

社長さん! 経理はプロに任まかせなさい!

広瀬 元義

あさ出版

「会社のお金の流れ」はよく人間の血液にたとえられます。血液と同様に、お金の流れがとまれば、会社を継続させていくことはできません。 そこで本書は、このような不安定な経営から脱するための方法として、経理部門の仕事を…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧