利益確定は「8%上昇」、損切りは「8%下落」で実行

「利益確定」と「損切り」は具体的にどのタイミングで行えばよいのでしょうか。基本的な考え方と上級者向けのポイントを見ていきます。

「高値づかみをした」と思ったら早めに撤退を

損切りの徹底は株で儲けるための絶対条件ですが、どうしても損切りができない人もいるでしょう。そこで私はルールを決めて機械的に損切りすることをお勧めしています。

 

「チャート分析による売買も機械的にやったほうが勝てる」といえますが、損切り、あるいは利益確定も同じです。トレードにあれこれ自分の感情を差し挟むからこそ、多くの人は失敗してしまいます。「機械的に」というのは、成功する上でのキーワードかもしれません。

 

[PR] 本稿執筆者によるセミナーを東京(幻冬舎)で開催!
熊谷亮の「明日ドカンと上がる銘柄の見つけ方」<2018年展望編>

 

利益確定や損切りのルールとは、買値からいくら上がったら利益確定し、いくら下がったら損切りするというのを、明確に決めておくことです。私が提案するルールは、次のとおりです。

 

・利益確定……買値から8%値上がりしたら売る
・損切り……買ってから終値で8%値下がりしたら売る

 

まず利益確定についてですが、買値から8%で利益確定といっても、暴騰の途中でつかむなどして、買値が高くなっていない場合に限ります。チャートの示す買いポイントからかなり上放れたところで買ってしまったら、それは高値づかみです。高値づかみをした場合、その後さらに値上がりしたとしても、基本的に上げ幅はそれほど大きくならないと考えられます。

 

暴騰から反転すると、勢いよく押す場合が多いため、買った途端に反落することにもなりかねません。よって、高値づかみをしてしまったと思ったら、このルールのとおりではなく、2%上昇だろうと3%上昇だろうと、チャート上の買い場と思われる価格から、10%上昇した価格帯で売却するなど、早めの撤退を心がけてください。

 

ルールどおりに行くと、例えば1000円で買った株が1080円まで値上がりしたら、利益確定です。日中働いている人は、約定したら昼間にチェックして、「1000円で買った。では『1000×1・08』で、1080円で売り注文を出しておこう」といった調子で注文を入れてみましょう。単元株が100株だったとしたら、10万円の投資で8000円の利益を出せます。逆に、1000円から8%値下がりし、終値で920円まで値下がりしたら、損切りです。この場合、損失は8000円です。

 

損失はともかく、利益のほうはもう少し伸ばしたくなってしまうかもしれませんが、株式投資に慣れるまではこのルールを忠実に守ってほしいと思います。ものすごく株価の上昇に勢いがあって、誰が見ても好調な場合などは、上げ幅10%あたりで利益確定してもよいですが、欲張るにしてもその程度にとどめてください。

相場に慣れてきたら「大勝負」する手もあり

以前、売りどきのタイミングを見極めて、利益を伸ばしていく方法もお伝えしました。8〜10%では売却せず、株価が前日の安値を下回るまでは、保有し続けるというやり方です。

 

ただしこれは上級者向けです。株価の勢いがダイナミックなときは、値動きが速いためにうまく売り場をつかめないようなこともあるので、最初は流動的にタイミングをはかるより、機械的にやったほうがよいでしょう。

 

相場に慣れて、株価を見ながら値動きをある程度「見切る」ことができるようになったら、流動的に売り場を決めてもよいと思います。

 

実際、株で大儲けしている人は、上がる銘柄の的中率は低くても、いざ当たったら最大限に利益を伸ばすことに長けている、つまり利益確定のタイミングの取り方が上手で、1度に大きく儲けるのです。できれば早めに相場に慣れ、上級のテクニックを使いこなしていただきたいと思います。ここぞという必勝パターンのチャートが現れたときはドカンと買い、ぐんぐん利益を伸ばしてから売ってください。それが儲けている人が実践している投資法です。

 

[PR] 本稿執筆者によるセミナーを東京(幻冬舎)で開催!
熊谷亮の「明日ドカンと上がる銘柄の見つけ方」<2018年展望編>

 

ちなみに、うまくタイミングをはかりながら利益を伸ばすのが難しいのと同様、ここぞというときにドカンと買う際にも、恐怖心が伴います。初心者マークの投資家なら、何度かに分けて投資することをお勧めしますが、上級者なら「これは行ける!」と思ったら大勝負すべきでしょう。怖気づいていると、いつまで経っても大きな利益は得られません。

 

ただし、相場の熱気に当てられて、チャート分析から離れたところで売買判断を下すのはNGです。暴騰している銘柄を見て、チャート分析ではすでに上がりすぎていることがわかっているのに、「もっと上がるんじゃないか」と雰囲気で取引してしまう。その結果、暴落して手痛い目にあうという失敗は、多くの投資家が繰り返してきたことです。

本連載は、2014年7月25日刊行の書籍『明日ドカンと上がる株の見つけ方』から抜粋したものです。

本連載は、一般的な株式分析の手法などを紹介することを目的に発行しています。投資を促したり、筆者が運営する投資顧問サービス「マエストロの株式ボナセーラ」に勧誘することを目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、「マエストロの株式ボナセーラ」の業務、手数料、およびリスクなどに関しましては、ホームページに掲載の契約締結前交付書面を十分にお読みください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載「株式投資の達人」が教える利益確定と損切りのルール

株式会社クマガイサポート 代表取締役

1992年に株式投資を始め、短期売買で儲けるテクニカル分析をマスター。「あせらない」「欲をかかない」「確実に」をモットーに大きな成果を収める。現在は「マエストロの株式ボナセーラ」の運営者として、大型銘柄から中小型銘柄に至るまで短期上昇が期待される値動きのよい銘柄を会員向けに提案。目標株価とロスカット株価を明記した提案に加え、日々フォローを行う姿勢は親切で丁寧。テクニカル分析を重視し圧倒的に高い的中率から人気を博す。Yahoo!ファイナンス投資の達人では多くの個人投資家から高い支持を持つ。

著者紹介

明日ドカンと上がる株の見つけ方

明日ドカンと上がる株の見つけ方

熊谷 亮

幻冬舎メディアコンサルティング

「株はギャンブル」「難しい」「思うように儲からない」 株に対してこんな嫌な思いをしてきた方も多いのではないでしょうか。 実際、株は簡単なものではありません。しかし、やり方さえ間違えなければ、株で勝つのはそう難し…

永久保存版 あなたの人生を劇的に変える株の本 株ドカン

永久保存版 あなたの人生を劇的に変える株の本 株ドカン

熊谷 亮

幻冬舎メディアコンサルティング

日本株式市場が活況を呈している今、巷にはたくさんの株式投資関連の書籍が溢れています。その多くは世界情勢や国内情勢、政府の政策や為替の動向などを分析し、日本株が上昇する理由を記したものや、チャートの見方を説明した…

資産運用セミナーのご案内 有料 3,000円 主催:カメハメハ倶楽部

熊谷亮の「明日ドカンと上がる銘柄の見つけ方」<2018年展望編>

~『えっ?』と驚くほどシンプルなチャート分析だけで驚異の的中率を実現する「本物のプロ」のトレード手法とは?

講師 熊谷亮 氏
日時 2018年01月13日(土)
内容

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧