女性の薄毛・・・どのような種類や症状があるのか?⑤

前回に引き続き、女性の薄毛(脱毛症)には、どのような種類や症状があるのかを見ていきましょう。今回は、「脂漏性脱毛症」「牽引性脱毛症・圧迫性脱毛症」の概要を説明します。

頭皮の過剰な皮脂分泌が原因で起こる「脂漏性脱毛症」

●脂漏性脱毛症

 

「脂漏性脱毛症」は、皮脂腺の炎症(脂漏性皮膚炎)などが原因で起こる脱毛症です。頭皮に湿疹や、強いかゆみ、痛みがあり、ふけが多いのが特徴です。

 

何らかの原因により皮脂腺に過剰に皮脂が分泌され、皮脂が毛穴をふさぐことで、毛穴周辺部や毛根が炎症を起こすものです。皮脂でふさがれた毛穴の内部で雑菌などが繁殖し、毛根にダメージを与えて毛髪を抜けさせてしまいます。

 

通常、多少の皮脂で髪の毛が抜けることはないので、脂漏性皮膚炎による脱毛は相当に重い状態といえます。また、脱毛の症状が出る頃には湿疹やかゆみは強くなっている場合が多くなります。

 

まずは脱毛の症状が始まる前に、治療によって脂漏性皮膚炎を改善することが重要です。

 

〈症状の特徴〉

●抜け毛が起こる前に、頭皮に強い炎症が出る。

●強いかゆみ、痛みがある。

●ふけが多く出る。

●頭皮に赤みがある。

 

〈原因〉

・ホルモンバランスの乱れ

・間違った頭皮ケア

・ヘアワックス、スプレーの多量使用

・シャンプーのしすぎや、すすぎ残し

・食生活の乱れ・睡眠不足

毛幹が破壊されることで起こる「牽引性脱毛症」

●牽引性脱毛症・圧迫性脱毛症

 

「牽引性脱毛症・圧迫性脱毛症」とは、ポニーテールなど髪を結ぶヘアスタイルや、ヘアピン、カツラなどの物理的な力によって、毛が引き抜かれたり、毛幹が破壊されたりして起こる脱毛症です。常に同じ分け目にしたりすることも牽引性脱毛症を引き起こすことがあります。

 

長年、同じヘアスタイルや髪の分け方をしていて、常に同じ部位に負荷がかかっている状態が続くと、髪の毛が切れたり、弱ったりしてしまいます。それによって地肌が透けて見えたり、局所的に髪の密度が減ってしまったりするのです。

 

そこで、いつも同じヘアスタイルにするのではなく、髪の毛を結ばずに下ろしたり、分け目を変えてみたりすることも対策のひとつになります。

 

〈症状の特徴〉

●髪の分け目の地肌が見えやすくなる。

●ポニーテールなど髪の毛を束ねて結んでいる部分の密度が減ってくる。

●切れ毛、枝毛が目立つ。

●易脱毛性ではない(引き抜きテストで簡単に抜けない)。

 

〈原因〉

・長年、髪の分け目を変えていない。ポニーテールなどによって毛幹部分への外的負荷がかかっている。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「健康」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載薄毛改善の第一歩! 発毛・育毛・薄毛のメカニズムとは

医療法人社団セレス 理事長
青山セレスクリニック(青山院・川口院) 理事長
船橋中央クリニック 院長 

慶應義塾大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院に勤務。2003年に船橋中央クリニック、2013年には青山セレスクリニックを設立し、医療法人社団セレス理事長に就任する。2017年青山セレスクリニック川口院を開設。体のあらゆる悩みに対して的確にアドバイス・治療を提案する「美のコンシェルジュ」として、女性の薄毛治療のほか、エイジングケア治療、美容整形、医療レーザー脱毛、美肌治療等を行う。それぞれの施術のメリット・デメリットを明確に提示し、患者が効果を実感できるサービスのみを提供している。日本外科学会専門医、日本美容外科学会専門医、日本美容皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会会員、日本医師会会員。

著者紹介

専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本

専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本

元神 賢太

幻冬舎メディアコンサルティング

いつまでも若々しく美しくありたいと願いながら、髪の悩みに関しては「結局、歳には勝てない」とあきらめてしまう女性が多いという現実……。「美のコンシェルジュ」として、10代から70代までと幅広い女性たちの薄毛の悩みを解…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧