画家の人生の浮沈と絵画の価格がリンクする理由

前回は、画家の世代ごとに見る「フランス近代絵画」の発展の歴史を紹介しました。今回は、画家の人生の浮沈と絵画の価格がリンクする理由を見ていきます。

発表当時、世間からブーイングを浴びた「印象派」

現在、19世紀の印象派の絵画を入手しようとしても、庶民には手が出ないほどの高値がついています。人気があるうえ、当時の画家は全員亡くなっていて、作品の新たな供給がないからです。ところが、発表当時、印象派の絵画は世間からブーイングを浴びました。それらは長らく「売れない絵」の代表だったのです。そのため価格も、現在から考えれば驚くほど安い状態が続きました。

 

[PR]「いつまでも残る本物の一枚を」
作品のご購入なら美術史に名を遺す、20世紀フランス巨匠絵画・翠波画廊へご相談を

 

いうまでもなく、価格は人気のバロメーターです。たとえば、前述した巨匠たちの作品はブランド化しているため、たいていの場合、高値がつくと思われています。しかし、実際は同じ画家でも、作品によって価格にけっこうな差がつきます。

 

たとえばピカソの場合は、その作品数が膨大です。特に版画のように同じ絵柄が複数存在するものは、比較的手頃な価格で手に入れることができます。また、晩年の作品はあまり人気がありませんから、全盛期の作品に比べれば入手が容易です。

 

藤田嗣治なども、一般に人気があるのは若い頃の乳白色の裸婦や、晩年に数多く描いた子どもや女性をモチーフにした油彩ですが、ここ数年は売り物が少なくなり価格が高騰しています。ところが、藤田がパリに来て後、乳白色の裸婦を発表するまでの作風は一般的にはなじみが薄く、一般に知られている藤田のイメージとはかけ離れているため、比較的手頃な価格で手に入れることができます。

同じ作家でも、モチーフや制作時期により価格は上下

私たちは、たとえばピカソならピカソの作品がすべて同じようなものだと思ってしまいがちですが、同じ作家でも、作品の種類や制作年代によって価格はまちまちです。一人の画家の低迷期から絶頂期まで―絵画の価格を見れば、その人生の起伏を如実に読み解くことができます。ちなみに、オークション・レコードとなって、何十億円もの価格がつくのは、たいてい誰が見ても素晴らしいと感じる、その作家の代表作です。

 

しかし、ちょっと格の落ちる作品となると、一桁くらいは価格が下がってしまいます。誰もが知っている代表作には多くの人が関心を持ちますが、そうでない作品は本当に好きな人しか注目しないからです。逆に言えば買いやすい作品になります。それにしても同じ画家の同じ大きさの作品でも、その制作時期やモチーフによって価格が大きく異なってしまうのは、ある意味では残酷なことです。

 

たとえばイタリアの画家キリコは、90年の生涯を通じて数多くの絵を描きましたが、人気があるのは彼が20代の頃に描いていた、ちょっと哲学的なシュルレアリスムの絵画です。それ以降もさまざまな冒険をしているのですが、どうしても20代の頃のような人気を取り戻せないとわかったキリコは、そのうちに自ら当時の絵を模倣して描くようになりました。それだけならまだしも、新しく描いた絵にも当時の制作年を偽ってサインするようになったために、自ら贋作を作ったと批判されています。

 

あるいはドイツの画家キルヒナーは、やはり20代の頃の表現主義の絵が高く評価されていますが、後になって当時の絵に手を加えてしまったために、それらの作品の価値が下がってしまいました。

 

[PR]「いつまでも残る本物の一枚を」
作品のご購入なら美術史に名を遺す、20世紀フランス巨匠絵画・翠波画廊へご相談を

 

このように、同じ画家の作品でも、さまざまな理由によって価格は上下します。筆者著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画 』では、画商としての私の経験から、さまざまな画家たちの作品を、価格と作風の観点から解説しています。そこではまず、古今東西のオークションの記録から、その画家のオークション・レコードを紹介し、一方で、その他の作品がどのような価格で取引されているかを見ています。

本連載は、2017年4月28日刊行の書籍『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画 』から抜粋したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載値段から読む「フランス近代絵画」の魅力と価値

株式会社ブリュッケ 代表取締役

1961年愛媛県生まれ。多摩美術大学に進学後、美術大学で彫刻を専攻する過程で、人々の生活に溶け込む平面表現の魅力に目覚め、絵画の世界へ転向。卒業後、都内の画廊での修行を経て、1990年に独立。東京・銀座に、故郷の秀峰の名を冠した「翠波画廊」をオープンさせる。以降26年の長きにわたり、ピカソ、マティス、藤田嗣治、ユトリロ、ローランサン等、絵画愛好家なら誰もが知っている巨匠の作品を数多く扱う。特に20世紀初頭に活躍したフランス近代の画家に造詣が深い。
翠波画廊https://www.suiha.co.jp/

著者紹介

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

「値段」で読み解く 魅惑のフランス近代絵画

髙橋 芳郎

幻冬舎メディアコンサルティング

ゴッホ、ピカソ、セザンヌ、ルノワール、ゴーギャン、モディリアーニ…“あの巨匠”の作品に、数十万円で買えるものがある!? 値付けの秘密を知り尽くしたベテラン画商が、フランス近代絵画の“新しい見方”を指南。作品の「値…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧