セブ島でゴルフを満喫・・・会員権付きコンドミニアムの魅力 ※写真はイメージです。

今や世界有数の成長国といえる「フィリピン」。日本の富裕層による不動産投資なども進むなか、投資先として特に注目を集めているのが「セブ島」である。本連載では、現地最大のインフラ建設会社と日本のハロハロホームが手がける巨大開発プロジェクト「ハロハロエデン」の全貌とともに、購入ステップなどの詳細情報を探っていく。第2回目は、ゴルフ場会員権付きコンドミニアムの詳細を紹介する。

ハロハロエデンのオーナーだけが享受できる多くの特典

前回の記事で説明したように「ハロハロエデン」プロジェクトでは、将来的にスタイルの異なる5つのタワー型コンドミニアムが建設されることになっています。そして、このプロジェクトで提供されるコンドミニアムは、ユーザーが物件を購入し、単純に所有する形の、いわゆる「別荘」の形式だけで販売されるわけではありません(もちろん、そうした従来型の別荘として所有することも可能です)。

 

 

ハロハロエデンの妙味は「1年間で7日間の無料宿泊」と「付帯する施設や関連サービスを無料、もしくは極めて安価に利用できる権利」などを組み合わせた、リゾートオーナーシップ「ハロハロエデンオーナー権」として販売されるところにあります。

 

たとえば、現在、建設が進められているタワー型コンドミニアムは、オーナーになるともれなくゴルフ場会員権が付与されるのです。

 

ハロハロエデンオーナーが利用できるゴルフ場は、現在、新設工事が進められている「リロアンゴルフ場」。2017年9月にハーフラウンドが楽しめる9ホールが完成し、2018年12月には全18ホールが完成する予定です。ここには、ハロハロエデンオーナー権所有者しか利用できないVIP専用クラブハウスが設けられます。

 

[リロアンゴルフ場]既にプレイ可能(ハーフ2回)

 

[リロアンゴルフ場]2018年12月完成予定

 

セブ島エリアのゴルフ場が話題にされるとき、よく指摘されるのは「ゴルフ場が空港から遠い」という点です。しかしリロアンゴルフ場は、マクタン・セブ国際空港からクルマで40分程度、ハロハロエデンからはクルマで10分程度と好アクセス。加えて、ハロハロエデンオーナー権所有者であれば、ゴルフ場までの無料送迎サービスも利用できます。

ゲストの招待も可能、さらに他ゴルフ場の会員権も!?

ハロハロエデンオーナー権の所有者がゴルフ場を利用する際のサービスについて、さらに詳しく説明していきます。

 

ハロハロエデンオーナーは年間7日以内であれば、無料でゴルフ場が利用可能です。さらに、18歳未満の同行者も無料になります。また、各オーナーは同時に4人までゲストを招待することができます。その場合、ゲストの利用料金は半額となります。

 

さらにオーナーは、クラブハウスに併設されたドライビングレンジ(練習場)も無料で利用することができます。なお、オーナー様の年間ゴルフ場利用が7日以上になった場合、8日以降はビジター料金の半額で利用できます。

 

ここまでの説明で、「リロアンゴルフ場が完成するまでは、十分に楽しめないのではないか」と心配になった方もいるかもしれません。

 

しかし、安心してください。完成までは、既存のゴルフ場「クラブフィリピーノ」を同条件で利用できます。宿泊についても、高級志向のショッピングモール「アヤラセンター」やスポーツクラブなどが立ち並ぶ「アヤラビジネスパーク」圏内に立地する瀟洒なコンドミニアム「ザ・パジェット・プレイス」を年間7泊まで無料可能です。

 

 

そのうえ、クラブフィリピーノについては、リロアンゴルフ場の完成後も引き続き同じ条件で利用することができます。つまりハロハロエデンオーナー権には、リロアンゴルフ場、クラブフィリピーノと実質2つのゴルフコースの会員権が付与されているのです。

 

[セブ島ゴルフ場一覧]

 

ハロハロエデンオーナー権の早期購入で、コンドミニアムの完成を待たずして、すぐにでもセブ島での無料宿泊、ゴルフ場でのプレーが可能になるということになります。早めに購入するほどハロハロエデンオーナー権の価格は低く設定されているので、早い段階での検討・購入をおすすめしたいところです。

取材・文/漆原 直行
※本インタビューは、2017年7月27日に収録したものです。

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外移住」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載セブ島の魅力とフィリピンの成長性を総取りする「ハロハロエデン」の全貌

株式会社ハロハロホーム Founder

1979年、愛知県生まれ。大原簿記専門学校卒業後、アパレル会社での勤務をへて、2000年、同業種で独立。同年自社ブランドを立ち上げ、卸、直営店舗を展開。その後、海外生産拠点を背景にOEM事業を開始。2005年にフィリピンに行き、1人のタクシードライバーに人生の生き方を考えさせられ、同地にて為替&アテンドビジネスをはじめ、もともとの事業を売却。その後、2007年にコンサル会社、2009年にPR会社を設立。2010年にフィリピンでオフショアのシステム会社を経営するO氏と出会い、同年Hallohallo incの立上げに従事する。

2014年にHallohallo Home incを立ち上げ、Hallohallo Assets、System、Travel、WebTV、Design、Builder、Exercise、Life、School、Maintenance、Architect、Salon、Clinic、Spaやストリートチルドレン復学プログラム等、多くの新規事業をアライアンス事業として立ち上げる。

著者紹介