金融機関・不動産会社の信頼を勝ち取る「自己アピール」術

今回は、金融機関・不動産会社の信頼を勝ち取る「自己アピール」術を見ていきます。※本連載は、現役医師でありながら、不動産投資家として6棟、195戸の不動産を所有する、本間けい氏の著書、『激務の現役医師が実践 レバレッジ不動産投資 自由になるための最速メソッド』(サンライズパブリッシング)の中から一部を抜粋し、現在の財産や技術、社会的信用という自己資本に、不動産投資という他人資本を注入して、経済的自由を手に入れる方法についてご紹介します。

業者に対して「買える人間」であることをアピール

例えば、不動産会社(以後業者さん)が物件を勧めてくれた後、金融機関や管理会社を紹介してくれることがある。しかし、これまでの記事に出てきたような、「融資の緩い一部の金融機関」を初めから積極的に勧めてくるような業者さんとは、付き合わない方が良い。そういう業者さんは、投資家の将来なんて、全く気にしておらず、目の前の物件を買ってもらうことだけを考えている傾向が高い。すぐに自分の選択肢から外し、しっかりとした業者さんとだけ強固な関係を築いて欲しい。

 

業者さんには「買える人間である」ことをアピールすることだ。これは、金融機関にも不動産会社にも言えることであるが、自分の実績とか、自分をいかに大きく見せるかということは、非常に大事である。もちろん嘘はいけない。しかし遠慮したり、謙遜したりする必要は全くないのだ。話し方や仕草でも、自分を大きく見せることができる。モジモジして何を言っているか分からない人には、金融機関だって貸したくはない。

 

そして何よりも知識武装はした方が良い。知識があり、実際に物件を買ってくれる人間だと知ってもらい、面倒くさくない人を演じて欲しい。演じていれば、いつかそれが本当になる。

物件の紹介順位を変える「銀行融資の内諾」

僕の場合、スケールメリットの大きい物件を探しているので、業者に物件を紹介してもらいたかったら、「既に銀行の融資の内諾が出ているので」という感じで話す。もちろん金融機関を先に開拓して、そういう返事を引き出したからこそ言える台詞だ。「だから、これぐらいの金額は融資が出そうなので、大きい物件をお願いします」とダイレクトに言う。

 

「買います」とグリップしておいて、結局「融資が出ませんでした」という流れを業者さんは嫌う。グリップされている間に、他の投資家に紹介するチャンスを失う、もしくは他業者が入り込んで来て、物件を持って行かれる可能性もあるからだ。しかし、もうすでに銀行の内諾が出ているというのなら、すぐに話を進められることになるので、業者さんも張り切って物件を紹介してくれる。

 

やはり、物件を探すことよりも、金融機関の開拓をして、「いつでも買う準備が出来ている」状態にしておくことが先になるのだ。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載現役医師が教える「レバレッジ不動産投資」

医師
医学博士
不動産投資家

1982年生まれ。山形県出身。
2013年8月に不動産投資の開始を決意、1年以上の購入できない期間を経験し、2015年4月に1棟目を購入。その後わずか1年間で5棟を購入し、家賃収入は年間約1.3億円を突破。
現在は6棟、195戸の不動産を所有し、家賃収入1.5億円、返済比率35%を誇る。収益の柱を本業とは別に立てることによって、経済的な事情に左右されずに医師業に専念する日々を送る。

著者紹介

レバレッジ不動産投資

レバレッジ不動産投資

本間 けい

サンライズパブリッシング

融資の出やすい人は、スケールメリットを活かすべし! 忙しい現役医師である著者は、ライバルの多い物件よりも、 金融機関から融資を引いて高額な物件で勝負する方が有利だと気付きます。 本書では、プレミアム層ならではの不…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧