中国との関係強化で狙うスリランカ経済の発展

スリランカにとって、巨大なサプライチェーンや貿易圏に参入するチャンスがある中国との自由貿易協定(FTA)の締結。中国との二国間関係を強化することで、貿易外でもスリランカの発展につながることが期待できます。

「伸びしろ」が十分にある、中国からの直接投資

世界第2位の経済大国である中国は、自らを投資家・貸し手・貿易パートナーを自任している。スリランカは、国際貿易の交差点に位置するその戦略的ポジションにより、貿易パートナーとしては規模が小さいのにもかかわらず、中国の興味を惹くことが出来た。ここに二国間関係を更に強化するチャンスがある。

 

香港を含む中国からのスリランカへの直接投資は、2013年に4億ドルに到達した。その額自体は、同年の中国の海外投資のうち僅か0.2%で、伸びしろは十分にある。もしスリランカが信頼を獲得できれば、直接投資が大幅に増加することが見込める。2013年には、中国は世界全体の直接投資のうち7%をも担っていた。また近年、中国政府はスリランカのインフラ整備に対する中心的な貸し手のひとりとして存在感を増してきている。

観光産業でも大きくなっている中国の存在感

観光産業はスリランカにおける成長分野であるが、スリランカへの観光客を国別で見た時に、中国は2番目に多い国に位置している(一番多いのはインドからの観光客)。そして全観光客における割合でも、中国人旅行客は10%以上を占めている。この数は増えており、2015年7月は前年177%を超え、増加率においては一番高い。


直接投資・インフラ融資・観光産業のいずれも、スリランカの経済成長を促すのに大きな役割を果たす。この結果、中国との貿易量が増加することで連携が強化され、自由貿易協定にも良い影響を与える。世界人口の6人にひとりという巨大な人口を抱える中国人との結び付きを深めることで、中国からのさらなる直接投資・対外支援・観光客の増加が期待できるのだ。

この連載は、GTACが提携するスリランカのメディア「ECHELON」が2015年10月に掲載した記事「Big Idea – Openness – Dealing With The Dragon」を、翻訳・編集したものです。

「スリランカへGO」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外メディア」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載スリランカと中国のFTAの行方

『ECHELON(エシュロン)』は、スリランカの三大ビジネス誌のひとつ。著名な経営者・ビジネスパーソンのインタビュー記事から、同国の金融・経済・投資・不動産などの最新事情、ラグジュアリーなアイテムやライフスタイル等の記事を幅広く掲載。経営者層やハイクラスなビジネスパーソンなど、同国の物的・知的富裕層を多数読者に抱える。(写真はチェアマンのChanna De Silva氏)

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧