なぜ「AGA(男性型脱毛症)」は男女関係なく発症するのか?

前回は、薄毛に悩む女性も知っておきたい「男性の薄毛のメカニズム」について説明しました。今回は、なぜAGA(男性型脱毛症)は男女関係なく発症するのかを探ります。

毛周期の「成長期」が短くなり、細く短い毛ばかりに…

AGAになると、髪の毛には何が起こっているのでしょうか?

 

中で、髪は成長期に伸びていきますが、AGAではこの成長期が短くなり、休止期にとどまってしまう毛包が多くなると考えられます。

 

普通は男性で3~5年、女性で4~6年とされる成長期が短くなることで、毛が充分に成長できず、太く長く成長しないうちに抜け落ちてしまったり、成長不足の細く短い毛ばかりの状態になったりします。この、もともと太く硬い硬毛が柔らかくて細い軟毛になることを「軟毛化」と言います。

 

さらに年月をかけて毛包自体が小さくなり、毛周期全体が高回転で回ってしまう「ミニチュア化」が起こることが、AGAの本質です(以下の図表を参照)。

 

[図表]ミニチュア化した毛周期

 

このミニチュア化によって、結果的に薄毛に見えるようになってしまうのです。

原因物質「DHT」が男性ホルモンと結びついて発症

AGAの発症に大きくかかわっているのは「男性ホルモン」です。ただし、男性ホルモンが単独で、薄毛を引き起こすわけではありません。

 

毛包の中にはⅡ型5αリダクターゼという酵素が存在します。また、毛細血管の血中にはテストステロンという男性ホルモンが循環しています。この2つが毛乳頭部分で出合い、結びつくと、「ジヒドロテストステロン(DHT=Dihydrotestosterone)」という物質が生成されます。

 

この「DHT」こそが薄毛の元凶となる原因物質です。このDHTが男性ホルモンのレセプター(受容体)と結びつく力は5~10倍と言われており、さまざまな遺伝子群に作用を及ぼします。その遺伝子としては、毛髪の毛母細胞の増殖を抑制することで髪の成長をも抑えてしまうTGF-β1が代表的です。

 

こうした薄毛に悪影響を与える細胞成長因子が働くことで、成長期毛が休止期に移行し、毛が抜けてしまうのです。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「健康」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載薄毛改善の第一歩! 発毛・育毛・薄毛のメカニズムとは

医療法人社団セレス 理事長
青山セレスクリニック(青山院・川口院) 理事長
船橋中央クリニック 院長 

慶應義塾大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院に勤務。2003年に船橋中央クリニック、2013年には青山セレスクリニックを設立し、医療法人社団セレス理事長に就任する。2017年青山セレスクリニック川口院を開設。体のあらゆる悩みに対して的確にアドバイス・治療を提案する「美のコンシェルジュ」として、女性の薄毛治療のほか、エイジングケア治療、美容整形、医療レーザー脱毛、美肌治療等を行う。それぞれの施術のメリット・デメリットを明確に提示し、患者が効果を実感できるサービスのみを提供している。日本外科学会専門医、日本美容外科学会専門医、日本美容皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会会員、日本医師会会員。

著者紹介

専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本

専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本

元神 賢太

幻冬舎メディアコンサルティング

いつまでも若々しく美しくありたいと願いながら、髪の悩みに関しては「結局、歳には勝てない」とあきらめてしまう女性が多いという現実……。「美のコンシェルジュ」として、10代から70代までと幅広い女性たちの薄毛の悩みを解…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧