プロジェクトの進行のカギとなる「変動制」「従属性」とは?

前回は、建設会社の仕事の本質が「プロジェクト管理」にある理由を説明しました。今回は、プロジェクトの進行のカギとなる「変動制」「従属性」とは何かを見ていきます。

作業の「所要見積時間」の推定は非常に困難

建設会社の工期が伸びる原因の一つとして、プロジェクトに特有の「変動性」と「従属性」に対する理解不足が挙げられます。

 

「変動性」とは各人の担当するタスク(作業)の所要時間にばらつきがあることを言います。タスクは、定型的タスクと非定型的タスクの2種類に分けられます。定型的タスクの場合には、このばらつきは一定範囲内に収まります。例えば、人事部が行う毎月の給与計算の作業時間は、毎月それほど変動するわけではありません。

 

ところが、非定型的タスクの場合には、今までそのタスクを担当した経験がないため、どれだけ時間がかかるのかやってみないと分からないことから、タスクの所要時間を見積もることができません。プロジェクトは定義通り「一回性」がその本質ですから、プロジェクト全体を構成する各タスクの所要見積時間を決定することはとても困難なのです。

 

以下の図表の2つの分布図のうち、上は定型的タスクの典型である毎月の給与計算の例です。毎月の給与計算は60分で終わる確率が最も高くて、59分で終わる確率、もしくは61分で終わる確率は大きく低下しています。

 

60分以内で終わる確率が50%、終わらない確率が50%という言い方もできますが、言い換えると、59~61分でほぼ間違いなくその業務は毎月終了するということです。このような定型的な業務は事前に見積時間の予測は容易です。

 

[図表]給与計算と建設作業の分布

経験で得た「感覚的な理解」を言葉にして共有

逆に、下は非定型タスクの典型である建設作業の例です。先ほどの例のような左右対称の正規分布とはならず、ベータ分布、ロングテールの形状をなしており、右へいくら進んでも、確率はゼロにはなりません。つまり、最大どれくらいの時間がかかるのかを見積もることができないのです。

 

基本的に建築物には同じものは2つとありませんが、個々のタスクにブレイクダウンしたレベルでは、タスクによっては以前に実施したことがあるようなものも多く存在します。そのようなタスクについては「変動性」のリスク(見積作業期間の振れ幅)は小さくなります。

 

また、建設工事の場合には、タスクを実施する場所にも大きく影響されます。隣接する道路が狭いため搬入用のトラックが入らないということや、鉄筋と鉄筋の間が狭くてコンクリートが入らないなど、枚挙に暇がありません。

 

このようにタスク自体には過去に実施した経験があったとしても、そのタスクを実施する環境まで考慮すると、ほとんどが「一回性」の特徴を持つタスクになり、変動性はやはり高くなってしまうのです。

 

また、「従属性」とはタスク間の繋がりのことを言います。時間的に前に位置するタスクが終了しないと次のタスクが開始できない、つまり、後工程は前工程に支配される関係にあることを意味しています。

 

例えば、10のタスクがあって、各々のタスクが計画期間内に終わる確率を50%とし、全てのタスクが直列であるとすると、最初から3つのタスクが計画期間内に終わる確率は12.5%です。10のタスクが全て計画期間内に終わる確率は、なんと0.098%しかありません。

 

「変動性」や「従属性」という言葉とその意味を建設会社のスタッフが理解していないとしても、「やったことがないタスクの所要時間の見積もりは困難である」ということは経験的に理解しています。また、「このタスクは、あの仕事が終わらないと着手できないな」ということも経験的に理解しています。

 

しかし、このようなことを感覚的に理解していたとしても、言葉になっていない状態では管理などできません。言葉にして初めて意識するようになり、管理するという行動に繋がるのです。

 

ビジネスにおいては、このように「何となくを言葉にする」ことがとても大事なのです。

本連載は、2017年5月26日刊行の書籍『「事業再生」の嘘と真実 』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「事業再生」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載ロジカルシンキング+αで「事業再生」を成功させる方法

株式会社Corporate Solution Management 代表取締役

公認会計士。
京都大学法学部卒業後、民間企業勤務を経て公認会計士試験に合格。
KPMG勤務を経て独立し、株式会社Corporate Solution Managementを設立。
会計的手法のみならず、心理学や行動経済学に基づくマーケティングやブランディング理論を独自に構築、
これまで約100社に及ぶ地方中小企業を経営危機から救済。
金融機関から指名が絶えない屈指の再生請負人。

著者紹介

「事業再生」の嘘と真実

「事業再生」の嘘と真実

弓削 一幸

幻冬舎メディアコンサルティング

コスト削減、管理会計、人事評価制度――ロジックだけに頼るのは今日で終わり! 中小企業約100社を経営危機から救った事業再生のプロが、稼げる事業体質作りを指南。 中小企業・小規模事業者には厳しい経営環境が続いており、…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧