その他 スリランカへGO 海外メディア
連載スリランカと中国のFTAの行方【最終回】

スリランカは地政学的なアドバンテージを生かせるか?

スリランカ中国FTA

スリランカは地政学的なアドバンテージを生かせるか?

中国と自由貿易協定(FTA)を結ぶことは、貿易の拡大面だけでなく、中国が推し進める世界規模のネットワークに参入する意味でも、スリランカにメリットがあると考えられます。また中国サイドから見ても、スリランカは地政学的な面で非常に重要な存在として捉えられています。

中国の戦略上重要となるスリランカの「地理」

貿易関係というものは、商業的な利益のみに左右されるわけではなく、そこには地政学が大きな役割を果たす。スリランカは中国が重要視する海のシルクロードの中でも、肝要な位置にあり、経済的なサポートだけでなく政治的な結びつきも強めようとしている。

 

スリランカの産業は中国のそれと競えるほどの力は持たない。そのため自由貿易協定をきっかけに、スリランカの市場が中国に支配されるのではないかと怯える産業もいくつかある。しかし、逆に言えばスリランカには強固な経済モデルを構築するための素晴らしいチャンスにもなると言える。中国と関わりを深めることで、経済や民間セクターの競争力が強化される機会にもなる。

政権交代でFTA協議は停滞しているが・・・

2014年におきたスリランカでの政権交代により、それまでの親中外交はバランス外交に移行した。その影響もありFTAの協議は現在進んでいない。しかし協議を再開させることは、50年以上も両国を結び付けてきた経済と政治の両側面にとって意味があることではないだろうか。

 

15世紀の鄭和の航海が、政治・宗教目的の他に、商業目的もあったことを振り返ってみても、中国にとってスリランカはアジア内貿易と国際貿易の中心なのだと分かるだろう。

 

鄭和に捕らえられたヴィラ・アラカイスワラ国王は最終的には釈放され、スリランカへと帰国した。しかし、外国での監禁による屈辱から立ち直って国王が復権する望みはなかったも同然だった。国王と同じく人質となった者達は、中国から送り込まれたシンハラ王国の王位継承者と共に、1414年にスリランカに帰国したのだが、帰国したその土地は以前より政治的に安定し穏やかになっていた。1415年にはパラクラマバーフ4世による55年の長期政権が始まり、中国の皇帝より庇護を受けていたものは失脚し、後にコーッテ王国と呼ばれる国が誕生したのである。

この連載は、GTACが提携するスリランカのメディア「ECHELON」が2015年10月に掲載した記事「Big Idea – Openness – Dealing With The Dragon」を、翻訳・編集したものです。

ECHELON

『ECHELON(エシュロン)』は、スリランカの三大ビジネス誌のひとつ。著名な経営者・ビジネスパーソンのインタビュー記事から、同国の金融・経済・投資・不動産などの最新事情、ラグジュアリーなアイテムやライフスタイル等の記事を幅広く掲載。経営者層やハイクラスなビジネスパーソンなど、同国の物的・知的富裕層を多数読者に抱える。(写真はチェアマンのChanna De Silva氏)

著者紹介

連載スリランカと中国のFTAの行方

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest