相続・事業承継 M&A 事業承継
連載赤字会社を驚くほど高値で売る方法【第18回】

赤字会社の清算で活用したい「特別清算」の適用条件とは?

特別清算特別決議

赤字会社の清算で活用したい「特別清算」の適用条件とは?

赤字会社を清算するための選択肢は、「破産」だけではありません。今回は、破産を回避して清算できる「特別清算」の適用条件について見ていきます。

破産に比べると利用件数の少ない特別清算だが・・・

赤字会社の清算方法として、すぐに会社をたたんで廃業してしまうのではなく、GOOD部門はできるだけ事業譲渡して売却代金を債務の支払に充て、残った「箱=会社」を特別清算するという方法を本連載ではおすすめしてきました。

 

ここからは、BAD部門とともに残された株式会社の特別清算の手続について解説していきましょう。なお、特別清算は株式会社のみに認められる方法ですが、有限会社についても、社員(株主)総会の特別決議により、株式会社に商号を変更すれば特別清算を利用することができます。

 

一般に赤字会社の清算といえば、破産を考える経営者が多いと思います。司法統計年報(2011年から2013年)によれば、日本全国の地方裁判所での特別清算の利用件数は年間約300件ほどです。これに対し、法人の破産は約1万件で、法人の破産に比較すると特別清算の利用件数は圧倒的に少ないのが現状です。

 

しかし、一定の適用条件に該当すれば多くの赤字会社で特別清算が可能なため、もっと広く知られ、利用されてもよい方法だと思います。

 

特に、金融円滑化法およびその終了後の政府の政策パッケージ(2012年4月20日発表)により、暫定リスケでつないでいるような会社についても、金融機関への返済が抑えられていることから、公租公課、給料および取引先への支払がきちんとなされていることが多いものです。このような場合、会社の債権者は数社の金融機関に絞られており、後に述べる特別清算の適用条件のひとつを満たしている場合が多いのです。

特別清算を利用するための4つの適用条件

この適用条件とは、第一に、株主の意見がまとまって株主総会の特別決議で解散を決議できることです。

 

特別決議とは、議決権を行使することができる株主の議決権の過半数を有する株主の出席を得て、かつ出席した株主の3分の2以上の同意がある株式会社における決議をいいます。

 

筆者が経験した案件で、同族会社の株式を主要取引先が取得して資本参加した株式会社が、その後、事業不振で特別清算をすることになったものがあります。この場合、同族も一定の株式数を保有していたため、株主総会で多数派を形成するためには、同族も説得しなければならず、大変苦労しました。

 

第二に、債権者が数社の金融機関に絞られていることが望ましいということです。特別清算の場合、会社と債権者との間の債権の権利変更についての合意(弁済計画:これを難しい言葉で「協定」といいます)。が必要です。協定を成立させるためには、債権者集会に出席した議決権者(債権者)の過半数の同意かつ出席した議決権者の議決権総額の3分2以上の同意が必要です。

 

第三に、税金、社会保険料などの公租公課の滞納がないことです。また、従業員の給料・退職金なども一般の先取特権を有しており、同様です。

 

これらは優先債権であることから、会社は協定の枠外で随時弁済する必要があり、これらの支払ができないようであれば、一般の債権者との間での協定が成立したとしても、公租公課の支払により特別清算はとん挫することになるからです。裁判所に特別清算開始の申立てをする際にも、公租公課や給料・退職金の未払がないか確認されます。

 

第四に、会社の従前の決算について重大な粉飾などの不正がなく、かつ会社の清算中ないしその直前に、財産の隠匿や親族・一部の取引先債権者に対する偏頗(へんぱ)弁済がなされていないことです。これらが特別清算において発覚すれば、金融機関などの債権者は会社が不誠実であるとみなし、特別清算における会社財産の説明も信用できないと考えることから、協定案に同意することはありません。
 

次回は、特別清算の具体的な流れについて見ていきます。

本連載は、2015年8月26日刊行の書籍『赤字会社を驚くほど高値で売る方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

山田 尚武

弁護士法人しょうぶ法律事務所 代表社員

1964年、愛知県に生まれる。名古屋大学法学部卒業。卒業後に最高裁判所司法研修所司法修習生となる。1992年弁護士登録(愛知県弁護士会)。1996年しょうぶ法律事務所を開設。2008年静岡大学法科大学院教授就任(担当 商法・会社法)。2012年愛知県弁護士会副会長就任。 2013年10月にしょうぶ法律事務所を法人化する。
大手企業・中小企業を顧問先とし、倒産案件の申立代理人および破産管財人・監督委員をそれぞれ100件以上務める。複数の弁護士によるチーム体制で最高品質のリーガル・サービスの提供を目指す。 2015年4月には一般社団法人中部事業承継紹介センターを設立。事業承継の出会いの場を士業ならではの視点から提供している。

著者紹介

連載赤字会社を驚くほど高値で売る方法

赤字会社を驚くほど高値で売る方法

赤字会社を驚くほど高値で売る方法

山田 尚武

幻冬舎メディアコンサルティング

アベノミクスにより日本経済は回復基調にあるといわれるものの、中小企業の経営環境は厳しさを増しています。2013年度の国税庁調査によると、日本の法人約259万社のうち約7割にあたる176万社が赤字法人となっている一方で、経…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest