年末に向けてますます活況を呈するNZの住宅「オークション」

12月のニュージーランドは引っ越しシーズンであり、住宅オークションが盛んに開催されています。いい物件を手に入れるためには、ニュージーランドにおける季節需要やオークションのシステムを知っておく必要があります。

クリスマスや新年を「新居」で過ごしたがるNZの人々

街にはすっかりクリスマスのデコレーションが施され、何となく気ぜわしい季節となりました。この時期、我々不動産販売コンサルタントは、ラストスパートで物件の営業を行います。というのも、12月はクリスマスの準備だけでなく、引越の準備を始める時期でもあるからです。


ニュージーランドでは、クリスマス前の新居への引越が好まれます。そのため、不動産販売は、9月、10月、11月の3ヶ月が勝負です。売り手も買い手も、ベストな形での家探し、新居の準備をするのです。

 

[PR]12月21日(水)開催 無料セミナー/本稿執筆者が登壇!

資産分散と償却メリットを狙った「ニュージーランド不動産」活用法

 

一方、不動産の新規リストが多く出てくるこの時期は、賃貸物件に住んでいるテナントさんたちも家の借り換えをする方が多く、やはり、「クリスマス、年始は新居ですごしたい!」との思いが大きいようです。

 

また、市内の学生相手の賃貸アパートメント(マンション)は、夏休みに入った学生たちが実家に戻るため、一旦、12月初旬、早い人では11月末で賃貸契約を解除します。そして、翌年2月に再契約を行います。

 

学生たちの2ヶ月にわたる家賃節約の策のため、年末年始にかけて市内賃貸アパートメントは空室となります。もちろん、卒業等で出ていく学生もいますので、新年度の新入生との入れ替えも発生します。

 

賃貸管理マネージャーはこの時期、超繁忙期となります。不動産売買契約に必要な弁護士事務所も、12月20日から1ヶ月間休むところが多く、何としてでも、12月中旬までには家の売買が終了できるよう、我々も全力投球するのです。

 

とはいえ、1月初旬より開業する弁護士もいるため、家の売買が全面ストップすることはありません。年末年始の休暇でニュージーランドへ旅行に来た人が、不動産を見に行ったところ非常に気に入り、1月初旬に売買契約を結びたいと申し出た・・・というようなケースは多々あります。そんなときのために、不動産会社の中には、営業中の弁護士事務所を事前に調べ、対応できるようにしているところもあります。

現地でネガティブ報道もあるオークションだが・・・

さて、最近の新聞記事では「オークション結果が悪い」「オークション会場から中国人が消えた」といった内容が取り上げられるなど、メディアは騒いでいるようです。確かに、一方ではそうのような状況はあるものの、現実には、オークション後2週間内で契約依頼が出て、売買はきちんと成立しているのです。

 

先日の木曜日の夜、定例オークションナイトがあり、大勢の顧客が参加しました。80万ドルから始まった物件は4組が競い合い、121万ドルでストップ。オークショナーは、家主と一旦打ち合わせ、「オン・ザ・マーケット・・・!」。

 

これにより、「この金額で売るが、もう一度高い金額が出るよう、再度オークションを始める」という交渉が成立し、オークショナーは再度オークション会場へ向かいます。

 

この「オン・ザ・マーケット」という言葉が、オークション時にはとても大切です。人々は、家主が売るであろうと思う最低金額を見極め、競り合います。「希望価格に到達していないのに競り合っても仕方ない」と考えるベテランバイヤーは、「オン・ザ・マーケット」の言葉を聞くまで、他の人々の様子をじっくり見ているのです。

 

この言葉がオークショナーより発せられたら、バイヤー達は、いよいよ真剣に手を挙げて始めます。121万ドルから再開し、122万ドル、123万ドル・・・と上がり、123万ドルでSOLD!  成立です。木曜日のオークション勝利者は、中国人カップルでした。

 

4ベッドルームに2バスルーム、アウトドアーの芝生も完備、バーベキューなど楽しむことができる物件です。2階には広い第二のリビングスペースがあり、大家族で住むにも便利なデザインの家です。

 

[PR]12月21日(水)開催 無料セミナー/本稿執筆者が登壇!

資産分散と償却メリットを狙った「ニュージーランド不動産」活用法

 

一方、売りリストに上がって間もない物件の場合、オークション日を大幅に前倒しし、広告を出すこともあります。その場合、一週目で契約依頼が出たりします。家主にとって、その金額が満足いくものであると、一般公開でもオークションをします。オークショナーは、初めに契約依頼をしてきた方の金額を発表し、そこから競い合います。

 

他に買い手が出なければ、最初の希望者の提示金額で売買成立ということになりますが、時として、別の競争相手が金額を上げて提示し、最初の方が購入を逃すこともあります。家主にとっては非常に効率のよい売却営業であり、早くに売れるわ、期待額より金額が大幅に上がるわで、うれしい悲鳴です。

 

1年間、こういう形で我々は不動産の営業をしておりますが、特にこの春・夏に向けての熱い戦いは、売る方・買う方・お世話をする不動産業者、みんなが熱くなる季節なのです。

てすと
熱意のこもったオークションの参加者と、進行を見守る一色良子氏
一色 良子

Goo Property NZ Ltd. 代表取締役社長

1982年、大阪女学院短期大学英語科卒業。カリフォルニア大学デイビス校留学。帰国後、旅行会社のツアーコンダクターに従事。1987年、ニュージーランドツアーの添乗を機に、移住希望を持つ。

1995年1月の阪神・淡路大震災を経験し、1996年に移住を実現。 自己の居住用物件さえあれば、落ち着いて生活ができると感じ、ワンルームマンション購入を実行。その経験を生かし、不動産業界に参入。当時インターネット環境が整いつつある中、日本語ウェブサイトを開設し、留学・観光・不動産投資についてのコンサルティングを始める。

現在、ニュージーランドの大手不動産売買仲介会社であるHarcourts New Lynn(ハーコウツ・ニューリン)支店にてセールスコンサルタントとして活動しながら、日本人のための投資コンサルタント会社Goo Property NZの代表としても活躍中。

著者紹介

連載償却メリットでも注目!「ニュージーランド不動産」の最新事情

海外不動産セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

資産分散と償却メリットを狙った「ニュージーランド不動産」活用法

~現地専門家が伝えるNZ中古不動産市場の最新事情と日本人としての投資法

講師 伊藤哲次氏
日時 2016年12月21日(水)
内容

・ニュージーランド経済と投資環境の最新事情

・NZ中古不動産市場の現状と展望

・NZ不動産取引の仕組みと日本との違い

・購入までのスケジュール、諸費用等について

・築古、建物比率の高い案件を中心に物件情報も公開

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest