クリニック開業のための物件選び・・・建物を一棟借りるのは?

前回に引き続き、クリニック開業のための物件選びについて見ていきましょう。今回は、建物を丸ごと一棟借りる場合、土地だけ借りて建物は自分で建てる場合について説明します。

新しい場所、新しい建物で開業するのが望ましいが…

前回の続きです。一般に、クリニックの開業における物件の選定には、以下のような方法があります。

 

①ビルの一室を借りる

②建物を丸ごと一棟借りる

③土地だけ借りて、建物は自分で建てる

④地主に建物を建ててもらって、土地と建物をセットで借りる

⑤土地を買って、建物も自分で建てる

 

②のように既存の建物を一棟丸ごと借りるという方法ですが、これは実際にクリニック向けの既設物件が少ないので、あまり使われていません。

 

もちろん、かつて別のクリニックが開業していた建物を、居抜きで借りるという手はあります。その場合は建物の建設費がかからないので、一見、資金的にはメリットがあるように思えます。

 

しかし、この方法もあまりおすすめできません。なぜならば、過去のクリニックにどのようなイメージがついているかわからないからです。もし、その建物にかつて存在していたクリニックにネガティブなイメージがあったとしたら、新しいクリニックにもネガティブなイメージがどうしても残ってしまいます。

 

患者は、クリニックの経営者が代わったことなどには、なかなか気づきません。内科から小児科へと診療科目が変わって、クリニックの名前も変わって、医師が変わっていたとしても、経営母体が変わっているかどうかは一般の人にはわかりません。そして、往々にして、オーナーが同じであれば、体質も同じではないかと思われてしまうのです。

 

ですから、新しくクリニックを開業するのであれば、新しい場所で新しい建物を建てるところから始める方が、ブランディング戦略上は有効です。資金やコネの問題で、どうしても、以前にあったクリニックと同じ場所・建物で開業せざるを得ないときは、せめてフル・リフォームを施して、イメージの刷新をしてください。

地主が最も土地を借りてほしい相手は「医師」

次に、③土地だけ借りて、建物は自分で建てる場合について説明します。この方法は、空き地の多い地方都市でよく使われる方法で、最もポピュラーなケースといえます。

 

地方の地主は、余っている土地を、よりよい方法で活かしたいと考えています。

 

一昔前であれば、賃貸住宅(アパート)経営がもっぱらだったのですが、人口減少で住宅の余剰が叫ばれつつある現在、賃貸住宅は難しいと考える人が増えています。

 

それに、賃貸住宅を経営する場合は、地主が自分で建物を建てなければなりません。銀行から融資を受けて不動産投資をするのもいかがなものかと、土地を遊ばせている地主も少なくないのです。

 

地主にとって最もありがたいのは、ただ土地を貸して、その分の地代が収入になることです。定期借地権を設定すれば、地主は10年から20年ごとの更新時に、いつでも土地を返してもらうことができるからです。もちろん、そのまま更新して土地を貸し続けることもできます。

 

とはいえ、自分の所有する土地に、変な建物は建ててほしくありません。田舎で周囲が知り合いばかりで、その土地の所有者が知られていればいるほど、パチンコ店や風俗店などは建ててほしくないのです。

 

そんな地主が最も貸したがっている相手が、医師です。自分の所有する土地にクリニックが建つとなれば、人も集まって周辺が賑わいますし、知り合いに自慢することもできます。

 

私が手掛けた案件では、とある土地をスーパーマーケットが狙っていたのですが、クリニックのために貸してくれませんかと交渉したところ、あっさりとこちらになびいてくれたことがありました。地方都市では、スーパーマーケットよりもクリニックの方が、はるかに価値が高いのです。

 

[図表]クリニック開業における物件の選び方

 

この話は次回に続きます。

本連載は、2017年1月26日刊行の書籍『自己資金ゼロ・ローリスクで 儲かるクリニックを開業する方法』(幻冬舎メディアコンサルティング)の本文から一部を抜粋したものです。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「ドクター向け」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載自己資金ゼロで「儲かるクリニック」を開業する方法

株式会社GSKコミュニケーションズ 代表取締役

1971年生まれ。
1999年から労務を主にしたコンサルティング業務を行い、2004年、株式会社GSKコミュニケーションズを設立。
不動産賃貸業、管理・ソフトウェア開発のほか、飲食業や人材派遣、自動車販売業などさまざまな業種のコンサルティングに従事。さらに2006年4月より「大志の会」「有志の集い」「市川直樹塾」を主宰し、中小企業経営者に向けて講演会やシンポジウムなどを積極的に開催。これまで300社以上の中小企業経営者のコンサルティングに取り組んでいる。 2011年にはしいの木子どもクリニックを開業、クリニックと調剤薬局の経営コンサルティングを手がけ、開業以来5年間で約9万人の患者の集患に成功している。

著者紹介

自己資金ゼロ・ローリスクで 儲かるクリニックを開業する方法

自己資金ゼロ・ローリスクで 儲かるクリニックを開業する方法

市川 直樹

幻冬舎メディアコンサルティング

勤務医は慢性的な医師不足で時間外の労働が多く、給与も働きに見合わず、過酷な労働環境におかれています。 一方、そうした状況から理想の医療の実現を目標に開業する医師もいますが、都市圏のクリニックは今や乱立状態にあり…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧