相続・事業承継 M&A 事業承継
連載赤字会社を驚くほど高値で売る方法【第15回】

スムーズに買収監査「デューデリジェンス」を受けるには?

デューデリジェンス競業避止条項勧誘禁止条項

スムーズに買収監査「デューデリジェンス」を受けるには?

事業譲渡における最終契約の前に行われる買収監査「デューデリジェンス」。今回は、スムーズに買収監査を受けるための留意点について見ていきます。

買い手の信用を得るためには会社書類の整理が第一

引き続きデューデリジェンス(買収監査)について見ていきます。

 

デューデリジェンスのための準備としては、まず書類などの整理が第一です。何度も述べているように、会社の基本的な書類がきちんと保管・整理されていないようでは、買い手からの信用を得ることはできません。念のため、デューデリジェンスに必要な一般的な書類を確認しておきましょう。たくさんの書類がありますが、これも専門家が段取りして集めます。


【会社全体に関する書類】
会社の定款、会社概要、組織図、役員名簿、株主名簿、取引先名簿、社員名簿登記事項証明書(法人)、登記事項証明書(不動産)など
事業所・工場一覧(所在地・従業員数・事業内容・設備など)

 

【経理・財務に関する書類】
過去3年間の決算書と確定申告書、直近試算表、資金繰り表など
各種帳簿(現金出納帳・預金出納帳・手形帳・棚卸表・固定資産台帳など)
借入金返済予定表、リース資産支払台帳

 

【労務に関する書類】
人事関係規程(就業規則・給与規程・賞与規程・退職金規程・役員規程など)

 

【契約書など】
官公庁への届出書・申請書など
賃貸借契約書、債務保証契約書、保険証券など

 

こうした書類以外にも、先方が必要としている情報があれば、あらかじめ聞いて書類を整えておく必要があります。

 

また、こうした書類や設備などのチェックだけでなく、そこで働く従業員の様子を見たり、キーマンに直接話を聞くといったデューデリジェンスも行われています。社員の生の声を聞くことにより、その会社内部の日常的な雰囲気をつかむだけでなく、事業の進行具合やその事業部門の将来性などを感じ取ることができると考えられているからです。

最終契約書の競業避止条項、勧誘禁止条項等にも注意

デューデリジェンスが終わると、契約は最終段階に移ります。デューデリジェンスの内容次第では、基本合意で示された譲渡価格などの条件が修正されることがあり、最終契約書に反映されます。その他にも、最終契約書にはさまざまな細かい条件などが加えられます。中でも重要なのは、事業譲渡後に買い手が不利にならないために記載される事項です。

 

たとえば会社法には、売り手の経営者が事業譲渡後に同じ事業を行うことを禁じた「競業避止条項」という規定があります。

 

具体的には、事業譲渡した会社は、同一の市町村および隣接する市町村の区域内においては、その事業を譲渡した日から20年間は同一の事業を行ってはならない、というものです。また、この条項は特約を付した場合には、30年間まで延長することも可能とされています。このため最終契約書には、禁止する事業の定義や地域、期間などを明記することがあります。

 

これらの規定と並び、同条項では、地域や期間にかかわらず、譲渡会社が不正の競争の目的を持って同一の事業を行うことを禁じています。

 

この他にも、買い手が不利にならないために、「勧誘禁止条項」という規定があります。これは、事業譲渡されて新会社に移った従業員を、かつての経営者が勧誘して引き抜くことを一定期間禁じる条項です。前経営者と従業員との関係が緊密な場合、勧誘によって従業員が引き抜かれて人材不足に陥ってしまうリスクも考えられるため、このような条項を最終契約書に記載する場合があります。

 

このような条項は、買い手のリスク回避のためには必要とされるものですが、場合によっては売り手の経営者が新たに事業を計画する中で、足かせとなってしまう可能性もあります。売り手の経営者が将来的に再生を考えているとしたら、こうした条項に何らかの特約条項をつけるなど、専門家と検討してみる必要があるかもしれません。

本連載は、2015年8月26日刊行の書籍『赤字会社を驚くほど高値で売る方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

山田 尚武

弁護士法人しょうぶ法律事務所 代表社員

1964年、愛知県に生まれる。名古屋大学法学部卒業。卒業後に最高裁判所司法研修所司法修習生となる。1992年弁護士登録(愛知県弁護士会)。1996年しょうぶ法律事務所を開設。2008年静岡大学法科大学院教授就任(担当 商法・会社法)。2012年愛知県弁護士会副会長就任。 2013年10月にしょうぶ法律事務所を法人化する。
大手企業・中小企業を顧問先とし、倒産案件の申立代理人および破産管財人・監督委員をそれぞれ100件以上務める。複数の弁護士によるチーム体制で最高品質のリーガル・サービスの提供を目指す。 2015年4月には一般社団法人中部事業承継紹介センターを設立。事業承継の出会いの場を士業ならではの視点から提供している。

著者紹介

連載赤字会社を驚くほど高値で売る方法

赤字会社を驚くほど高値で売る方法

赤字会社を驚くほど高値で売る方法

山田 尚武

幻冬舎メディアコンサルティング

アベノミクスにより日本経済は回復基調にあるといわれるものの、中小企業の経営環境は厳しさを増しています。2013年度の国税庁調査によると、日本の法人約259万社のうち約7割にあたる176万社が赤字法人となっている一方で、経…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest