高属性の医師が注意すべき「過剰な融資物件」とは?

今回は、高属性の医師が注意すべき「過剰な融資物件」の判別法を見ていきます。※本連載は、現役医師でありながら、不動産投資家として6棟、195戸の不動産を所有する、本間けい氏の著書、『激務の現役医師が実践 レバレッジ不動産投資 自由になるための最速メソッド』(サンライズパブリッシング)の中から一部を抜粋し、現在の財産や技術、社会的信用という自己資本に、不動産投資という他人資本を注入して、経済的自由を手に入れる方法についてご紹介します。

高属性なら「取り柄のない物件」でも融資がつきやすい

高属性の方は、融資が引き出しやすい反面、「融資が出過ぎてしまう」という問題にも直面する。融資というのは、積算評価が良ければ通るというものではない。その人の信用による貸出枠も考慮される。つまりは、その人の「属性」や「自己資金」、「年収」、法人であれば過去の決算書などが考慮された上での貸出枠があり、

 

単純に捉えれば、

 

担保評価+信用の貸出枠

 

が融資額となる。

 

「医師」などの属性が高い方は、必然的に信用の貸出枠が多くなる。だから、たとえ「何の取り柄もない物件」でも融資がついてしまうことがある。医師の場合、忙しさを理由に、融資が出たからというだけで、物件の収益性もほとんど見ずに、業者に融資アレンジを一任し、全く調べないで購入を決めてしまう場合が非常によくある話なのだ。

 

「融資が出たから、良い物件だと思っていた」という方は結構多い。でもそれは違う。同じ表現をするのであれば「悪い物件なのに、融資が出ちゃった」という方は相当多いのだ。

 

融資の出やすい高属性の方は、常にハイエナに狙われていると思うぐらいでちょうどいい。特に、医師には情報弱者が多いので、紹介された物件を業者の言いなりにそのまま買って、破産なんていうとんでもない事態を招くこともある。

銀行・業者任せにせず、自分の目で物件確認を

僕からのアドバイスとしては、「銀行評価がしっかり出る、収益性が高い物件をしっかり見極めよ!」ということに尽きる。本来は、物件が良いから、融資が出るべきなのである。

 

結局、高属性であることは有利なのか、そうではないのか。高属性が故のメリットというのは一体何なのか?

 

収益性が高くて、銀行評価もしっかり出るだろう物件であることが大前提として、例えば、店子付けも容易、でもエリアが非常に微妙で、掛け目がきつい物件。こういった物件は、持っていて負けない物件なので、あとは融資が出るかどうかだけの問題になる。こういうときに属性が良いことが助けとなる。

 

また、非常に条件の良い物件だが、金融機関の方針が転換して、基本的には頭金1割が求められるような状況になった場合、属性が高ければ、フルローン、オーバーローンを狙える可能性が高くなる。

 

最近は、医師や高属性の信用枠を狙った微妙な案件が多いため、銀行や、業者に任せっきりにはせず、自分の目でしっかり判別できるようになって欲しい。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載現役医師が教える「レバレッジ不動産投資」

医師
医学博士
不動産投資家

1982年生まれ。山形県出身。
2013年8月に不動産投資の開始を決意、1年以上の購入できない期間を経験し、2015年4月に1棟目を購入。その後わずか1年間で5棟を購入し、家賃収入は年間約1.3億円を突破。
現在は6棟、195戸の不動産を所有し、家賃収入1.5億円、返済比率35%を誇る。収益の柱を本業とは別に立てることによって、経済的な事情に左右されずに医師業に専念する日々を送る。

著者紹介

レバレッジ不動産投資

レバレッジ不動産投資

本間 けい

サンライズパブリッシング

融資の出やすい人は、スケールメリットを活かすべし! 忙しい現役医師である著者は、ライバルの多い物件よりも、 金融機関から融資を引いて高額な物件で勝負する方が有利だと気付きます。 本書では、プレミアム層ならではの不…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧