経営トラブル、経理ミス…隠れた問題を発見する「会社の数字」

前回は、経営者が意識すべき「会社の数字」について取り上げました。今回は、経営トラブルや経理ミスなどの隠れた問題を発見する、会社の数字の読み取り方を見ていきます。

水道代のチェックで「誤った上乗せ」が発覚

マクロやミクロの「会社の数字」に注目し続けることによって、経営上のトラブルや経理ミスなどの〝隠れていた問題〟を発見するきっかけをつかむことも可能となるでしょう。

 

実際のケースで具体的に説明すると──日本全国で飲食店チェーンを展開している甲社では、全店舗の水道光熱費を月次で細かくチェックしていました。1店舗で水道費を1万円減らせた場合、100店舗、200店舗あれば月次で数百万円、年間で数千万円の違いが出てきます。そうしたコスト削減効果を重視して、水道等を使い過ぎているような店舗に対しては本部がこまめに指導を行っていました。

 

ある時、都内の大型ビルで営業している某店の毎月の水道費がほかのチェーン店に比べて突出して大きくなっていることに気づいたので、本部が詳しく原因を調べてみたところ、水道局のミスで、同じビルの別の飲食店の使った水道費が誤って加算されていたことが分かりました(水道メーターの分岐になんらかの問題があったようです)。

イレギュラーな数字で「問題」を察知

このように、会計データを細かくチェックする作業を続けることによって、イレギュラーな数字が存在した場合には、「何かおかしい」と問題を察知し、その発見・解決に結びつけることが期待できるのです。

 

とりわけ、経理・会計に関わるエラーやミスは放置していればがん細胞のように、確実に会社の内部を蝕んでいき、気づいたら突然、わずかばかりの余命を告げられるような状況に陥っていたとしても不思議ではありません。近時、大きな話題となっている東芝の不正会計や巨額損失問題は、まさにその典型例ということができるでしょう。

 

そうした最悪の事態を招かないためにも、「会社の数字」を絶えず気にかけ、問題があれば速やかに改善に取り組む心構えが中小企業の経営者には必要となるのです。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「経営戦略」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載企業の成長を助ける「効率的な会計インフラ」構築術

社長の時間をつくる株式会社 代表取締役 公認会計士
経営コンサルタント

1974年生まれ。東京都出身。慶應義塾大学経済学部を卒業後、監査法人トーマツを経て、2001年に神宮前会計、2013年に神宮前アカウンティングファーム、2014年に社長の時間をつくる株式会社を設立して代表取締役に就任。公認会計士・経営コンサルタントとして培ったマクロの視点と、自らが経営する不動産会社・飲食店の社長業で得たミクロの視点で、数多くの企業をサポートしている。

著者紹介

社長の時間をつくる株式会社 代表取締役 公認会計士
税理士

1976年生まれ。千葉県出身。慶應義塾大学経済学部卒。在学中に会計士試験に合格後、監査法人トーマツへ入所。2003年から2005年にはDeloitte NY事務所に出向。2007年、シティグループ証券投資銀行本部に転職し、国内外のM&AやIPO・株式増資案件を手掛ける。2014年、社長の時間をつくる株式会社を設立して代表取締役に就任。孤独で忙しい社長を幸せにすべく、新しい仕組みの構築・運営に奮闘中。

著者紹介

忙しい社長を救う 経理改革の教科書

忙しい社長を救う 経理改革の教科書

李 日生,普川 真如

幻冬舎メディアコンサルティング

公認会計士として大手監査法人に勤め、国内外の多数の大企業の監査業務を担当してきた著者たち。経理・会計の専門家としての立場から中小企業の経営をサポートし続けてきました。こうした経験の中で、中小企業は経理部を社内に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧