長期投資では「企業の短期利益予想」が無視できる理由

今回は、長期投資では「企業の短期利益予想」が無視できる理由を見ていきます。※本連載は、さわかみホールディングスの代表取締役で、日本における長期運用のパイオニアとして知られる澤上篤人氏の著書、『これが長期投資の王道だ』(明日香出版社)より一部を抜粋し、株式「長期投資」の極意を紹介します。

「企業の利益予想」は短期投資家にとって重要だが…

マーケットでの株価変動は、株式トレーダーや短期投資家にとっては飯のタネである。年がら年中それこそ朝から晩まで、相場を追いかけては値ザヤ稼ぎをしようとする人たちからすれば、株価が上でも下でも動いてくれないと困る。飯の食い上げとなってしまう。

 

彼らは株価が人気化してくれるかどうかの材料を、あれやこれやと追い回す。その中で、とりわけ企業の今期あるいは来期の利益予想の修正は大きなインパクトを持つ。それが故に、株式市場では彼らのみならず多くの投資家が最新の利益予想に一喜一憂するわけだ。

長期投資は「株価が上がるまで保有」すればよい

よく株式市場では、円高で企業の利益予想が下方修正されるとかを騒いで株価が大きく下げたりする。これも同じこと。円高イコール企業の業績にマイナスという、昔からの固定概念で条件反射の売りを出してくる。

 

われわれ長期投資家からみれば、今期来期の利益予想や業績数字といったものは、ほとんど無視である。そんなもの、株式トレーダーや短期投資家たちがマーケットで食い散らかした残りカスにすぎない。

 

なにしろ、彼らは株価を追いかけるのを仕事としているから、すべてにおいて動きが早い。したがって、最新の利益予想も即座に株価に織り込まれてしまう。

 

さらにいえば、株価の先行性というものも忘れまい。株価はいつでも業績や景気動向に半年から1年は先行するといわれている。昔から、相場は理外の理にあふれているといわれるが、株価の先行性もそのひとつである。

 

ともあれ、企業の利益成長によって投資価値が高まっていってくれれば、株価も上がりやすくなる。それは間違いない。経済情勢やマーケット環境によって、株価が長期低迷することはあるとしても、投資価値の高まりはいずれ株価上昇に反映される。

 

いつか、どこかで株価上昇に反映されるのであれば、その時までずっと株主として保有し続ければいいだろう。保有している間にも、株価が大きく売られたりしたら、どんどん買い増していくだけのこと。

 

ここに、長期投資家の考え方が凝縮される。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載難しい理論やテクニックは不要!株式「長期投資」の極意

さわかみホールディングス 代表取締役

1971年から74年までスイス・キャピタルインターナショナルにてアナリスト兼ファンドアドバイザー。その後、80年から96年までピクテ・ジャパン代表を務める。96年にさわかみ投資顧問を設立し、99年に日本初の独立系投資信託会社であるさわかみ投信を設立。販売会社を介さない直販にこだわり、長期投資の志を共にできる顧客を対象に、長期保有型の本格派投信「さわかみファンド」を運営している。同社の投信はこの「さわかみファンド」1本のみで、純資産は約3000億円、顧客数は約11万5000人を超え、日本における長期運用のパイオニアとして熱い支持を集めている。

著者紹介

これが長期投資の王道だ

これが長期投資の王道だ

澤上 篤人

明日香出版社

長期投資の第一人者が「本物の株式投資」実践法、その全てを初公開! 構想に8年をかけた「長期投資、実践の書」がついに完成。本書は、これまで踏み込んでこなかった長期投資の考え方から実践法まで、余すところなく解説。株…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧