月額約5万円から購入可能!? セブ島「タイムシェア」の買い方 

今や世界有数の成長国といえる「フィリピン」。日本の富裕層による不動産投資なども進むなか、投資先として特に注目を集めているのが「セブ島」である。本連載では、現地最大のインフラ建設会社と日本のハロハロホームが手がける巨大開発プロジェクト「ハロハロエデン」の全貌とともに、購入ステップなどの詳細情報を探っていく。第4回目は、「タイムシェア所有」の具体的な買い方などをご紹介する。

比較すると差は歴然…低価格で多くのサービスを実現

前回、ハロハロエデンのリゾートオーナーシップには、タイムシェア所有とユニット所有の2パターンがあることを解説しました。ここからは、タイムシェア型の所有について、もう少し詳しく説明していきます。

 

ハロハロエデン・ワンテクトナ(タワー1)のタイムシェア型所有の魅力は、何といっても既存のタイムシェア型リゾート所有権と比べてかなりの低価格を実現していることです。ハワイやラスベガスといった保養地のホテルコンドミニアムなど、タイムシェア型の海外不動産にはさまざまなものがあります。しかし一般的に、そうした物件の所有権付きリゾートオーナーシップは、最低でも400万円程度からというのが相場です。

 

 

その点、ハロハロエデンの価格帯はとてもリーズナブル。下の価格表を見てください。

 

[販売価格表]

2017年2月現在価格(単位:円)
2017年2月現在価格(単位:円)
※価格は為替変動などにより予告なく変更します。

 

すでに1期の募集は終了しており、現在、2期の募集中です。こちらは、2017年9月いっぱいまでの募集となっております。価格表にあるとおり、エントリークラスのスタンダードタイプは75万円、もっともグレードの高いペントハウスでも235万円という設定です。なお、今後の販売価格はコンドミニアムが竣工する2020年までの期間、半年ごとに7%ほど上がっていきますので、早く購入するほどお得である点もポイントです。

カード払いの活用ならポイントの取得も可能

実際の購入にあたり、支払い方法は4つの方法から選ぶことが出来ます。「現金一括」「現金分割」「カード一括」「カード分割」です。通常、不動産の購入ではカード払いが使えないことが大半なので、この点は大きなメリットといえます。

 

クレジットカードの支払いパターンのなかから、たとえばボーナス払いを適用したり、リボ払いにしたりと自由に選択することも可能です。カード会社が設定するポイントも付与されるので、そのポイント分キャッシュバックされるとも考えられます。

 

また、現金の分割払いを選択した場合には、分割回数は最大25回まで設定が可能、月額で約5万円程度からの購入が可能です。「海外のリゾート不動産購入なんて、自分には縁がない」と考える方でも、現金分割やカード分割を用いれば、かなり現実的な話として検討することが出来るのではないでしょうか。

 

 

何度も強調していますが、ハロハロエデンのオーナーシップには、リロアンゴルフ場の年間7日間無料利用権が付帯しています。そういった様々な角度からの付帯サービスを踏まえ、「ハロハロエデンオーナー権」の取得はお勧めだといえます。

取材・文/漆原 直行
※本インタビューは、2017年7月27日に収録したものです。

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外移住」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載セブ島の魅力とフィリピンの成長性を総取りする「ハロハロエデン」の全貌

株式会社ハロハロホーム Founder

1979年、愛知県生まれ。大原簿記専門学校卒業後、アパレル会社での勤務をへて、2000年、同業種で独立。同年自社ブランドを立ち上げ、卸、直営店舗を展開。その後、海外生産拠点を背景にOEM事業を開始。2005年にフィリピンに行き、1人のタクシードライバーに人生の生き方を考えさせられ、同地にて為替&アテンドビジネスをはじめ、もともとの事業を売却。その後、2007年にコンサル会社、2009年にPR会社を設立。2010年にフィリピンでオフショアのシステム会社を経営するO氏と出会い、同年Hallohallo incの立上げに従事する。

2014年にHallohallo Home incを立ち上げ、Hallohallo Assets、System、Travel、WebTV、Design、Builder、Exercise、Life、School、Maintenance、Architect、Salon、Clinic、Spaやストリートチルドレン復学プログラム等、多くの新規事業をアライアンス事業として立ち上げる。

著者紹介