コインランドリーで頻発・・・「故障・トラブル」にどう対応する?

前回は、コインランドリーに常駐するインストラクターの育て方を説明しました。今回は、コインランドリーで頻発する「故障・トラブル」への対応策を見ていきます。

増加するコインランドリー店…競争はますます激しく

コインランドリー経営には、商品知識も労務管理も必要ありません。基本的に「広い」「明るい」「きれい」なお店なら8割は成功するでしょう。つまり、参入障壁の非常に低いビジネスといえます。実際に最近急激に競合店が増えてきました。

 

実は、そのきっかけをつくったのは、私たち自身かもしれません。2015年あたりから、複数の店舗へテレビ取材の依頼が続き、NHKやTBSテレビなどの全国ネットの番組で10回近く紹介されたのです。

 

皆さんの中にはご覧になった方もいるかもしれませんが、「女性客が増えている」「羽毛布団や犬も洗える」「メールで洗濯終了をお知らせする」といったことを紹介した内容でした。つまり、簡単にまとめると「最近のコインランドリーは以前の暗いイメージではありません。進化していますよ」ということです。

 

テレビで紹介された反響は予想以上に大きいものでした。特に毎週日曜日に特定のテーマに沿って経済やお金についての情報を伝える番組で「今のコインランドリーは勢いがありますよ!」といった紹介をされたときの反響は絶大で、消費者からは「うちの近所にありますか」「○○は洗えますか」「何時までやっていますか」といった問い合わせが殺到しました。また、北海道から九州まで全国各地のオーナー希望者から「私も経営したい」といった相談を受けることになりました。

 

コインランドリーは今後ますます増えていくでしょう。これは同時に差別化が難しくなることを意味します。

リピート率を左右するのは「トラブル解決」のスピード

私たちフランチャイザーは、オーナーの利益を守るのが使命です。ならばこの激戦の時代にどういう手を打てばいいのか?

 

現在業界でもっとも注目されているのは、機械の遠隔操作などができる最新ITシステムの導入です。しかし、私はこの傾向には疑問を持っています。お金をかければいい、という考え方は安易で、消耗戦につながります。なによりお客様が求めているのは、そこではありません。

 

お客様が「広い」「明るい」「きれい」の先に求めているのは「スピード」そして「安心」です。

 

全国展開をしている機械メーカーやフランチャイザーの多くは、本社やメンテナンス部隊を東京都に置いています。この場合、たとえば九州で機械の故障が発生してもすぐには駆けつけることができません。多くの場合は、1〜2週間後にやってきます。なぜなら、人件費や交通費の都合で周辺エリアのお店のトラブル対処とまとめて行うからです。

 

この1〜2週間、機械はまったくお金を稼いでくれません。オーナーから見れば無断欠勤を続ける従業員と同じです。

 

お客様から見てもどう感じるでしょう。先週故障していた機械が今週も故障していると「やる気のないお店だな」と思うのではないでしょうか。

 

私たちの店舗では、そのような事態にならないよう全店にインストラクターがいます。少なくとも毎日朝の9時30分から12時までは故障やトラブルにすぐ対応できるのです。

 

たとえば、前述のように洗濯が終了しても扉が開かないようなケースでは、多くの場合わざわざメーカーのメンテナンス担当を呼ばなくてもその場で解決することが可能です。

 

また、お客様の多くは「時短」を目的に来店します。それなのにトラブルとなったらイライラするのは当然です。そのようなときも明るく誠実なインストラクターが迅速に対応すれば、怒る気持ちも落ち着くのではないのでしょうか。このことがお客様の安心感につながるのです。

 

インストラクターがいない時間帯は、本部のコールセンターで対応し(9時〜18時。それ以外は留守番電話対応)、すべての店舗内の目立つ場所にこの電話番号が掲示されています。

 

そして、より迅速に対応するために私たちは、出店エリアを本部から車で1時間から1時間30分のエリアに限定しています。

 

突然のトラブルに迅速に対応するには、これくらいの距離が限界です。トラブル発生の連絡が入れば、原則として当日中に本部内に複数名常駐しているメンテナンススタッフが駆けつけます。

 

もし、部品の在庫がない場合でも、当社のメンテナンススタッフによって、メーカーからすみやかに取り寄せるシステムがあります。このようなメンテナンス体制によって故障した機械が「故障中」になるのを最短にするように努めています。

 

以上のようなスピード感を背景とした「いつ行っても故障している機械がないという目に見える信用」、そして「毎日インストラクターがいるという安心感」が合わさることで競合店との差別化が図れ、リピート率の向上につながるのです。

本連載は、2017年6月19日刊行の書籍『年商1200万円以上稼ぐ! 失敗しないコインランドリー経営』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載失敗しないコインランドリー経営〜ドル箱店舗をつくる方法

トリオマネジメント株式会社 会長

千葉県出身。千葉県、埼玉県、茨城県、東京都を中心に、ジャンボランドリー「ふわふわ」を展開。これまで手掛けたコインランドリーは105店舗を超える。いずれも高い粗利率と年商を誇り、業績悪化を理由に撤退した店舗はゼロ。その経営スタイルには注目が集まっており、多数のテレビの情報番組から取材を受けている。平成17年トリオマネジメント株式会社設立。

著者紹介

年商1200万円以上稼ぐ! 失敗しないコインランドリー経営

年商1200万円以上稼ぐ! 失敗しないコインランドリー経営

岡山 一夫

幻冬舎メディアコンサルティング

近年、土地活用や副業として、コインランドリー経営を始める人が増えています。しかしその一方で、競争が激しくなったために閉店に追い込まれるケースも少なくありません。これまで105店舗ものコインランドリーを手掛けながら…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧