需給関係から見る「京都不動産投資」の優位性

全国的な人口減少傾向と都市部への人口集中によって賃貸不動産の空室率は高まるなか、京都不動産は高い資産価値と安定収入が期待できます。本連載では、京都不動産が持つ魅力と特色を紹介します。

「需要」が「供給」を大きく上回る京都の賃貸物件

京都には旺盛な賃貸需要があります。しかし一番の特徴は、賃貸需要が常に供給よりも大幅に上回っていることにあります。別の言い方をすれば「空室リスクが常に低く保たれている」わけです。では、なぜ京都ではこのような状況が生まれるのかを以下に解説していきます。

 

まずは京都のマンションが実際にどのくらいの供給数なのかを見てみましょう。

京都の供給戸数は、大阪・東京の約10分の1!?

1000人当たりのマンション販売戸数を見てみると、大阪、東京と比べて京都の供給戸数は大きく下回っています。東京都の一般的な分譲マンション(ファミリー向け含む)の供給戸数は、2011年から2014年までで年間2万戸前後で推移しています。

 

一方、京都市内の供給戸数はファミリーマンションを含めても約10分の1です。これは不動産経済研究所調べの数字ですが、東京との人口比が6分の1であるのに対して、供給戸数は10分の1以下という数値になっています。

 

40㎡以下のいわゆる単身者向けのマンションでは、東京は2014年で6700戸の供給があったのに対して、京都市は約30分の1の190戸です。東京23区と比較すると、京都市の供給量は際立って少ないことが分かります。

 

[図表]京都と東京のマンション供給戸数の違い

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載高い資産価値を維持する「京都不動産」の魅力

日本ホールディングス株式会社 代表取締役

1992年に日経ビルディング(現日本ホールディングス)の設立に参加。2011年、代表取締役に就任。顧客最重要の姿勢を徹底し、京都で唯一の投資用マンションディベロッパー会社を牽引。全国各地での新聞社等主催不動産投資セミナー、フェアにて多数の講演実績を持ち、京都の魅力を説く。

著者紹介

誰も知らない京都不動産投資の魅力

誰も知らない京都不動産投資の魅力

八尾 浩之

幻冬舎メディアコンサルティング

近年、不動産投資人気が過熱しており、将来の年金不安や資産運用など財テクの必要性から不動産投資を始める人が増えてきています。しかし、ブームが起こると競争が激化し、都市部では価格の高騰や建築コストの増加でマンション…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧