女性が来やすいコインランドリーにするための「トイレの設置」

前回に引き続き、女性が安心して利用できる「コインランドリー店」の作り方を説明します。今回は、「トイレ」の設置について解説します。

子連れのお客様から「トイレ設置」の要望が・・・

前回の続きです。子どもが一緒に来るとなると、トイレが必須です。子どもは大人ほどトイレを我慢することができません。キッズスペースで遊んでいても、突然トイレに行きたいと言い出すこともあります。

 

コインランドリー事業をはじめた当初、トイレを設置していませんでした。そのときはたびたび駐車場で用を足す人がいて困ったものでした。

 

そんなときに子連れのお客様から「トイレをつくってほしい」という要望をいただきました。駐車場で用を足されるくらいなら、ましてお客様のためになるならトイレをつくったほうがいい。そう思い2号店からトイレをつくることにしました。

防犯上、店内のトイレの配置には注意が必要

ただし、トイレの中は店内においても死角となるので、防犯上その配置には注意が必要です。基本的に入口の近くで外からも出入りが見えるようにします。キッズスペースにしてもトイレにしても、ほとんどのコインランドリーの専門家は否定的です。おもちゃが散らばったり、汚れたりしてメンテナンスや掃除が面倒だからです。

 

しかし、それはあくまでオーナーやフランチャイザーの都合です。女性をはじめとするお客様目線に立てば必須なのです。

 

皆さんはキッズスペースとトイレがあるお店とないお店ではどちらに行きたいと思いますか? 答えははっきりしているはずです。

 

また、メンテナンスや掃除に関しての心配は無用です。そのためにこのあと説明するインストラクターが毎日来るからです。

 

小さな子どもは洗濯が終わるのをじっと待っていられない。しかしキッ
ズスペースがあれば、待ち時間に退屈して大騒ぎする心配がない
小さな子どもは洗濯が終わるのをじっと待っていられない。しかしキッズスペースがあれば、待ち時間に退屈して大騒ぎする心配がない

本連載は、2017年6月19日刊行の書籍『年商1200万円以上稼ぐ! 失敗しないコインランドリー経営』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「資産形成」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載失敗しないコインランドリー経営〜ドル箱店舗をつくる方法

トリオマネジメント株式会社 会長

千葉県出身。千葉県、埼玉県、茨城県、東京都を中心に、ジャンボランドリー「ふわふわ」を展開。これまで手掛けたコインランドリーは105店舗を超える。いずれも高い粗利率と年商を誇り、業績悪化を理由に撤退した店舗はゼロ。その経営スタイルには注目が集まっており、多数のテレビの情報番組から取材を受けている。平成17年トリオマネジメント株式会社設立。

著者紹介

年商1200万円以上稼ぐ! 失敗しないコインランドリー経営

年商1200万円以上稼ぐ! 失敗しないコインランドリー経営

岡山 一夫

幻冬舎メディアコンサルティング

近年、土地活用や副業として、コインランドリー経営を始める人が増えています。しかしその一方で、競争が激しくなったために閉店に追い込まれるケースも少なくありません。これまで105店舗ものコインランドリーを手掛けながら…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧