レンジ相場 VS トレンド相場・・・FXで儲けやすいのは?

今回は、「レンジ相場」と「トレンド相場」における儲けのタイミングの掴み方を見ていきます。※本連載は、株式アナリストとして知られる秋津学氏の著書、『FX黄金セミナー 時給より「分給」で稼げ!』(毎日新聞出版)の中から一部を抜粋し、FX投資で勝つための実践的な知識とテクニックをご紹介します。

「トレンド相場」のほうが儲けやすい理由

<知恵②>

狭いレンジ相場は儲からないぞ


トレンド相場には、下記の図表のように上昇相場と下降相場の2種類ある。そしてもう一つ、レンジ相場があり、一般に為替相場の大半がレンジ相場で、上昇・下降のトレンド相場との比率は、2・6・2と考えてよいと思う。相場経過時間の観点で、レンジ相場で儲けられる時間はおよそ60%というわけだ。トレンド相場に比べ期間は長いが、トレンド相場とレンジ相場のどちらで儲けやすいかと問えば、正解はトレンド相場だ。

 

たとえば上昇相場では、価格が安い位置から上昇する状態が続くので、安い価格で買って、高くなったところで売れば、当然に利益がでるから、トレンドに乗れるだけで利益を膨らますことができる。

 

対極にある下降トレンドでは、高い価格で売って、トレンドに乗って、安くなった価格で買い戻せば、利益を大きくとれる。しかし、レンジ相場では、そうはいかない。時間的には長いのだが、次のような戦術が有用だろう。

レンジの値幅が広めなら、買いとカラ売りを繰り返す

①レンジの幅に関心をもて

 

一定の広めのレンジの値幅を利用できれば、上値ラインと下値ラインの間の往復の値動きで、買いとカラ売りを繰り返せれば、儲けることができる。このレンジ幅が狭くなると、「ちゃぶつく」という表現するように、値動きが不安定となり、かなり売買が難しくなる。従ってスプレッドの損ばかりが積み重なり、また勝率が悪くなり、効率的なトレードと言えない。こうしたわずかな値幅の往復トレードで稼ぐことは、消耗戦なので、トレンドができるまで待つことを勧める。

 

[図表]儲かる相場と儲からない相場

 

②ボックス放れに仕掛けよ

 

方向性がなく、一定の値幅で行ったり来たりを繰り返すちゃぶつくレンジ相場で儲けるには、注文に工夫をこらす必要がある。逆指値注文でレンジを上放れあるいは下放れする位置に注文を予め出しておき、いざボックス放れが起きれば売り買いが成立し、新しいトレンド相場のスタートに乗れるという戦術プランを使える。つまり、レンジ放れのタイミングを待ち伏せ作戦でキャッチし、以後伸びるだろう利益を確保する方法だ。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「外国為替」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載効率のよい時間帯、レンジ相場vsトレンド相場・・・FXで稼ぐ「実践的」知恵と知識

株式アナリスト 

アットホームで実践的な株チャート研究会「積乱雲」や「秋津学の株e学習」塾を主宰し、幾多の黒帯投資家を輩出してきた株投資ナビゲーター。海外のカリスマ・トレーダーについて造詣が深い投資ジャーナリストでもある。
著書に、株練習帳ブームを起こした「株価チャート練習帳」を始め、鋭い筆鋒で「会社四季報」を批判した「裏読み『会社四季報』」(角川oneテーマ21)や「勝率9割を目指す 株価チャート練習帳」「『雲と線』私だけの株・FX 教科書」(共に毎日新聞社)などがある。
またKindle 電子書籍には「『株スイング』錬金術」「『株デイトレ』錬金術」「もうだまされない! 株式相場のダマシを簡単に見抜く法」「『移動平均線』満足度99%の株売買術」「最強の株ワザ25」「大きく稼ぐトレーダーは『ブレーク法』を使う」「大きく稼ぐトレーダーは『ロスカット』が上手」など多数。英国大学元客員フェロー(Ph.D.)。

著者WEBサイト:https://akitsumanabu.wordpress.com/

著者紹介

FX黄金セミナー 時給より「分給」で稼げ!

FX黄金セミナー 時給より「分給」で稼げ!

秋津 学

毎日新聞出版

FXトレード本をいろいろ読んだけど、儲からなくてあきらめた、少額資金で「億リ人」になる夢がかなわない、自信喪失のトレーダーに交じって、新しい挑戦者も増えているFX市場。着実に儲ける「銭活」「分給」に挑戦をしてみませ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧