人はなぜ薄毛になるのか? 「発毛のメカニズム」を知る

女性の大きな悩みである「薄毛」・・・そもそも、なぜ髪の毛は年齢とともに減ってしまうのでしょうか? 本連載では、女性の薄毛治療の専門医としての著者の経験をもとに、発毛・育毛・薄毛のメカニズムを徹底解説します。

発毛の仕組みを知ることで、薄毛を正しく理解する

人はなぜ薄毛になるのか、男性と異なる女性特有の薄毛とはどのようなものか、なぜ、そのような症状が引き起こされるのか……。そんな薄毛の実態について詳しくお話ししていきます。

 

ただし、その前にあらためて知っておきたいのが髪の毛そのものについてです。髪の毛の構造や、髪が生える仕組み、自然な抜け毛の経緯など、髪について詳しい知識を得ることが、薄毛を正しく理解するためのヒントにもなります。そこで、まずは発毛のメカニズムについて学んでいきましょう。

「毛母細胞」が分化・増殖することで髪は伸びる

さて、私たち人間の毛髪はいったい何本くらい生えているか、ご存知ですか? 平均では約10万本ですが、人によって6~14万本と幅があり、多い人では15万本といわれます。

 

ちなみに、ひとつの毛穴からは髪が1本だけでなく複数生えていることがほとんどです。では、その毛髪の構造はどのようになっているのでしょうか。毛髪の組織構造を見てみると、細い髪の毛なのに、中はこのようになかなか複雑な構造をしています。

 

図表1のように、頭の表皮、俗にいう地肌の外に出ている「毛幹」が、私たちがふだん髪の毛と呼んでいる部分です。

 

[図表1]毛髪の組織構造

 

表皮の下に埋まっている部分が「毛根」。この毛根を包んでいる、さやのようなものが「毛包」です。その周りに細かく張りめぐらされているのが毛細血管であり、これが必要な栄養分や酸素などを送り届けることによって髪の毛は成長していきます。毛根の根元にあるのが「毛球」です。カニのはさみのように先割れした球状で、そのくぼみに「毛乳頭」があります。

 

毛包の底(毛包基部)にあるのが「毛母細胞」です。この毛母細胞こそが髪の毛のいちばんのもと。この細胞が毛細血管から取り込んだ栄養分や酸素を使って細胞分裂を繰り返し、成長していきます。

 

すなわち、毛包基部の毛母細胞が、裏打ちする毛乳頭からの細胞成長因子(KGF、IGF-1)からのシグナルを受けることで細胞分裂し、毛髪と毛包の組織に分化します。この過程で毛は上へ上へと伸びるとともに毛母細胞が角化して、硬い髪の毛へと育っていくのです(図表2参照)。

 

[図表2]毛包に作用する細胞成長因子

 

さらにKGF、IGF-1などの細胞成長因子の働きによって、毛母細胞は持続的に分化・増殖し続けることができるわけです。これが髪が伸びて成長するメカニズムです。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「健康」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載薄毛改善の第一歩! 発毛・育毛・薄毛のメカニズムとは

医療法人社団セレス 理事長
青山セレスクリニック(青山院・川口院) 理事長
船橋中央クリニック 院長 

慶應義塾大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院に勤務。2003年に船橋中央クリニック、2013年には青山セレスクリニックを設立し、医療法人社団セレス理事長に就任する。2017年青山セレスクリニック川口院を開設。体のあらゆる悩みに対して的確にアドバイス・治療を提案する「美のコンシェルジュ」として、女性の薄毛治療のほか、エイジングケア治療、美容整形、医療レーザー脱毛、美肌治療等を行う。それぞれの施術のメリット・デメリットを明確に提示し、患者が効果を実感できるサービスのみを提供している。日本外科学会専門医、日本美容外科学会専門医、日本美容皮膚科学会会員、日本抗加齢医学会会員、日本医師会会員。

著者紹介

専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本

専門医が徹底解説! 女性の薄毛解消読本

元神 賢太

幻冬舎メディアコンサルティング

いつまでも若々しく美しくありたいと願いながら、髪の悩みに関しては「結局、歳には勝てない」とあきらめてしまう女性が多いという現実……。「美のコンシェルジュ」として、10代から70代までと幅広い女性たちの薄毛の悩みを解…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧